Blog stage

車関連の記事を中心とする趣味趣向の情報ブログです。

車の買取りと下取りはどっちがいい?違いと確実に損をしない方法

      2016/06/26

スポンサーリンク

車の買い取りと下取りの違いは?どちらがお得?

車の買い替え時に欠かせないのが手持ちの車の処分。

新車も車体価格の値引きよりも、手持ちの車を高く下取りしてもらう方がお得だと言われていますね。

ところで、車には買い取りと下取り、という言葉がありますね。

買い取りと下取りの違いは一体何なのでしょうか?

下取りとは?

下取りとは、車のディーラーが直接車を買い取ってくれることを指します。

新車の見積もりの際には下取り額も査定してくれます。

車は車種によっては車体価格の値引きが決まっていると言われています。

下取りのメリット

新車の購入から車の下取りまで1か所で行ってくれるので、手続きも早く済み、代車も必要ありません。

下取りのデメリット

下取りの査定額は低めに設定されて最初は提示していることです。

新車は少しでも安く買うために、あの手この手で値引きを提案するのが買い手の常識ですが、ディーラーも少しでも高く売るためにあの手この手を使ってきます。

その最もたる手法が、下取り額を安く見積もること。

車の買取業者でもなければ、自分が乗っている車が、今現在どのくらいの価値があるのかは分かりません。

中古車の買い取り価格の相場は、業者間オークション相場という一覧から走行年数、傷などを加味して決めています。

しかしディーラー下取りの場合は、この業者間オークション相場とは連動していないこともしばしばあるのです。

またオプションや特殊な装備があったとしても、社外品であった場合はほどんど反映されません。

買い手側は、このような業界の知識もほとんどないため、年式の古い車や、走行距離が長い車であるほど「こんなもんか。引き取り代金取られるよりマシ」と納得してしまうのです。

買い手の中には下取り価格アップを粘る人もいて、それに折れたディーラーが5万から10万ほど下取り価格を上乗せしてくれます。

しかし実際はもっと下取り価格は上乗せできた、というケースも少なくありません。

車の買い取りとは?

車の買い取りとは、買取専門業者が査定をして車を買い取ってくれることです。

新車を販売しているメーカーとはまったく関係のない業者が経営しています。

査定は買取専門業者へ車を持っていく、または査定員が来てくれるケースが一般的ですが、最近ではインターネット上で車種と年式、走行距離などをフォームに入力して送信するだけで査定してくれる場合もあります。

買取のメリット

人気車種やオプションのある車は査定額が高くつくケースが多くあります。

買取専門業者の査定は業者間オプション相場と連動しているので、その時期に見合った車の価値をきちんと提示してくれます。

オプションや社外品装備も買取価格に反映されることもあります。

複数の業者を並行して査定することができるので、より高い値段で売ることも可能です。

買取のデメリット

査定した時に教えたメールや電話番号にしつこく買い取り催促の電話がかかってくることがある(最近はそのような業者は激減していますが)。

人気のある時期を逃してしまえば査定額はがくっと下がってしまいます。

納車と車を売った時期がずれていれば、自分で代車を用意しなければなりません。もちろんその代金は自己負担になります。

結局下取りと買い取り、どちらがお得?

macan

これは一概に言えないのが難点。

買取価格だけを見れば、買い取りの方が高くなる例の方が多いのは確かです。

しかし先述した通り、代車の問題や業者の質、買い取り時期によっては逆に損をしてしまうケースもあります。

ディーラーとの取り引きは、そのディーラーとの信用にも繋がります。

次の車の時もあなたから買う、車検は必ずここで行うなどとの約束も立派な値引き交渉術です。

次に新車を買う際もそのディーラーの元で購入となれば、前回のよりもかなり勉強してくれるかもしれません。長い目で見れば、下取りも決して悪い方法ではないのです。

そこまで先のことは分からない、社外オプションがたくさん付いている(もちろん違法改造はNGですよ)、1000円でも安く!という人は買い取りが良いでしょう。

下取り、買い取りどちらを選ぶにしても、買取査定は受けてみるべき

買取専門業者の査定は、業者間オークション相場に反映されているのは、先程も述べました。

ディーラーに下取りしてもらうにしても、まずは今乗っている車の適正価値を知っておくことは大切でしょう。

買取専門業者への査定は、全国に支店のある専門業者がおすすめです。

業者間オークション相場も常に更新されており、特に大手業者は全国規模の相場から反映した額を出してくれますので、地方のみの業者よりも高い価格で査定してくれます。

特に今乗っている車が、新しく買おうとしている車とは違うメーカー、社外オプションやカラーは需要が高い、という場合はまず買い取りの方がお得になります。

ディーラー側も下取りキャンペーンなど行っている場合もありますので、下取り、買い取り両方の査定は必須と言えるでしょう。

買取専門業者で査定してもらった額は、ディーラーへ持って行きます。

買取専門業者の査定額をプリントアウトしてディーラーへ持って行き、同額のオプションまたは車体価格の値引きに成功した例も多くあります。

新車の購入を予定されている方は勿論、今自分の車がいくら位で買い取りしてもらえるのか興味を持たれている方はぜひお試しください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 - 新車購入時のお金の記事, 車関連