Blog stage

車関連の記事を中心とする趣味趣向の情報ブログです。

2017年ハリアーマイナーチェンジでターボ追加?レクサスNXとの差は?

      2017/07/04

スポンサーリンク

ネット上ではハリアー購入予定をされている方が少し購入を先送りにしようか悩むような情報が流れはじめています。

毎年のように特別仕様車を出してきたハリアーが遂に2017年にマイナーチェンジをするのではないかという噂が広がっており、その内容が「ターボエンジン車」の追加の可能性があるという内容となっております。

これはただのユーザーの希望なのか、それともトヨタが本気で取り組んでいるのか・・・。

いずれにしても、このハリアーのマイナーチェンジに関してはこちらのブログで追っていきたいと思います。

*2017/4/29に追記(ハリアーマイナーチェンジ後の価格が判明!)

2017年ハリアーマイナーチェンジでターボ追加はあるのか?ユーザーの正しい動向も考える

個人的に現在所有している車がハリアーなだけに非常に気になるニュースとなっているハリアーのマイナーチェンジの情報。

恐らく、毎年特別仕様車を出している時期を考えれば2017年の6月頃が濃厚なのではないかという予想をしております。

また、今回気になるのはターボエンジンが追加になるという噂です。

これが事実であれば、ネット上で言われている「2,000㏄では非力なのではないか?」という声にも応える形になるので、国内のSUVとしては更なる人気モデルになる事は間違いなしです。

ただ、仮にターボエンジン車が追加となった場合にはレクサスNXとの切り分けが今までよりも難しくなりますので、これまた2017年にマイナーチェンジ噂されているレクサスNXがそこの所をどう埋めてくるのかという所も気になってしまいます。

更に、僕のように既にハリアーオーナーである方がこのマイナーチェンジのタイミングでどう動いたら得をするのか等を考えてみたいと思います。

ハリアーにターボエンジンの可能性は?

力強い走りと優れた燃費性能を発揮。

個人的な意見としてハリアーへターボエンジンの追加は可能性として十分にあり得るのではないかと思います。

ここには少なからず期待という部分があり、やはりどうせ乗るのであればそれなりの加速のある車の方が運転をしていて楽しいし、何よりも楽であるという事。

こんな事に期待しつつ、僕なりにターボエンジン追加の可能性と理由を考えてみました。

・世界的にSUVへの関心はまだまだ高く、勿論国内での需要もしっかりとある。

・クラウンに2.0ターボエンジン車があり、ハリアーに使われてもおかしくない。

・過去のハリアーは基本的に2,400㏄で、新型ハリアーの2,000㏄は発売当初からパワー不足について指摘があり、これに応える形でターボエンジンを追加する。

・他社の国産SUVにはターボエンジンの乗っている車種は無いので、差別化を狙う事が出来る→同じサイズのSUVで快適な走りを楽しみたいというニーズのユーザーを取り込める。

現状では憶測の範囲でしかありませんが、ハリアーにターボエンジンが積まれてもそこまで不思議ではないのではないかと個人的には感じております。

むしろ国内のSUVとの差別化は必要があり、ハリアーというネームバリューを維持するにはこれ位のことをトヨタさんがやってもおかしくはないのでは?と思います。

期待は膨らみますね。

ハリアーに三列目7人乗りはあるのか?

