Blog stage

車関連の記事を中心とする趣味趣向の情報ブログです。

日産新型セレナのグレード選択!新車値引きでハイウェイスターよりライダー?

      2016/09/11

スポンサーリンク

友人より知り合いの日産ディーラーの営業マンを紹介してもらいたいと言われ今回の記事を書く事にしました。

友人は当時はコンパクトカーに乗っておりましたが、家族を持ちミニバンを検討したいという事でした。

たまたまそんなタイミングでセレナが発売されましたので、それはもう気になってしょうがないとの事。

というこで、友人の車の購入について知り合いの営業マンの紹介と購入までの道のりについて書いていこうと思います。

日産セレナ購入!グレード選びに迷ったが最終的に上位グレードを購入した経緯を公開

一度乗りかけた船なので、新型セレナを購入するまでしっかりと見届ける事にしました。

 

まずは友人を知り合いの日産ディーラーの営業マンに紹介。

日産車の事であれば、聞いたらすぐに返ってくるいわゆる出来る営業マンの方です。(僕には少なくともそう見えます)

訪問初日は新型セレナの試乗と見積り、現在友人の乗っているコンパクトカーの下取り価格の確認という所までを出来ればという事で伺いました。

試乗車は行く時間を伝えておいた為、しっかりと用意して頂いてあり、名刺を友人が受け取るとすぐに試乗をさせてもらえました。

新型セレナを試乗してみた(交渉初日)

友人に試乗の感想を聞いてみると

・コンパクトカーからの乗り換えからか、まだ運転に少し慣れない。

・走行の性能については国内の道路を走るのには恐らく問題無さそう。

・プロパイロットに関しては使わなそうだから必要ない。

・子供がある程度大きくなるまで使えそうだからコストパフォーマンスは悪くない気がする。長く乗れる車になりそうだとも言っておいりました。

・シートアレンジも考え込まれており、乗り降りも楽に出来そう。

と、しっかり試乗してみた感想を教えてもらえました。

試乗が終わると、その間に愛車の下取り査定をしてもらっており、大体45万円で下取りしてもらえるということでした。

下取りの価格を確認後、どんなグレードがお勧めなのか、どんなオプションがあると良いか等の話をして一旦見積もりをもらう事になりました。

「ハイウェイスター」といわゆる「無印のセレナ」2つの見積りをもらい、そこでのお話では車両本体の値引きは10万円位が頑張って出せる金額であると言われ即決は出来ないので検討するということで帰宅。

セレナ値引き交渉初日を振り返る

僕は友人の家に上がり込み作戦会議をすることにしました。

見積りと一緒に貰ったカタログを確認しつつ、どのグレードが良いかという話しになりましたが、彼の選択肢は既に2択となっておりました。

・もう少し安く、値引きをしてもらえるならセレナライダー。

・値引きの金額が10万円以上にならないなら普通のセレナ。

ということで、インターネットを使って新型セレナの値引き額を調べてみると大体5万円~15万円の値引き額が多く、今日言われた金額はその中間辺りなのである程度の値引き金額になったのではないかという話しになりました。

この状況だと無印セレナかハイウェイスターになってしまい、少し妥協した購入となってしまいます。

とりあえず、もう少し値引きが出来ないかどうか商談をするという事になりました。

また、細かいグレードについても金額に差があるのですの部分もつめていこうという事になりました。

これからセレナをご購入検討されている方もいらっしゃるかと思いますので、グレードについて少しまとめてみました。

新型セレナの価格

新型セレナグレードS (2WD)243万5400円
新型セレナグレードX (2WD)248万9400円(4WD)273万3480円
新型セレナグレードG (2WD)284万7960円(4WD)313万5240円

