Blog stage

車関連の記事を中心とする趣味趣向の情報ブログです。

4代目新型プリウスの値引き額の上限をキャッチ!とりあえずの目安

   

スポンサーリンク

さて、間もなく発売が予定されている新型プリウス。

4代目プリウスは今回も人気が出るのではないかという予想がたてられています。

既に予約は開始となっておりますが、まだ見ぬプリウスはどれ位の価格で購入することが出来るのか?

また、値引き額はどれ位なのか?

この辺りについて突き詰めた内容をご紹介していこうと思います。

4代目新型プリウスの価格と値引き額

さて、まずは新型プリウスの価格について。

FFで前輪駆動のグレード「プリウス E」の車両本体価格が242万円~4WDの「プリウス Aプレミアムツーリングセレクション」339万円というのがプリウスの価格帯となっております。

選ぶグレードによって100万円近くの差が出てきます。

また、「プリウス E」と比較して4WDが必用である場合は「プリウス S」が4WDでは一番価格が抑えられており、267万円となっております。FFか4WDかの選択でも20万円以上の価格差が出てきます。

基本的な車両本体の価格の価格帯を見やすくすると・・・。

プリウスのグレード 車両本体価格
プリウス「E」(FF) 242万円
プリウス「S」(4WD) 267万円
プリウス 「Aプレミアムツーリングセレクション」 339万円

現行の車両本体価格の238万円からボトムの価格を少し上げて発売となります。

で、車両本体の価格だけでは収まらないのが車というものです。

このほかにオプション等を付けていくと内容次第で価格は変化していきます。

また、恐らくこの車種もパールホワイトを選択した場合は数万円が追加で加算されることはお決まりです。

オプションについては、車を購入する際に大体の方が付けるオプションであるフロアマットは32,400円、冬用のスタッドレスタイヤはサイズにもよりますが4本アルミ付きで10万円前後といった所でしょうか。

また、雨の日でも窓を開けることを想定した場合はサイドバイザー10,800円はかかります。

贅沢を言わず、プリウスに乗れればよいと言いう方でもここにカーナビを追加した場合は10~20万円がかかります。

この最低限のオプションで25万円程になるでしょうか。

仮にプリウス「E」にこのオプションを追加した場合の総額はおおよそ270万円~といった感じになります。

プリウスの最低ラインはこの270万円という所を想定してください。

いかがでしょうか?

割と価格的には良いお値段になりましたね。

すると乗り出し価格で300万円で少しおつりがくる位の感覚で間違いないと思います。

プリウスの値引き額は?

さて、残念ながら今回のプリウスを発売から間もなく購入しようとした場合の値引き額は20万円が上限と聞いております。

これには色々な事情も含まれております。

既に発売されて、人気絶頂のシエンタですが2015/10/30の時点で次の納車時期は3月という発表が出ておりました。早くて5カ月待ちです。

勿論欲しい方は注文されますが、シエンタがこの状況です。

プリウスはどうなってしまうのか?

常にトヨタ車の中では売れに売れるビックネームの車を値引きする理由は特にありません。

どうしても欲しいのであれば、納車を待っていただきつつ、値引きはメーカーからの支援も無い為かなり渋い状況。

車両本体に5万円、オプションに5~10万円、ローンを自社で組んでくれたら5万円という内訳ということを聞きました。

 

当面はこの状況が続くと思います。

また、現在車が壊れかけていてどうしても買い替えが必用である場合は恐らくプリウスは今からでは間に合いそうにありません。

地域によって差があるのでお近くのトヨタディーラーで確認してもらえば分かると思います。

ということで、今回のプリウスの値引き上限額は当面20万円というのが目途となりそうです。

ただ、状況等により値引きをする場合もあるとのことなので、慎重に商談をしていく事が必用かと思います。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 - トヨタプリウス