Blog stage

車関連の記事を中心とする趣味趣向の情報ブログです。

新車購入!確実に満足できる最高額の値引き交渉術

      2016/08/15

スポンサーリンク

これから車の購入をするという時にどうしても気になるのが「値引き交渉」です。

インターネット上ではどこの県のディーラーでは35万円値引きしてくれたとか、こっちの県では10万しかだしてくれなかったとか。 色々な口コミが飛び交っています。

いざ、車を購入するとなると大抵のインターネットに繋ぐ事の出来るユーザーの方はそんな形でどれ位値引きしてもらえるのかを検証して、ディーラーの営業マンと交渉を始めます。

メーカーや車種によって値引きの出来る出来ないというのは勿論あります。

例えば有名なのはレクサスは値引きしないという噂。

これはほぼ本当だと思います。

どこかに書かれていたので、実際にレクサスNXを購入の検討をした際に営業の方とお話させて頂きましたが、値引きは数万程度。

「端数位なら・・・」という感じでした。

そんな事も踏まえた上で、それでもしっかりと値引きしてもらう方法をこちらのブログで記載していきたいと思います。  

値引き交渉に使える見積もりを取得

正直な所、一番簡単かつ、誰でも出来る交渉術です。

簡単な事で、競合車の見積もりを持って行く。

これだけです。

恐らく何もせずにディーラーへ行って値引きの交渉をされた方は 「これがうちでは限界なんです」 「もう少しオプションをつけて頂ければ・・・」 というようなどの営業マンでも使う言い回しをされて、値引き交渉を終了してしまうケースが多いです。

競合車の見積もりを持って行くメリットと根拠

競合車種の見積もりを持って行くというのは、「本当に車を購入する意欲がある」ことを知らせる事が出来ます。

また、担当の営業マンに対して「上司と相談してみます」と言わせるきっかけになります。

上司と相談するということは、通常出来る値引きと相談しなければ出来ない値引きがあるということです。

「上司に相談する」というところまで持っていければ、今回の交渉はかなり高い確率で成功と言えるでしょう。

何年かに一度しかない車の購入です。 納得のいく価格で、納得のいく車を必ずGETしましょう。

競合車の見積もりの取り方~交渉完結

ここまでで、競合車種の見積もりが必要な事は充分お分かり頂けたのではないでしょうか。

あるかないかで数万~状況によっては数十万の差が出ます。 そこで、気になるのは「その競合車の見積もりはどうやってもらいにいくのか?」 私の場合ですが、8年前には競合車を3車種絞り込み、ディーラーに直接行っておりました。

かなり時間をかけてやったので、本命の車の交渉が終了するまでに1ヶ月間休みの日を全て潰して交渉しました。

先日購入したハリアーの交渉は相当楽でした。

見積もりを効率的に取得しよう!

それは、見積もりを簡単に手に入れる事が出来たからです。

その見積もりを何処で入手するかというと、ネット上での取得が手っ取り早いです。

こちらであれば欲しい車とその競合の車の見積もりを一度に出す事が出来ます。

恐らく交渉上手な方は既に利用している方が多いののではないかと思います。

当時一カ月も交渉の為の見積もりを回収していたのがバカみたいに思える程簡単で、ある意味感動しました。

交渉ではある程度ラインを引く

そして交渉へ・・・。

交渉の際には必ずネットで確認した最高値引き額と自分が納得できる値引き額を持って行きます。

営業マンから提示された金額がそれを下回るようであれば、この金額であれば購入する!という旨を伝えてみて下さい。

つまり値引きのラインを引く事をするということです。 この時に効果を発揮するのが先ほどの無料見積もりです。

見積もりを持って行く事でどうなるかというと、最高値引き額を引きだし易くなります。

何も持たずに行った場合は、そこまでする必要はありませんが、武器を持ったお客さんが来ればそれなりの対応が最初から必要となります。

無料の見積もりがあることで、最初から値引きを引きだし易くするわけです。 ハードルを下げる事で、大きな交渉をせずにほぼ一回。 多くても2回の交渉でかなり良い数値をだしてくれます。  

必ず欲しい車の最高値引き額を引きだす事が出来ます。

無料見積もりをとる→値引き額のラインを引く この二つだけで充分です。 ということで、これは是非お試し頂きたいと思います。

因みに無料見積もりはネット上ですぐに取得できます。 

新車値引きに関するまとめ

新車の値引きに関して記事を書きましたがいかがでしたでしょうか。

今では家の中で値引きの準備をすることが出来ます。

それも、金額にするとかなり大きくなるケースが多いので試す価値が非常にあるのは間違いありません。

関連記事:新車値引き交渉「最大値引きを引き出す5つの方法+裏技を公開!」

①まずは高価買取!
買取価格が高くなればその分を新しい車の資金にする事が出来ます。
今やネットで現在の買取価格を知るというのは常識!使わない事程損なことはありません。
その中でもとにかく簡単なのが一括.comです。



現在の状況を入力するだけで、沢山の買取センターからの情報を得る事が出来ます。
要するにその中から一番高い所を選ぶだけということで完結します。

②新車の見積もり
こちらの記事でも記載させて頂いておりますが、競合車の見積もりは一つお持ち下さい。
新車の値引きに関してはどうしても必要になります。
この場合もまるで時間はいりません。1分あればネットで新車のお見積りを出す事が出来ます。

今どんな車がいくらで購入出来るかという興味がある方も是非

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 - 新車値引き