SUVで7人乗り出来る車というのは限られておりますが、需要はあるのでしょうか。

個人的に今乗っているハリアーに三列目が設定された場合、荷物が乗るのであろうか?という心配が大きいです。

Photo:20X “エマージェンシーブレーキ パッケージ”(4WD)。

因みにこちらは日産エクストレイルの3列シート車の内装になります。

Photo:PREMIUM“Advanced Package”(ハイブリッド車)。内装色のディープボルドーは設定色。

*こちらがハリアーの内装になります。

実物を見てみると分かりますが、補助席という感じが非常に強く、長距離で7人を乗せて走るには3列目に乗る方は非常に疲れてしまうのではないかと感じました。

そもそも、ハリアーはトヨタの中の位置づけとしてプレミアムSUVとなっており、人数を乗せる事には少し不向きなのではないかと感じております。

現在の排気量もダウンサイジングされ、2,000CCとなっており、力強いという事はありません。

ターボ設定が実現した場合には多少良くなるとは思いますが、個人的には3列にするのであれば車体も排気量ももう少し欲しい所です。

人数をどうしても乗せなければならないという方には、現状ではハリアーは不向きな車種であると言わざるおえません。

とはいっても一般的な4人家族でしたら何も問題無く、僕の場合は地方から東京ディズニーランドへ往復600km問題無しでした。

ただ、エクストレイルでも3列目設定がありますので可能か不可能かで言うと可能ではあるのかなと思います。

レクサスNXとトヨタハリアーの関係

ハリアーとレクサスNXが兄弟関係だとか、まったく別の車だとかという事は賛否両論あるようですが、正直乗る側としては兄弟でも親子でもなんでもよかったりします。

基本的にユーザーが満足して乗れる車であればどちらでもよい訳ですが、それでもハリアーを購入するかレクサスNXを購入するかを迷われた方は割と居るのではないかと思います。

そして、レクサスNXを購入された方の中にはNXがターボエンジンだった事を理由にNXを選んだという方も中には居ると思います。

ハリアーターボの価格を勝手に予想

(まだ出るか出ないか分からない車の価格を考えるのもなんですが・・・。)

ターボエンジンがマイナーチェンジでハリアーに積まれた場合、更に迷いの種になってしまいそうです。

仮にハリアーの車両本体価格はガソリン車が279万円~389万円となっており、ハイブリッドは371万円~459万円です。(特別仕様車は除く)

もしターボエンジン車が入るとしたら、ガソリンエンジン車とハイブリッド車の間で330万円位~400万円程といった所が個人的な予想となります。

この価格とNX200tの428万円~518万円を比較すると100万円弱の違いとなります。

発売当初ではハリアーハイブリッドとNX200tを比較される方が多く、その差額は50万円程に収まっておりましたが、100万円も開くとやはり別の車で車格もNX200tの方が勿論上という位置はまるで変わらなさそうです。

レクサスNXもマイナーチェンジを控えているという噂がありますので、ハリアーとはターボエンジンだけでは比較出来ない更に上の内容のものを出してきてくれると切り分けがしやすくなり、購入者の層もしっかり分かれてくるのではないかと思います。

現行ハリアーに乗っている方、ハリアー購入予定者はどうする?

正直マイナーチェンジは非常に魅力的です。

中身がどう変わってくるかは分かりませんが、分からないだけに今ハリアーを購入される予定の方は非常に迷い所なのではないでしょうか。

また、僕のようにハリアーに既に乗っておられる方はこれを機に乗り換えを検討される方も居ると思います。

特にハリアーは2013年に発売開始されており、2017年で約4年経過することになります。

丁度一回目の車検に差し掛かるような方は検討される方も出てくるのではないでしょうか。

この辺りのタイミングであれば、リセールの高いハリアーであれば多額の追い金は必要無くマイナーチェンジしたハリアーに乗り換えが出来るかと思います。

ハリアーをこれから買う方について

車検のタイミングや納期などを考えると、どうしても今購入するしかないという方は致し方ないとは思いますが、そうでない場合はマイナーチェンジを待ってみるのも一つの方法だと思います。

ただ、懸念されるのは納期となります。

マイナーチェンジ後のハリアーは恐らく納車までの時間は1~3ヵ月待ちは確実で、予約会の始まったタイミングで予約をしなければ3ヵ月以上の納車待ちは覚悟しておいた方がようでしょう。

また、どうしても今のタイミングで購入しなければならない方でもガソリンエンジン車を購入、ハイブリッド車を購入したいという方であればそこまで悲観することは無いと思います。

