Blog stage

車関連の記事を中心とする趣味趣向の情報ブログです。

50ヤード以内のアプローチでミスが多い「100切り出来ない理由」

   

スポンサーリンク

ゴルフの中でも非常に大事なショートゲーム。

特に50ヤード以内のアプローチに関してはかなり重要です。

というのも、恐らく50ヤード以内に入った時に一打で乗せられるプレイヤーと2打以上を要するプレイヤーではスコアがまるで変わってきます。基本的に2打以上の方は100切りは少し難しいのではないかと思います。

個人的な感覚で、ゴルフ初心者の方に多いグリーン周りのミスとその改善策について書いていこうと思います。

50ヤード以内のアプローチに多いミスと確実にグリーンにのせるヒント

因みに、僕の場合は50ヤード以内にグリーンがあればほぼ確実にのせる自信があります。

もちろん、グリーンの速さや打つ場所の状況等もありますが、大抵の場所であればのせること事態は難しくありません。

グリーン周りでよくあるミス

先日友人とゴルフをしに行った時の事ですが、100切りを目指す友人がことごとく50ヤード以内をのせられないんですね。

中でもトップしてしまう場合が一番痛いミスとなっています。

グリーンの奥までいってOBをしてしまったり、先のバンカーへ入れてしまったりと完全に事故になっています。

PAR4の3打目をアプローチ→OB→5打目でなんとか乗せる。この時点でパターを一打で入れられなければトリプルボギー以上のスコアになります。

また、同様にPAR4で3打目をアプローチ→バンカー→一打で出ず→2打目トップ→3打目で乗せる→次のパットで入れなければトリプルボギーとなります。

正直こんなことをやっていれば100切りどころか108というダブルボギーペースも危うくなってきます。

このミスの最大の原因はクラブ選択と練習の少なさです。

基本的には58度や54度を使ってアプローチしていた彼ですが、僕からはピッチングで寄せた方が良いということをお伝えしました。

その理由は、寝ているクラブの場合はどうしてもしっかり打てなかった場合にダフリやトップが多くなります。

ダフリに関してはボールをすくうイメージ、トップに関してはダフらない為におこなったスイングによるものと推測しています。

正直こんなミスをしている位なら5アイアンでアプローチした方がましです。

角度が寝ているクラブではどうしても大きくスイングをしなければ届かない場合があります。

大きくスイングをしてミスをした結果、トップすれば50ヤードの所を100ヤード近く飛ばしてしまったのもみた事があります。

既にお気づきかと思いいますが、ここで50ヤード以内のアプローチを今より高確率で乗せる方法を書いていきたいと思います。

50ヤード以内のアプローチをよせる方法は?

クラブはピッチングや9Iを使用してください。

その理由は。58度と同程度のスイングをピッチングでした場合どうなるでしょうか?

確実にグリーンをオーバーします。

つまりスイングに関しては振り幅が少なくなります。

僕の場合はピッチングでビジネスゾーンの振り幅で丁度50ヤード程度になります。

この振り幅であれば余程ミスをしても大怪我にはなりません。トップした位であれば下手すれば丁度良い感じになる場合もあります。

一方ダフる可能性についてですが、これも58度等を利用した場合よりも確率は減ると思います。

ハーフスイングでダフルという場合は、もう少しアプローチの練習が必用なのではないかと思います。

基本的に僕のような男性の平均身長の者が地面とクラブを平行にした振り幅で50ヤードということは、恐らく皆さんも同じような状況になるのではないいかと思います。

つまり、それ以上クラブを振り上げる必要が無いということになります。

グリーンまでの50ヤードは自分のビジネスゾーンの振り幅の中にあるということです。

これが分かれば50ヤード以内のアプローチは本当に簡単です。

あとは練習の際にビジネスゾーンの中のどの振り幅が30ヤードなのか、キャリーとランの比率はどれ位なのかなどを見極めていけば、自ずと寄っていくアプローチが出来るようになります。

これが出来た場合、今まで毎ホールアプローチで一打損していたなら14もスコアを縮める事が出来ますね。

是非ピッチングを使ったアプローチを試してみて下さい。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 - ゴルフ100切り最短の道