Blog stage

車関連の記事を中心とする趣味趣向の情報ブログです。

日産新型セレナはフルモデルチェンジで何が新しくなったのか?

      2016/08/26

スポンサーリンク

ミニバンの中でも注目されている車種の一台となる日産のセレナが2016年フルモデルチェンジをしてデビューすることになりました。

今回はフルモデルチェンジということもあり、他社ミニバンを検討していた方でもどうしても気になってしまうのではないでしょうか。

セレナも割と長い歴史があり、ミニバンとして非常によく乗られている一車種となります。

今回はそんなセレナがどのような新しい機能を加えた内容で売り出されるかという所に着目してお伝え出来ればと思います。

日産セレナフルモデルチェンジ!自動運転技術と最新装備の内容は?

今ミニバンを購入検討している方であれば、恐らく新型の日産セレナは気になっているのではないでしょうか。

色々な面で、これまでのミニバンとは違う装備が噂されておりますが、今回は新型日産セレナの新しい装備等について書いていきたいと思います。

新型セレナ自動運転技術「プロパイロット」を搭載

「セレナ プロパイロット」の画像検索結果

車の運転補助の技術に関しては、年々向上しておりますが、ついに「渋滞の時でも自動的に運転してくれる」技術が搭載された車が発表となりました。

車線、前方を走る車を察知して、道路の中央部をキープし、さらに前の走行車の動きを察知して、速度を保つといった内容とのこと。

これまでの車の運転補助技術から、さらに一歩進化した内容のものが新型セレナに装備される訳ですが、もしこの技術が完璧なものであれば、ドライバーの疲れを大幅に軽減する事が出来ます。

僕も、高速道路に乗るときには一定の速度をキープする設定を使ってアクセルを踏むことなく安全な速度で走ってくれておりますが、これだけでも高速道路の走行は非常に楽だと感じるので、この「プロパイロット」という技術が本物であれば更に運転が手軽になるのではないかと思います。

スマートルームミラー

日産セレナの新しい装備の二つ目はスマートルームミラーです。

ミニバンともなるとトランクルームに荷物を沢山詰めるというシーンもあるのではないかと思います。

そんな時にこのスマートルームミラーが活躍する訳ですね。

簡単なスイッチのON/OFFで切り替えが出来る仕組みとなっており、後方をカメラでしっかり見やすく出来るようになっているようです。

これでトランクルームに荷物がたくさんつまれていても後方の車はしっかりと見る事が出来ます。

新型セレナにツートンカラーが追加

 

「2016セレナ ツートン」の画像検索結果

今回非常にエクステリアで目を引いたのがツートンカラーです。

赤と黒のツートンカラーは非常に色の組み合わせもよく、人気色となる予想がされております。

こちらのツートンカラーに関しては「ハイウェイスター」を選択する必要があるらしく、メーカー側も赤黒のツートンと白黒のツートンに関しては出荷が多く予想しているとの事でした。

長く乗る車なので、色に関しても納得のいくものがあればそれを選択するに越した事はないと思いますが、これから発売から少なくとも一年前後は選ぶカラーによって納期も大きく左右されそうです。

新型セレナの燃費

今回発売される新型セレナの燃費はというとマイルドハイブリッドが17.2km/リッター、ガソリンエンジンも向上し15.0km/リッターというカタログ値となっております。

マイルドハイブリッドというエンジンが採用され燃費は向上。

またガソリン車もこの数値になったとのことです。

個人的な感想としては、もう少し頑張って欲しかったという印象が強く、最新の車としてはこれまであるミニバンと大きすぎる差がないので、燃費で選ぶユーザーには強く響かない数値なのではないかと思います。

とは言え、これはカタログ値となっております。

実燃費が他社ミニバンと比較して良ければ評価も大きく上がってくるのではないかと思います。

新型セレナの価格は?

車を購入する際に非常に気になる価格の部分ですが、今回の新型セレナの車両本体価格は一番安価なものが250万円程から高額なもので300万円程度と予想されております。

グレード毎の詳細についてはまた別途記事にしたいと思います。

2016/8/12追記

ついに日産セレナの価格が判明しましたのでこちらに記載しておきたいと思います。

グレード 価格
231万円~
243万円~
248万円~
284万円~
ハイウエイスター 267万円~
ハイウエイスターG 301万円~
ハイウエイスタープロパイロットエディション 291万円~
ハイウエイスタープロパイロットエディションG 318万円~

こちらは現時点で分かっている新型日産セレナの「ガソリン車」の価格になります。

まだマイルドハイブリッドの価格は不明ですが、ガソリン車よりも安価になる事は考えづらく、他の車種などを見ているとガソリン車の価格にプラス40万~50万円が乗っかってくるのではないかと思います。

自動運転に関しては「プロパイロットエディション」が搭載車となりますが、一応特別仕様車扱いのようなので、価格もそこそこになります。

どの程度の仕上がりになっているのかが問題なのと、今まで自分でハンドルを握り、アクセルを踏んでいた運転を機械任せにしたいかどうかという所が購入するか否かの鍵になります。

日産新型セレナについてまとめ

最新の技術を駆使したミニバンがついに発売という事で、既に購入を検討されている方も非常に多いのではないかと思います。

今回の新型セレナでは、他では体感することのできなかった自動運転機能が一番の目玉となっておりますが、購入前には一度試乗してみることをお勧めします。

今回のこのプロパイロットは、渋滞の際でもしっかりと稼働する内容となっておりますので、試乗の際には最新の技術を体感することができるのではないかと思います。

日産セレナ新車値引き!安く買いたいという方は多い!

新型セレナを出来る限り安く購入したいという方は非常に多いのではないかと思います。

今回日産は、日産車の中でも失敗をしてはならない車種であるセレナをフルモデルチェンジしてきました。

セレナは多くの層から人気のある車種である為、購入希望者も若い方から年配の方まで幅広くなっております。

そんな日産セレナをこのタイミングで安く購入する方法は「新車値引き」に期待せず、出来る限り愛車を高く買ってもらう事に専念した方が確実です。

新型の車は購入希望者が多く、特にそれが人気車種ともなれば長くて半年待ちなんていうケースも考えられます。

そういった新型車を敢えてディーラーが値引きする理由はあまりありません。

一定の金額の割引は可能かもしれませんが、同じジャンルの他のメーカーの車種と比較すれば値引き額は渋くなる事は間違いないでしょう。

という事で、今乗っている愛車を高額で買い取ってもらう事が一番確実な方法になります。

ディーラーの下取り価格を確認する前に、専門業者に買取価格の確認をしておくことで、下取り価格を吊り上げるネタにする事が出来ます。

今ではインターネットがかなり普及され、誰もがこういった方法をとることの出来る世の中になりました。

ネット査定をして、その金額を把握した上でディーラーの下取り価格を確認する。

買取価格の方が高額なのはほぼ間違いないので、下取り価格と競合させる。

これで確実に損をするケースはなくなります。

無料・簡単・確実と3拍子揃っており、利用者も非常に多く有名な会社から愛車の金額を確認できます。

公式ページは↓です。

僕もこちらの査定のおかげで20万円程高く買い取ってもらう事に成功しました。

是非試してみて下ださい。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 - ファミリーカー, 日参 セレナ, 車関連