Blog stage

車関連の記事を中心とする趣味趣向の情報ブログです。

ホンダN-BOXが2017年にモデルチェンジ!人気の軽自動車の詳細情報一覧

   

スポンサーリンク

ホンダの大人気車種N-BOXが2017年8月にモデルチェンジをすることになりました。

既にこの期を待っており情報を楽しみにしている方も多くいらっしゃるようなので情報をまとめておきたいと思います。

ホンダN-BOXがモデルチェンジ!何がどう変わる?価格や燃費、グレード、カラーも知りたい!!

全体的なスタイルや内装、軽自動車としての走行性能などトータル的に非常に評価の高いN-BOXはホンダの業績に大きく貢献する一台となっております。

軽自動車としてはサイズも大きめのいわゆるハイトワゴンタイプの軽自動車で、車がどうしても必要な地方を中心に家族の2台目の車として人気があります。

軽自動車を中心に販売を進めているスズキやダイハツも負けじとタントやウェイク、スペーシアなどの軽自動車を改良しておりますがN-BOXの人気が非常に高く苦戦している模様です。

そんなN-BOXがモデルチェンジということですが、何処がどのように変わったのかが非常に気になります。

まずは新型N-BOXの特徴を見てみましょう。

新型N-BOXは何が変わったのか?

①ホンダセンシングがすべてのタイプで標準装備

ホンダの安全装備であるホンダセンシングが標準装備になります。

N-BOXに装備されるホンダセンシングの主な内容は

・衝突軽減ブレーキ

・誤発信抑制機能

・歩行者事故低減ステアリング

・路外逸脱抑制機能

・アダクティブクルーズコントロール

・車線維持支援システム

・先行車発信お知らせ機能

・標識認識機能

・後方誤発信制御機能

・オートハイビーム

この10個の安全装備が標準化されております。

これだけの安全装備が標準化されている軽自動車というのはとても安心です。

軽自動車は普通車と比較して剛性が弱いと言われており、事故の際には大事故になる可能性が高いのです。

常に運転に気を使っているという方でも一瞬の気の緩みで事故になりかねません。

こういった安全装備はそういう時に大きな役割を果たしてくれますのであるに越したことはない装備になってきています。

②新型N-BOXは旧型とは全く別物の車になっている

今回のモデルチェンジで新型のN-BOXはN-BOXでありながらN-BOXではなくなっております。

1から部品を見直して9割の部分を改善しております。

見た目はN-BOXだとすぐに分かる形担っていますが、中身はほぼ1から作り直され改善部分を多く取り入れた新型のN-BOXになっています。

③新型N-BOXは乗る人の目線でシートのアクションを改善

実際にユーザーの目線で作ることで見えてきた部分があったようです。

そこで改善が加えられたのが助手席のスーパースライドシートになります。

助手席の前後の動きが57cmになっており、前にも後ろにもスライド幅が広がっています。

これにより後ろから乗り込んで運転席へ行くことも容易に、後ろにいっぱい下げる事で後部座席の手の届く所までスライド出来るようになっています。

この辺りはファミリー層を見越した作り込みとなっており、ホンダの企業努力が伺える所です。

④内装のデザインも拘って改善が加えられている

軽自動車というと小さくて可愛らしいという印象がありますが、今回のN-BOXはその考えとは真逆の内装になっています。

まさにラグジュアリーな軽自動車になっており、所有満足度もかなり向上するのではないかというような完成度の高い仕上がりになっています。

高級車は買えずとも高級軽自動車であれば手の届く範囲になるかと思いますので、この内装は見逃せない所です。

⑤軽量化による様々な部分の向上

今回N-BOXは部品の見直しが行われたと同時におおよそ80kg軽くなりました。

これにより単純に燃費向上が見込めると思われます。

因みにこの部分競合社と比較してみると

N-BOXの車両総重量:1170kgモデルチェンジ前→1090kg(モデルチェンジ後)

ダイハツウェイクの車両総重量:1210kg

ダイハツタントの車両総重量:1140kg

スズキスペーシアの車両総重量:1060kg

あまりここまで細かい所を見る方は多く居ないかもしれませんが、みて見ると成る程という感じがします。

ダイハツの車は割と重量があるという所と、スズキスペーシアはかなり軽量化が進んでいることが分かります。

車の重さで車種を決めるという方は居ないかもしれませんがご参考までご確認ください。

⑥カラーバリエーションにも変化あり

N-BOXのカラーは全部で14色あり、この内4つは2トーンになります。

今回は黄色が加わりましたが、現状N-BOXカスタムでは選択枠に無い色になりますのでご注意ください。

N-BOXカスタムのカラーは全部で12色になっており、N-BOXよりも選択枠は狭まるものの2トーンは5種類あります。

どちらかというとダーク系のカラーの方が多いように見受けられます。

最近の車のカラーは派手めな色を選択される方も増えてきており黄色なんかはインパクトも強く人気が出そうな色になっています。

N-BOXのターゲットユーザー

今回新しく発売されるN-BOXのサイトを確認するとユーザーのコメントがありました。

ここをみて見るとすべての感想が女性のもので、しかもどちらかというとママという立場の方の感想が殆どでした。

ホンダとしてはN-BOXをこういう層の方向けに作っているという事なのでご家族お持ちの方でそろそろ買い替えをお考えの方は実物を見て見ることをお勧めいたします。

新型N-BOXの最新情報

現状まだ価格や燃費などの重要な内容が公表されておりませんのでその辺り明確になりましたら更新させていただきます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 - ホンダNBOX