Blog stage

車関連の記事を中心とする趣味趣向の情報ブログです。

新型ソリオバンディットハイブリッドの値引き/燃費/価格/口コミの詳しい情報

      2017/01/01

スポンサーリンク

新型ソリオハイブリッドとソリオバンデットハイブリッドが2016年11月29日に新しくなって発売開始されました。

名前の通りソリオに「ハイブリッド」の設定が追加され、燃費の向上をはかったモデルとなります。

これはスズキではどの車種にも使われているマイルドハイブリッドがフルハイブリッドに強化されソリオのパワーユニットとして使われることになったということになります。

最近では競合車種も出てきている中なので、ある意味発売のタイミングは絶妙といった所でしょうか。

ということで、今回はこのソリオハイブリッド、ソリオバンディッドハイブリッドについて詳しく調べてみました。

スズキソリオバンディットハイブリッドの値引き/燃費/グレード/価格/口コミ

「ソリオ 2016」の画像検索結果

新しいパワートレインを手に入れたスズキソリオについて細かい内容を出来る限り調べてみたいと思います。

ソリオはミニバンならぬプチバンとしての先駆け的な車であり、小さなサイズながら大きなスペースとスライドドア、そしてコンパクトカーならではの低燃費を実現した車となっております。

三列目シートの必要無い、だけど軽自動車では少し狭いというニッチな層にニーズがあり、そういったユーザーの欲しい内容がしっかり詰まった車種となっております。

それではまずスズキソリオハイブリッドの値引き情報からまとめていきます。

スズキソリオバンディッドハイブリッドの値引き情報2016年モデル

ソリオはこれまでラインナップされていたマイルドハイブリッドのソリオはそのままとなっており、追加でハイブリッドの設定が出てきました。

今回はこれまでのマイルドハイブリッドの販売の状況からフルハイブリッドのソリオの値引きに関しては同等と見てよいでしょう。

そうなってくるとソリオバンディットハイブリッドの値引きは15万円~30万円程が相場となってきます。

通常マイナーチェンジやフルモデルチェンジをした車は値引きの金額がかなり抑えられてきますが、今回はこのパワートレインの追加モデルということでそこまで値引きの金額が渋られるということは無いのではないかと思います。

また、競合車種も新しくラインナップされて間もない為完全に打ち合いとなることは免れる事は出来そうもありません。

そういった数ある競合車種との値引き商談も想定の範囲に入ってくるのではないかと思いますので、少し強気でソリオバンディットハイブリッドの値引き商談をしても問題はないと思います。

スズキソリオバンディッドハイブリッドの燃費

・ソリオマイルドハイブリッドの燃費は27.8km/リッター

・ソリオバンディッドハイブリッドの燃費は32.0km/リッター

こちらはカタログに記載のある燃費となっておりますが、実燃費に関しては大よそ6~8割程度になるのではないかと思います。

運転の仕方一つで燃費には差が出てきますが、基本的な低燃費の仕組みが出来上がっている車の方が燃費を節約できる可能性は高くなります。

ソリオバンディッドハイブリッドは同じサイズの車と比較するとトップクラスの燃費性能となっておりますので、燃費に拘りのある方や、燃費を重視される方には非常に良い車種なのではないでしょうか。

スズキソリオハイブリッドバンディットの価格

スズキソリオハイブリッドSXの価格・・・191万7,000円

スズキソリオハイブリッドSZの価格・・・206万2,800円

スズキソリオバンディッドハイブリッドの価格・・・204万6,600円

この3車種が32km/Lで走るハイブリッドのソリオとなります。

これまでのマイルドハイブリッドのソリオの価格はGグレードの145万4,760円~ハイブリッドMZの196万7,760円となっており、割と価格差が大きいように感じます。

マイルドハイブリッド仕様車の中でも上位グレードを検討されるようでしたら新型のハイブリッドとの価格差はあまり無いので迷い無くハイブリッド車の選択をお勧めします。

スズキソリオバンディッドハイブリッドの口コミ

「ソリオ ハイブリッド」の画像検索結果

ミニバン程広くなくて良い、小回りも効く、燃費も良い、スライドドアも付いているというソリオは非常に一定のニーズに応えた車なのではないかと思います。

そんなソリオハイブリッドのオーナーや試乗された方の評価や口コミを調べてみました。

ソリオバンディッドハイブリッドのポジティブな評価、口コミ

・軽自動車では手狭になったので買い替えたが、だいぶ広くなって非常に重宝している。

・3列目シートは大きなミニバンでなければ乗り心地も良くないし、中途半端な3列目も必要性を感じなかったのでソリオを選んだ。

・競合車と比較して割と値引きも多かったのでトータルコストでソリオハイブリッドを選択した。

・街乗りメインで小回りを重視したらミニバンよりも実用性があり、運転が得意ではない奥さんに丁度良い車だった。

・軽自動車と比較したが、長く乗るのであれば子供の成長を見越してソリオに決めた。

・燃費も割と良く、走行性能も公道を走る分には良い。スライドドアは子持ちファミリーには必須だったので自分のニーズに非常にマッチした車だった。

ソリオバンディッドハイブリッドのネガティブな評価、口コミ

・車の価格が高額ではないとは言え高級感はまるで無い。

・時々3列目があれればと思う時がある。

・他の車種と比較していないが、リアシートの乗り心地があまり良くないように思う。

・ハイブリッドとマイルドハイブリッドの見分けが付きにくい。

・グレードにより価格差が大きい。

完璧な車というのは人それぞれ違うとは思いますが、ソリオが許容範囲内に収まる内容の車である方も割と多いようです。

やはりソリオバンディッドハイブリッドを選択される方はファミリー層のメイン、セカンドカーという方が多く、この層からの全体的な評価としては割と高評価のようです。

ソリオバンディッドハイブリッドをもう少し安く購入したいという方が考えたい競合車種

現状ソリオバンディッドハイブリッドの競合車種は

・トヨタ/タンク、ルーミー、シエンタ、アクア

・ホンダ/フリード、フィット

・日産/ノートe-POWER

割と多くの競合車のある車となっております。

ソリオバンディッドハイブリッドを購入検討されている方はファミリー層の方も多く、人がゆったり乗れる、燃費がそこそこ良い、スライドドアが付いている(競合車種の中には付いていない車種もありますが・・・)等のニーズがあります。

この中では最近発売されたトヨタのタンクやルーミーは完全に似た車となっており、一番競合として合致した車種となります。

スズキのソリオバンディッドハイブリッドを購入されるのでしたら、このタンクやルーミーを競合として引き合いに出すのが良いでしょう。

またソリオバンディッドハイブリッドを購入する際の商談の時に安く購入したいのであれば必ずやっておきたい事があります。

それは今乗っている車の買取価格の確認です。

下取り価格と買取価格の差額は、上で記載した競合車種を引き合いに出して得られた新車からの値引き金額よりも大きくなる可能性がかなり高いのです。

しかもソリオの値引き交渉よりも非常に簡単で、今やネット上で即確認する事が出来ます。

これからソリオを購入されている方は事前準備としてぜひネット査定をしていって下さい。

 

その金額差だけで数十万円という差が出る事もありますので、やらなければかなりもったいない事になってしまいます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 - スズキ ソリオバンディッドハイブリッド, 車関連