僕の場合はガソリンエンジン車に乗っておりますが、維持費もそこまで掛からず、特に燃費も悪くはないように思いますので今から購入しても問題の無い一台なのではないかと思います。ターボエンジン車が出るならターボが欲しいという方は待つしかありません。

また、先日個人的にハリアーの買取価格を確認しましたが、非常に高いリセールの車両である事が再度確認出来ましたので、トータル的に非常に満足しております。

なので、時間が許されるのであればマイナーチェンジの可能性のある2017年を待つ。

そうでない場合には、車のグレード選びや新車の商談をしっかりするというのが課題となります。

現行ハリアーのオーナーについて

既にハリアーに乗られている方は、マイナーチェンジの辺りで車を手放すか、長期間乗り続けるかを検討するべきかと思います。

というのも、先日ハリアーの買取価格を確認した所300万円程という査定が出されました。

どのタイミングで手放すかによって、買取価格は大きく変動しますが恐らくマイナーチェンジ前の今が高値で買い取って貰える最終のタイミングになるかもしれません。

迷っている方は一先ずネット査定で確認してみると面白い金額が出てくるかもしれませんので試してみてください。

また、ハリアーは国産車の中でもリセールの非常に高い車です。

これから購入する方も、これから査定される方も他の車種と比較すると非常に良い車なのではないかと思います。

こちらが公式ページとなります。

査定のタイミングは一日単位で変化し、例外を除いて早ければ早い程良い結果の出る可能性が上がります。

是非試してみてください。

ハリアーマイナーチェンジ最新情報

こちらの記事を書いてから少し時間も経過し、ある程度情報も出揃ってきましたので追記します。

マイナーチェンジの最新情報を見てみると色々な改善が見られるようです。

・ターボエンジンは追加が濃厚

これまでダウンサイジングされた2000CCのガソリンエンジンに関しては物足りないという意見が散見されましたが、今回のマイナーチェンジでそういった意見を持っている方もカバーできるようになりそうです。

今回マイナーチェンジでこれまでのエンジンに追加でターボエンジンのハリアーが登場する可能性は非常に高いようです。

・GRANDは廃止が濃厚

唯一ファブリックシートを選択出来たエントリーグレードのGRANDは廃止が濃厚となりました。

マイナーチェンジ後のハリアーでファブリックシートをお目に掛かるのは難しいかもしれません。

・エクステリアも多少変更あり

フォグランプとヘッドライトのデザインが変わるということですが、大きな変化ではありませんがフロントマスクが変わるとなるとマイナーチェンジ前と後が丸わかりになってしまうので、新しい物好きの方は乗り換えを検討される方も出てきそうです。

・安全装備セーフティーセンスP標準装備が濃厚

安全装備系は各社こぞって新しく、さらに良いものという流れがありますがトヨタの安全装備が標準で装備されることになりそうです。

良い部分ではありますが、恐らくこれも含めて価格は上がることを想定した方が良さそうです。

・電動ブレーキも標準化の可能性あり

トヨタ車ではC~HRに装備されており、外車ではだいぶ当たり前になりつつある電動ブレーキパーキングが標準装備になりそうです。

これもあればあったで便利なのと、デザインの向上という意味ではいずれやる部分だったのではないかと思います。

個人的には電動ブレーキはオプションだったとしても欲しい装備になります。

ハリアーのマイナーチェンジは5月〜6月がほぼ確定している模様です。

内容を見る限りでは、割と大きめのマイナーチェンジになりそうなので人気が再加熱するかと睨んでいます。

ハリアーマイナーチェンジ後の価格が判明

間も無くマイナーチェンジのハリアーの価格が判明しましたので追記しておきます。

・ハリアーガソリン車の価格

グレード 価格
エレガンス (FF)2,949,480円(4WD)3,143,880円
PREMIUM (FF)3,249,720円(4WD)3,444,120円
PREMIUM Metal and Leather Package (FF)3,599,640円(4WD)3,794,040円
PROGRESS (FF)3,780,000円(4WD)3,974,400円
PROGRESS Metal and Leather Package (FF)4,129,920円(4WD)4,324,320円

