Blog stage

車関連の記事を中心とする趣味趣向の情報ブログです。

日産ノートe-POWERの人気の色は何色?人気カラーとリセール

      2016/12/09

スポンサーリンク

日産ノートe-POWERのボディカラーについて見ていきたいと思います。

最近ではかなり目立った色の車が走っているのを見たりします。

基本的には白系、黒系、シルバー等が売れ筋ではありますが思い切って明るい色に乗ってみたいという方も中にはおられるのではないでしょうか。

日産ノートe-POWERの人気色に関する詳細と人気の色、リセールの高い色まとめ

プレミアムコロナオレンジ(PM)〈#EBB〉(特別塗装色)

まずは今回メインになっている色から見ていきます。

こちらは新型ノートのメインカラーの「プレミアムコロナオレンジ」です。

非常に綺麗な色で、明るく目立つ色になっております。

こちらの色は日産のホームページで紹介の際や、カタログにも一番多く載っているカラーとなりますので、無難な色である白黒シルバーの次位に人気が出るのではないかと思います。

男女問わずに乗れるボディーカラーです。

また、これまでオレンジ系の色が他社でメインカラーになった事がないというのもネックでこの色が好きな方は恐らく指名買いされる方も多いのではないでしょうか。

*特別塗装色で48,600円の追加料金となります。

ギャラクシーゴールド(TM)〈#HAJ〉(特別塗装色)

こちらはギャラクシーゴールドです。

色のネーミングを見てみると宇宙+金ということで地球から見た金星をイメージしているカラーなのでしょうか。

明るすぎる事も暗すぎる事もなくというところではありますが、多く出るカラーではないのではないかと思います。

特別塗装色で37,800円の追加料金になります。

オリーブグリーン(TM)〈#EBA〉

こちらはオリーブグリーンになります。

他社ではグリーン系の色をメインに使った車種もありますが、そのグリーンとは少し違った印象のカラーになります。

目立つ事には変わりありませんが、こちらの色も多く出るカラーではないのではないかと思います。

ガーネットレッド(CP)〈#NBF〉(特別塗装色)

こちらはガーネットレッドになります。

赤系の色は割と最近希望される方が多いように思います。

特にマツダのSUVなんかは赤系がメインとなっておりますが、こちらの赤は個人的にはマツダ車の赤よりも綺麗でドイツ車に近い色に見えます。

日本車の赤はどことなく黒っぽい赤が多いですが、こちらの赤は明るめの赤となっており非常に好感の持てる色だと思います。

特別塗装色で48,600円の追加料金が掛かります。

スーパーブラック〈#KH3〉

こちらはスーパーブラックという色になります。

画像のせいか、少しガンメタチックな黒に見えます。

リセールバリューで言うと白と黒でトップを競うと思いますが、新型ノートの場合はどちらが高くなるのか注目になります。

ダークメタルグレー(M)〈#KAD〉

こちらはダークメタルグレーという色になります。

汚れの気になる方はこういったシルバー系の色を選択されます。

他の車種と変わらず特徴の無い色ではありますが、そういった需要はノートe-POWERの場合もあると思われます。

ブリリアントシルバー(M)〈#K23〉

こちらがダークブリリアントシルバーという色になります。

個人的にはダークメタルよりもこちらの色の方が好印象に思います。

シルバー系を選ぶときにどちらかの選択になると思いますが、個人的にはこちらのダークブリリアントシルバーをお勧めします。

シャイニングブルー(PM)〈#RAW〉

こちらはシャイニングブルーになります。

この感じのカラーもノートe-POWERに限らず色々な車種で出ております。

割と女性の方に人気のブルー系のカラーですが、こちらの濃いブルーは男性の方でも問題無しで乗れてしまう色ですね。

追加料金で37,800円の追加料金となります。

ソニックブルー(TPM)〈#RBE〉(特別塗装色)

こちらはソニックブルーになります。

シャイニングブルーと比較すると薄めの色となっておりますがこれはこれで良い色です。

ナデシコピンク(PM)〈#NAR〉

こちらはナデシコピンクとなります。

流石にこの色は男性が選ぶには勇気のいるカラーです。

女性であれば年齢問わず選択出来る色なのではないでしょうか。

インペリアルアンバー(P)〈#CAS〉(特別塗装色)

こちらはインペリアルアンバーというカラーになります。

渋い茶色で、大人の男性に合うのではないかと思います。

特別塗装色で37,800円の追加料金になります。

ブリリアントホワイトパール

こちらはブリリアントホワイトパールになります。

恐らく黒と同様でトップを争うリセールカラーになるのではないかと思います。

誰が選んでも問題無く、年齢も問わない色となっておりますので選択しやすい色ではないでしょうか。

特別塗装色で37,800円の追加料金となります。

ホワイト

こちらはホワイトになります。

ブリリアントパールホワイトと比較してもこちらの画像では判断出来ないと思いますが、実車はどちらがパールなのかという判断が簡単に出来ると思います。

日産ノートe-POWERの色まとめ

今回はノートe-POWERで選択可能なカラーをまとめてみました。

合計13色もの色から選択が可能となっております。

リセールに関してはホワイト、ブラックは他と比較すれば高くなる事が多いのでボディーカラーで迷っている方にはお勧めです。

メインカラーのオレンジに関しては時期的な要素も大きく、乗り換えや買取してもらうタイミングによって左右されます。

追加料金が発生するものの、以外とタイミング悪く値が付かないケースもあると思いますのでその辺りはご注意ください。

とはいうものの、売る事を目的として購入する訳ではないと思いますので一番気に入った色を選ぶのがベターです。

また、今回は特別塗装色が多く、色の選択で追加料金が発生するパターンが多いのも気になるところです。

購入前にはこちらの追加料金に関しては事前情報として知っておくと商談の際にお役に立つのではないかと思います。

関連記事:日産ノートモデルチェンジ!値引き情報とe-POWERの実力を調査

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 - 日産 ノートe-POWER, 車関連