Blog stage

車関連の記事を中心とする趣味趣向の情報ブログです。

日産新型セレナ「モデルチェンジ後の価格と値引き情報速報!」

      2016/08/27

スポンサーリンク

日産の代表的な車種であり、国内のミニバン市場でもトップクラスの人気を誇るセレナがフルモデルチェンジしました。

最新の車種を検討する場合に必ず気になるのは「車の価格」と「値引き情報」となります。

既に実車を見る事無く予約をして納車待ちという方もいらっしゃるとは思いますが、これから購入をしようか検討されている方に向けて情報の発信が出来ればと思います。

フルモデルチェンジ!日産セレナの車両本体価格と値引き情報最新版

「セレナ」の画像検索結果

2016年の中では注目度が非常に高い日産セレナの価格が明確になりましたので、こちらにまとめておきたいと思います。

日産新型セレナの価格

グレード 車両本体価格
FF/231万円 4WD/260万円
FF/243万円
FF/248万円 4WD/273万円
FF/284万円 4WD/313万円
ハイウエイスター FF/267万円 4WD/296万円
ハイウエイスタープロパイロットエディション FF/291万円 4WD/317万円
ハイウエイスターG FF/301万円 
ハイウエイスターGプロパイロットエディション FF/318万円

グレード「B,S,X,G」は2リッターガソリンエンジン車。

「ハイウエイスター」は2リッターSハイブリッドエンジンを搭載しています。

価格の一番低く抑えられている一番ベーシックな「B」が231万円で、一番高額な「ハイウエイスターGプロパイロットエディション」が318万円となっておりますのでグレードの中でも上下で80万円の差があります。

車両本体価格を見てみると予算と比較してどれ位のグレードがあるのかを確認できます。

また、自分の欲しいグレードの価格を確認するのにも便利かと思います。

他のミニバンと比較した場合を目安として見ておきましょう。

日産新型セレナ 231万円~318万円

トヨタヴォクシー 232万円~332万円

ホンダステップワゴン 228万円~318万円

ミニバンの価格をざっくりと比較した場合こんな感じになります。

全体的に若干ヴォクシーが高額になりますが、大きな差は無いのではないかと思います。

こうなってくると、ミニバンを選択する場合の価格差はあまり気にせずに最新の車種を選ぶ事が燃費や装備を考慮すると一番最善の策と言えそうです。

今回のセレナに関しては、必要な方はプロパイロット機能(自動運転)の装備された車種も選択できますので、本格的に最新の技術の備わったミニバンを検討出来ます。

新型日産セレナの値引き交渉

新車値引きの金額はどれくらい?

恐らくこれだけ話題になった車種は値引きも渋めであることが容易に想像できます。

新車値引きは「必要な場合」に「許容範囲内」の値引きに限定されます。

発売前に予約されていた方に向けての商談と試乗がメインとされ、その辺りの客層がある程度はけてきたタイミングで値引き幅が少しづつ上がっていくのではないかと思います。

発売から半年程は大幅な値引きを期待せずに交渉をしたほうがよさそうです。

そうはいっても、他社に取られるくらいなら「許容範囲ギリギリの値引き」までは引き出せるのではないかと思います。

上で挙げたヴォクシーやステップワゴンを競合車にすれば同等の価格のミニバンを安く購入できるという名目で値引き交渉のネタにする事は確実に可能かと思います。

一先ずは新車購入時のセオリーに従って競合車1車種をぶつける形で新車値引きの交渉をしましょう。

まだ発売から間もないですが、既にセレナの値引き交渉をされている方がおり、その情報を集計してみました。

購入するグレードや購入方法等によって状況が変わるようですが、かなり新車値引きは厳しいようです。

おおよそ5万円~15万円程の値引きが相場となっており、かなり厳しい状況となっているようです。

やはり引き合いに出す車種は殆どがヴォクシーのようですが、営業マンの方次第で引き出せる値引き額は変わってくる模様です。

車の下取りと買取金額の差額は大きい!

また、基本的に発売から間もない車種に関しては粗利を重視するケースが多い為、今乗っている車の下取りを出すのはほぼ確実に損をしますので気をつつけましょう。

新車値引きが割とすんなり出たと思ったら、下取り価格でしっかりと中間マージンを取られるケースが多く、買取に出していたらもっと安くセレナを購入出来ていたなんていう事にだけはならないようにして下さい。

今ではネット上でしっかりと買取した場合の確認ができます。

もし下取りをディーラーにしてもらうにしても買取価格の見積もりだけはもっていくようにしましょう。

数十万円単位で違いが出る可能性が非常に大きいので、こちらも競合という形で持っていく事をお勧めします。

愛車の相場が直ぐに確認できるサイトになりますので非常に便利です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 - ファミリーカー, 日参 セレナ, 車関連