セレナの中でも一番安く購入できるグレード「S」に関しては、カタログを見る限りでは4WDの設定は無く、250万円をギリギリ切る価格設定です。

上の「X」とは5万円しか差が無いので内容次第では「X」の方が良さそうです。

また2WDと4WDの差は20万円以上となっておりますが、ファミリーカーであるためどこへでも安心して走りたいという方はやむ負えない出費となります。

最上位グレードの「G」に関しては他の2つのグレードと比較して30万円も差がありますので、こちらもグレードの内容を要確認する必要があります。

一方セレナハイウェイスターの価格表はこちらです。

新型セレナハイウェイスター (2WD)267万8400円(4WD)296万5680円
新型セレナハイウエイスターG (2WD)301万1040円

ハイウェイスターはどちらかというとエクステリアをエアロで純正ドレスアップをした感じになります。

不自然さがまるで無く、落ち着いたエクステリアながら無印セレナと比較すると違いが良く分かる仕様となっております。

見た目に少し拘りたいが、あまりガチガチにしたくないという方には非常にお勧めとなります。

最後にセレナライダーの価格も見てみましょう。

新型セレナライダー (2WD)294万9480円(4WD)318万2760円

純正の中ではしっかりとエクステリアを固めたライダーは見た目に大きなこだわりを持つ方にお勧めです。

ミニバンとは言え、どうせ乗るならかっこいい方がいいと考える方は多いのではないかと思います。

僕の友人もその一人で、どうせ購入するなら普通のセレナよりもこちらの方が良いという考えを持っているようです。

金額もやはり無印セレナやハイウェイスターと比較すると少しお高めになります。

この新型セレナライダーを購入する為に、少しでも大きな値引きを引き出せるよう2度目の交渉を次週することにしました。

日産の営業マンの方と値引き商談(訪問2度目)

既に友人の中ではグレード「G」の無印セレナを買うか、「ライダー」を買うかという2択で交渉に臨むことになっております。

2度目の商談では、手ぶらではどうにもならないと考えネットでトヨタヴォクシーの見積りを出したものを持っていきました。

ネットで出したヴォクシーの値引き額は20万円程。

セレナの値引き額はネット上で調べた限り15万円となっておりましたが、20万円でチャレンジです。

競合車の見積りを出して商談を開始しました。

僕の知り合いという事もあり、なんとか20万円の値引きを了承してもらいました。

これで、車両本体+オプションの値引き金額20万円と下取り価格45万円で65万円となった訳ですが・・・。

友人の車ということで念のためもう一手準備を進めていたことがあります。

今回のセレナは新型というのもあり、ネット上でも新車値引きは難しいと分かっておりました。

もしかすると競合車種を持って行っても20万円の値引きは難しい可能性があると思い、下取り価格を引き上げる為の見積りを用意しておいた訳です。

用意したのは買取価格の見積りです。

こちらもヴォクシーの見積り同様インターネットから簡単取得。

その金額はなんと65万円です。

下取り価格との差は20万円となり、もしこの金額分も上乗せ出来ればライダーの購入に踏み切りやすいと友人は言っております。

買取金額の見積りを出すと、ディーラーの方は「下取りをここまで引き上げるのは難しい」というお答えでした。

一応この日は新車値引き20万円を獲得できたので、購入するという旨だけを伝え契約のタイミングだけを話しました。

友人は下取りに出すか、買取に出すかという所だけ検討したいと伝え契約のタイミングは後日連絡という事になりました。

その日は僕も用事があったので、家族会議を開くという話しをして別れました。

後日、友人からの連絡で買取を選択し、「ライダー」を購入するという事を聞きました。

やはり20万円の差は大きいのは誰もが分かると思います。

僕も以前車を購入する際には同様に下取りと買取の差額を確認しましたが、同じく20万円程の差がありました。

日産セレナの新車値引きまとめ

車の購入は非常に大きなお金が動くので、安易に契約をしてしまうと見落としてしまって大きな損をしてしまうケースがあります。

僕の友人のように買取金額と下取り金額の差が20万円も違うとなると非常に大きな金額になるのではないでしょうか。

特に、今回は新車値引きの割合の少ないリリースから間もないセレナだったので、この価格差は非常に大きいと思います。

買取金額を先に確認した事で、さらに20万円を上乗せして購入出来たので最初に考えていた無印セレナよりも満足のいくライダーを購入する事が出来ました。

これから車の購入を検討されている方がいらっしゃれば、今の自分の車がいくらで買い取ってもらえるのかという所は知っておいて損は無いと思います。

今回僕らの使った買取査定の場合、他の査定サイトと違いすぐに相場を知る事が出来ます。

ご興味あればぜひ試してみてください。

こちら公式ホームページとなっております。

実際は1分もかからず確認できます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 - ファミリーカー, 日参 セレナ, 車関連 ,