Blog stage

車関連の記事を中心とする趣味趣向の情報ブログです。

NBOXシリーズまとめ!ホンダの軽自動車NBOXは種類が豊富

   

スポンサーリンク

ホンダの軽自動車の中でもNBOXシリーズは種類が豊富です。

何がどう違うのかについてこちらでまとめて見たいと思います。

先ずはどんな種類があるのかについてですが、合計5種類が現在現行車として売り出されています。

NBOX、NBOXcustom、NBOX+、NBOX+custom、NBOX SLASHとなります。

NBOXのそれぞれの特徴は?

ということで、この5種類のNBOXについて記事を書いていこうと思います。

これから軽自動車の購入を検討していて、サイズの大きいものが希望ということであれば人気のNBOXも検討してみてもいいかもしれません。

こちらでは、そんな方の参考になればと思います。

まずは各NBOXの簡単な特徴から。

NBOXの特徴

images

一番オーソドックスなのが「NBOX」です。

一番飾られておらず、NBOXシリーズの基本となっている軽自動車です。

だからといって他と比べて落ち度があるとか、狭いとかいうことはありません。

2015年の軽自動車を大いに盛り上げた車であることは間違いないです。

NBOXcustom

さて、ここからが気になる部分になりますが、NBOXcustomに関してはNBOXのカスタム車であります。そのままですね。

普通のNBOXに比べますと、エアロの部分や顔のグリルの部分が大分違うのが見ればよく分かります。

ダウンロード (1)

基本的な部分は全てNBOXと同じ。

見た目にこだわりたいという方向けのカスタムとなっております。

NBOX+

気になるのは「+」という部分になります。

何が+なのか?が重要になってきますね。

この+に関しては、リアシートの後ろの荷物を置くスペースが広い。

つまりNBOX+広い荷物置き場があるということが一番の特徴です。

また、後ろの座席から車いすが入れられるようにする為、トランク部分の床がナナメになっているというのも特徴の一つです。

そしてツートンカラーが用意されています。

屋根とボディーの色を違う色にするかたちで、見た目にも違いが分かるようになっています。

最近の軽自動車はツートンカラーが人気のようで、各社こぞって屋根とボディーの色をかえたカスタム車を発売しています。

NBOX+custom

NBOX+にエアロ等をつけているものが、NBOX+customです。

これも上でご紹介させて頂いたNBOXcustom同様で見た目の違いといった所になっております。

NBOX SLASH

ダウンロード (5)

さて、最後はNBOX/(スラッシュ)です。

多彩なカラーバリエーションと屋根の部分を切り落とした感じの軽自動車です。

基本的にはNBOXをかなりカッコよくしたのがNBOX/になります。

また、車高の高さがNBOXより少し低めな所も特徴的な部分となります。

N-BOXを比較

大まかな特徴に関してはある程度お分かり頂けたのではないでしょうか。

NBOXを購入する場合には何を重視するかによって種類を分けられるように、選択枠は非常に多いのではないかと思います。

では、細かい部分はどうなのでしょうか?

車種名 価格 燃費
N-BOX  1,198,000円~ 21.4km~25.6km 
N-BOXcustom 1,480,000円~  20.8km~25.6km 
N-BOX+ 1,340,000円~  21.4km~24.4km 
N-BOX+custom 1,540,000円~  21.4km~24.4km 
N-BOXSLASH  1,380,000円~ 21.0km~25.8km 

表にしてみると分かり易いですね。

価格は断トツでNBOXが一番安価で購入出来ます。

燃費に関してはほぼ変わりませんがNBOXSLASHのFFに関してはNBOXを近差ではありますが上回る数値となっています。

それぞれターボの仕様もあるので、そちらを選んで頂いた場合は、ターボ無しと比べると燃費が落ちます。その変わり走りに関しては高速道路でもそれなりに走れる車になります。

N-BOXの競合車種は?

さてここまで情報が集まれば、少し乗ってみたいと想ったりしませんでしょうか?

軽自動車ではありますが、最近の軽自動車は本当に具合が良いです。

特にN-BOXを含む広いスペースのある軽自動車に関してはかなりレベルが上がってきています。

さて、そんな人気のNBOXではありますが、もちろんこのサイズの軽自動車は他にもあります。

ではどんな車種が競合車として売られているのでしょうか?

スズキ スペーシア

ダウンロード (3)

スズキのスペーシアは価格自体は1,274,400円~となっており、NBOXよりも少し高めですが「S-エネチャージ」を売りにしており燃費はカタログ値で32.0km/リッターとなっています。

競合車種としては、価格帯は同じ位で燃費が良いからという理由で持って行くのはありだと思います。

ダイハツ タント

ダウンロード (4)

ダイハツのタントもNBOXの競合車種になります。

タントはこのサイズの車の王道であり、広い軽自動車の良さを世に広めたと言っても過言ではありません。

タントの価格もNBOXのボトムの価格よりも少し高めで、1,220,400円~となっています。燃費は28.0km/リッターとなっています。

競合車として持って行く場合にはどちらかと言えばスペーシアの方が有力化と思います。というのもタントもスペーシアも価格では少し高いので、燃費の部分を強調してNBOXの値引きをするのが無難な策となります。

どの軽自動車も非常に優れていますが、NBOXが好みだという方はそんな方法で値引き交渉をしてみるといいかもしれません。

因みに、本気で新車、中古車を購入をご検討されている方がいらっしゃれば、しっかりとした作戦を練っていけば新車もかなり安価で購入することが出来ます。

以下ご参考にして頂きたいと思います。

 

①まずは高価買取!
買取価格が高くなればその分を新しい車の資金にする事が出来ます。
今やネットで現在の買取価格を知るというのは常識!使わない事程損なことはありません。
その中でもとにかく簡単なのが一括.comです。



現在の状況を入力するだけで、沢山の買取センターからの情報を得る事が出来ます。
要するにその中から一番高い所を選ぶだけということで完結します。

②新車の見積もり
こちらの記事でも記載させて頂いておりますが、競合車の見積もりは一つお持ち下さい。
新車の値引きに関してはどうしても必要になります。
この場合もまるで時間はいりません。1分あればネットで新車のお見積りを出す事が出来ます。

今どんな車がいくらで購入出来るかという興味がある方も是非!

NBOXにかんしては、ホンダも軽自動車NO1となった事で非常に強気の販売をしている模様です。現在はインターネットという強い味方が居ますので活用しない手はありません。

 

いかがでしたでしょうか。

NBOXは今後も軽自動車として、当面は人気が続くのではないかと思います。モデルチェンジする際にはまた記事にしたいと思いますのでご期待ください!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 - ホンダNBOX, 車関連 ,