・ハリアーガソリンターボ車の価格

グレード 価格
エレガンス (FF)3,380,400円(4WD)3,574,800円
PREMIUM (FF)3,519,720円(4WD)3,714,120円
PREMIUM Metal and Leather Package (FF)3,850,200円(4WD)4,044,600円
PROGRESS (FF)4,050,000円(4WD)4,244,400円
PROGRESS Metal and Leather Package (FF)4,380,480円(4WD)4,574,800円

・ハリアーハイブリッド車の価格

グレード 価格
エレガンス (E-Four)3,774,600円
PREMIUM (E-Four)4,074,840円
PREMIUM Metal and Leather Package (E-Four)4,424,760円
PROGRESS (E-Four)4,604,040円
PROGRESS Metal and Leather Package (E-Four)4,953,960円

遂にマイナーチェンジ後のハリアーの価格が明らかになりました。

今回は待望のターボ車も追加されております。

ガソリン車とターボ車の価格差は25万円程〜43万円とグレードによって大きく異なります。

そしてターボ車とハイブリッド車の価格差は更に大きく40万円〜60万円程となります。

マイナーチェンジ前より少し価格が上がっており、若干敷居が高くなってしまったようなイメージがあります。

ハイブリッドの最上位グレードは乗り出しで500万円をオーバーします。

マイナーチェンジしたハリアーの納期

既に注文済みの方でもグレードと色によって納期が変わってくるようです。

今一番納期が長いのがパール系のターボ車でレザーシートを希望している場合は最低でも3ヶ月待ちになりそうです。

それ以外のグレードやカラーでも早くて3ヶ月ということです。

これから様子見をしていた方や他の車種と迷っていた方などどんどん受注が増えてきそうです。

2013年モデルのマイナーチェンジ前のハリアーからの乗り換えの方も出てきそうですので、長期間の納期待ちは覚悟が必要になります。

ターボ車はノーマルガソリン車と見た目も多少差別化されているので人気が爆発する事は否めません。

マイナーチェンジハリアーの口コミや評価「納車報告も続々」

待ちに待ったハリアーのマイナーチェンジを予約して購入された方から納車も進んでいるようです。

また、注目度も高いため試乗に行かれた方も多数居るようで評価や口コミも多く入ってきておりますのでこちらでまとめておきます。

・NAよりもターボの方がパワーがあり乗っていて何処へ行くにも不満も不安もありません。

・質感は相変わらずよく、ガソリン、ターボ、ハイブリッドと3択があり好みによって選べるのはユーザーにとっては非常に良い。

・現在乗って居るミニバンと比較すればガソリンでも十分ですがターボも少し気になりどちらにするか迷っております。ただ悩ましいというよりは楽しい悩みなので購入までこのまま楽しんでしまおうと思います。

・シートのサドルタンはマイナーチェンジ前には用意されていませんでしたが、マイチェンハリアー買うならこの渋い色は気になります。マイチェン前のハリアーに乗って居るので少し羨ましいです。

・シーケンシャルウィンカーがお気に入りです。マイナーチェンジ前とはあまり変わらない部分が多いと思いきや割と細かい部分が変わっています。

口コミの内容を拝見させていただくとだいぶ満足して居る方が多いようです。

私個人もハリアーに乗って居るのですが、唯一シートカラーが当時もう少し選択できればと感じました。

特にあの茶色のシートは本当にかっこいいと思います。

ハリアーマイナーチェンジについてまとめ

2017年のマイナーチェンジまで、色々な情報をこちらの記事で公開していきたいと思います。

いずれにしてもマイナーチェンジは現状噂のレベルになります。

もしかすると2017年も結局マイナーチェンジだったなんてこともありますが、全力で情報収集をしたいと思います。

情報が入り次第また追記していきますのでお楽しみに。

人気記事:【実話】ハリアー新車値引きでELEGANCEの予定がPREMIUMになった!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 - SUV, トヨタハリアー, 車関連