Blog stage

車関連の記事を中心とする趣味趣向の情報ブログです。

新車購入!何故下取りよりも買取の方が高くなるのかを比較?【車豆知識】

      2016/06/26

スポンサーリンク

もうそろそろ新車の購入を検討されている方には、一度読んで頂きたい内容となります。

今回の題材は「何故下取り価格よりも買取価格の方が高いのか?」という所に焦点を絞っていこうと思います。

あなたは下取り派?買取派?得なのはどっち?

タイトルで既に答えが出てしまっているのにもかかわらず、敢えて下取り価格よりも買取り価格の方が得である理由を記載するのには理由があります。

それは「損をしている方が未だに割と多く居る」という理由になります。

ブログは情報提供の場になりますので、実際に買取査定をして得をした(損をしなかった)僕と同様にご訪問頂いた皆さんにも損の無い新車購入をしてもらいたいという事も踏まえて、何故買取が下取りよりも得をするのかについてまとめていこうと思います。

下取りより買取が高く得をする理由は考えてみれば当たり前である。

新車を販売するディーラーと車を買い取る専門店があります。

新車を販売するディーラーは「新車の販売」により利益を出します。

一方買取を専門としている業者や、中古車販売店は「買取」をメインとしており、販売店ではその買取った車のメンテナンス等を行い次のオーナーを探しております。

要するに利益を出す所がまるで違い、やり方も変わってくるわけです。

ディーラーは下取りをしなくても、新車の販売さえ出来れば利益を出す事が出来ますが、中古車販売店や買取専門店では「買取」が出来ない事は死活問題となります。

つまり買取にかける熱がまるで変わってくるという所はこれでお分かり頂けるのではないかと思います。

査定の方法

ディーラーでは、赤字にならないように出来るだけ安く買い叩くというのは日常茶飯事。

もしディーラーの言い値で下取りが出来れば基本的にそれは新車販売プラスアルファの利益が舞い込みます。

ディーラーでは日々変化する中古車の金額を毎日把握している訳ではなく、確実に下取りで金額が下回らないような価格を提示してきます。

一方中古販売店や買取専門業者はというと、日々変化する中古車の値段の上下に目を光らせ、一台でも多くの車を買い取れるように準備しておいります。

ディーラーの下取りと買取業者の買取りの価格はこの辺りでもしっかりと、差が出てきますが、中古販売店や専門業者も競合がありますので、そこに負けない価格を提示しなけければなりません。

どこの業者もその時の価格変動に応じて一進一退の競合戦争をしている訳です、査定にも力が入ります。

ディーラーが下取りした車はどこへ行く?

極論となりますが、ディーラーで下取りした僕たちの愛車が何処へいくのかというと、中古車販売店や買取業者の所へ行きます。

この時点で何がいいたいかと言いますと、結局はディーラーも中古車販売店へ売り出す訳ですね。

ディーラーがその中古車販売店よりも高い金額でか下取りをしてしまった場合には、中古車販売店や買取業者へ赤字で出さなければならなくなります。

基本的に「ディーラーの下取り<買取価格」という図式はどうあがいても逆になる事はないということになります。

新車購入時の下取りと買取まとめ

何故買取価格の方が下取りよりも高くなるのかという事はこの内容で充分にお分かり頂けたのではないでしょうか。

これを機に愛車の査定をしてみてはいかがでしょうか?

また、それでもディーラーで下取りをするという方はネット査定をする事をおすすめ致します。

というのも、ネットでとった見積もりを出したからと言って買取をしなければならないという訳ではありません。

その査定された見積もりをディーラーに持って行き下取り価格をあげてもらうというのも一つの方法であり、僕のやった方法でもあります。

ただ下取りにだしてしまうよりも余程高く下取りをしてもらえる可能性もありますし、意外と買取でも良いかな?というような状況にもなりえます。

 

いずれにしてもただただ下取りに出すというよりは確実に損をせずに新車を購入出来ることは間違いないので、是非お試しください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 - 新車購入時のお金の記事, 車関連