Blog stage

車関連の記事を中心とする趣味趣向の情報ブログです。

新型ホンダフリードの基本スペックをチェック!価格、燃費も丁度いい?

      2016/10/01

スポンサーリンク

ホンダフリードが8年の期間を経てモデルチェンジとなりました。

フリードと言えばCMで「ちょうどいい」を連発しておりますが、実際にユーザーにとって丁度いいのかという所が売れるか売れないかの決め手になってくるのかなと思います。

フリードの位置づけは、ミドルクラスのミニバンであるステップワゴンよりも一回り小さなサイズとなっておりコンパクトミニバンと言うとしっくりくる大きさになっています。

コンパクトとは言っても、3列目にシートが設けられており一応7人まで乗る事が可能となっています。

では、今回モデルチェンジをしたコンパクトなミニバンのフリードについて基本的な内容を確認しておきましょう。

新型フリードの「価格」と「燃費」は?基本的なスペックも注目

一番最初に気になるのはフリードの価格です。

フリード、フリードハイブリッドの価格を見てみましょう。

ホンダ新型フリードの価格は?

新型フリードガソリン車の価格

フリードB (FF)1,880,000円 (4WD)2,096,000円
フリードG (FF・6人)1,980,000円 (FF・7人)2,001,600円 (4WD・6人)2,212,200
フリードG HONDA SENSING (FF・6人)2,100,000円(FF・7人)2,121,600円(4WD・6人)2,332,200円

新型フリードハイブリッド車の価格

フリードHYBRID B (FF)2,256,000円 (4WD)2,472,000円
フリードHYBRID G HONDA SENSING (FF・6人)2,496,000円 (FF・7人)2,517,600円 (4WD・6人)2,728,200円
フリードHYBRID EX (FF・6人)2,656,000円

新型フリードの価格を見てみると、一番購入しやすいベースになるガソリン車のBというグレードが188万円となっており価格の一番高い車両だとハイブリッドGの272万円となっております。

上から下でおおよそ100万円の差がありますので、上記一覧を見て頂き予算と睨めっこしてみてください。

グレード設定はガソリン車、ハイブリッド車共の3種類とシンプルな内容となっておりますが、6人乗りか7人乗りの2択を考える必要もあります。

因みに、フリード+の場合は上記価格にプラス2万円程で購入する事が出来ます。

新型フリードと競合車の価格差は?

コンパクトなミニバンとしてリリースされているフリードの最も強い競合車は恐らくトヨタのシエンタでしょう。

シエンタに関してもモデルチェンジからあまり時間が経過しておらず、サイズや燃費等多くの層に受け入れられ非常に人気の車種となっております。

こちらのシエンタと新型フリードの価格差はどの位あるのでしょうか?

ホンダ新型フリードのガソリン車の価格は188万円~233万円程で、トヨタシエンタのガソリン車の価格は169万円~198万円。

ホンダフリードハイブリッドの価格は225万円~273万円で、トヨタシエンタハイブリッドの価格は222万円~232万円となっております。

全体的に車両本体価格の部分ではフリードよりもシエンタの方が安く購入出来そうです。

ホンダ新型フリードの燃費

価格の次に気になるのは燃費ではないでしょうか?

次は新型フリードの気になる燃費について見ていきましょう。

フリード(ガソリン車) 19.0km/L
フリード(ハイブリッド車) 27.2km/L

ミドルクラスのミニバンでは現状到底この数値を出すのは難しいのではないかと思います。

このサイズだからこそのカタログ値となっておりますが、これから新型フリードに乗る方はどれ位の実燃費を実現出来るかは非常に気になる部分になります。

少し期間をおいてからネット上の声を別途まとめてみたいと思います。

フリードの競合車との燃費を比較

価格と同様に燃費についても競合車種であるシエンタと比較をしてみたいと思います。

フリード、フリードハイブリッドの燃費 19.0km/L~27.2km
シエンタ、シエンタハイブリッドの燃費 20.2km/L~27.2km

競合車との燃費の比較をしてみると、ほどんど大差なしでした。

若干シエンタの方が上といった所ですが、燃費の差はエンジンの所に表れております。

新型フリードはガソリン+ターボエンジンで、シエンタはガソリン+モーターエンジンという訳です。

勿論ターボエンジンの方が燃費を使いますが、走りも楽しみたい方にはターボエンジンは割と具合が良いように感じます。

また、フリードのハイブリッド車に関しては4WDの設定がありそのこの部分はシエンタとの大きな差になります。

ホンダ新型フリードの個人的な感想

ホンダから満を持してモデルチェンジをしたフリードですが、燃費向上とハイブリッドの4WDという部分が大きく変わったのではないかと思います。

他にも最先端の技術を使われていることは言うまでもありません。

競合車との差別化もしっかりされておりますので、ある意味購入しやすい車なのではないかと思います。

最後に、このフリードのコンセプトである「丁度いい」に関して考えてみると、近場への移動からある程度の遠出までしっかりとこなす事の出来る一台です。

小さくてもミニバンというカテゴリに属しており、仮に家族4人のファミリー層であっても移動に困るという事はないでしょう。

何処へ行くにも問題無く走る事の出来るフリードはまさに家族にとって丁度いいコンパクトなミニバンなのではないかと思います。

関連記事:ホンダ新型フリード値引き交渉で成功する方法【最速新車値引き】

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 - ファミリーカー, ホンダ フリード, 車関連 ,