Blog stage

車関連の記事を中心とする趣味趣向の情報ブログです。

AGAで薄毛は治るのか?「第三話」一カ月半経過報告

      2015/11/14

スポンサーリンク

プロペシアを処方されて、一カ月と半月が経過しましたので現状とこの間にあったお話を追加で記事にしておきたいと思います。

第二話で、「アレ?少し生えてきたのか?」プロペシアすげぇ~!と思ったのは恐らく状況の違う環境で撮影したせいのようです。

個人的にも、一カ月半前とった写真とあまり変化がないのに逆に驚いていたりします。

「あの写真はなんだったんだ・・・?」と。

プロペシアを一カ月半飲んだ結果報告

さて、本題を先に書いておこうと思います。

というか、写真が一番わかりやすいかとおもいますのでご覧ください。

image

こちらはプロペシアを飲む前の写真。

つまり一カ月半前の写真になります。

そして

image

最近撮影したものです。うん。なんだろ?回復しているのか?

いや、個人的には「ほぼ変化なし」といっていいように思います。

で、この後プロペシアきかないのか~?と疑い始め色々ネットで検索をしてみると。

プロペシアは早くて3ヶ月~6ヶ月で効果が確認出来ます。

はい。つまり、まだ早くて3ヶ月の3ヶ月すら経過していない訳ですから。

そりゃ効果が見られないのは致し方ない事。

そんなに即効性のある薬ではないということなので、これから病院でAGAの検査を受けてプロペシアを飲もうという方は3ヶ月は最低でも続けるつもりで病院に行った方がよさそうです。

ついでに言いますと、98%の方に効果があるということですが、それは3年続けて抜け毛が無くなったという方も数に入っているとのことです。

3年も続けて髪の毛が増えない可能性もあるということだけは先に知っておく必要がありますね。

ただ、現状ではこのAGAが髪の毛が禿げそうな人や、既に禿げかけている人を救う唯一の方法であるということも知っておいた方がよさそうです。

薬が無くなったので病院へ

プロペシアは28粒を一箱として処方されるのですが、先日飲み終わったので処方してもらうために病院へ行った時のお話。

僕はてっきり、今どんな状態なのかを先生が確認して、何かしらの助言や、現在の状況を教えてくれるのだと思っていたのですが・・・。

先生と顔を合わせる事もなく、薬だけ渡されてさよならしてきました。

ちょっとやり方が雑過ぎやしませんか?

敢えて病院の名前を出すつもりはありませんが、病院を変更しようかなと考えたくなります。

こちらは禿げていく事をコンプレックスとして抱えてており、少しでも良い状態に持って行きたい訳ですよ。はい。

しかも保険の適用しない効果な薬を購入してる訳ですし。

そりゃ、少しくらい時間とって状況くらい教えてくれたっていいのになぁ。

まぁ、そこは運だったと思うしかないわけです。

もし皆さんが、これから病院にいってAGAの検査をするようでしたら、しっかりした所なのか?

親身に話を聞いてくれるドクターなのか?

その辺りも、高価な薬を飲み続ける為のモチベーションになるので、一回目の病院の印象はだいぶ大事です。

間違っても薬だけを処方するような所には行かない方がいいです。

プロペシアを一カ月半飲んでみた感想

プロペシアって、本当に小さな粒の薬なのですが、特に副作用のようなこともなく、毎日寝る前に飲む事自体は苦ではありません。

ただ、時々飲むのを忘れてしまったりするので、スマートフォンの目覚ましの機能等を使って一定の時間に薬を飲むようにした方がよさそうです。

僕の場合は、この45日程度の間で2回飲み忘れがありました。

それでも、髪の毛を増やしたいという思いがあるので、そうそう忘れてしまうことはないのではないかと思います。

 

いやはや、年内にもう悩みが解決するのではないかと思っていた僕は非常に甘かったようです。

とりあえず来年の今頃まで飲み続けてみたいと思います。

勿論、ブログにも現状を報告させて頂き、これからAGAを始めようという方のお役に立てればと思っています。

では、次回もこうご期待下さい。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 - AGA