Blog stage

車関連の記事を中心とする趣味趣向の情報ブログです。

会話力向上で人生が変わる!上手な会話をする為の

   

スポンサーリンク

日常で会話をすることは非常に多く、会話こそが人と人を繋ぐ術であることは皆さんもお分かりかと思います。

会話を上手に出来る事で得られるメリットは多く、逆にしっかりとした会話のやりとりが出来ない方は本当に損をしてしまうケースが多いように思います。

そんな言葉のやりとりである会話を上手にする方法について記事にしていこうと思います。

会話が上手に出来ない人の見られ方

仕事をしていると、仕事の出来る人と出来ない人というのがよく分かります。

まず基礎としてこの会話を上手に出来ているか否かという部分。

結論から言いますと、多くの会話下手な方は仕事が出来ないとみられがちです。勿論例外もあると思いますが、コミュニケーションが取れないだけでなく、客先での会話も聞いていて???と思われているケースがあるのではないでしょうか。

また、客先での会話が上手くいかない場合はお客さんが怒ってしまい、更に焦って会話をすることで余計にお客さんを怒らせてしまうなどというケースも見受けらます。

こうなってしまうと、取れる案件も失敗してしまったりします。

こういった事が頻発すると、営業の方等は数字が残せなかったりするという事もよくある事だと思います。

数字の出せない営業マンは仕事が出来ない。

まさに損をしてしまっています。

会話力向上の為の基礎

では、どうしたら会話を上手にする事ができるのでしょうか。

その辺りを詳しく考えてみましょう。

人の話をしっかり聞く

これは確実に「人の話を聞いていない」から「会話が上手くいかない」という方が多いのではないでしょうか。

相手の言っていることをしっかりと聞いて、理解して、それに対する答えを相手に投げる。こうして会話のキャッチボールをしていくことが必用です。

まずは、相手の話をしっかり聞く事こそが会話上手になる為の秘訣です。

これを無くして会話力の向上はありえません。

会話は考えてするもの

言葉というのは、基本的に反射的に出てきます。

相手を目の前にして会話をする際には、なんとなく言葉が入ってきて、その答えであろう事を相手に返します。

この場合は人の話を聞いてその答えを返しているように見えますが、もうひと捻りしてみましょう。

話す相手を見てみましょう。

色々なシーンが想定されますが、例えば急いでいるお客さんが居るとします。

このお客さんにゆっくり話をしたら、お客さんはどう思うのでしょうか。

「急いでいるのに何故ゆっくり話をするのだろう?」という疑問から、人によっては怒りに変わってしまう場合もあります。

 

では、奥様だった場合はどうでしょうか?

この場合、一緒に暮らしていることもあり「相手は自分の事を少なからず知っている相手」となります。

この場合、何か質問をしてきた時に「何か答えてもらいたい、言ってもらいたい事があるのでは?」というように考えて会話することで穏便に会話をする事が出来ます。

 

相手が目上の人の場合はどうでしょうか?

この場合、上司や会社の社長等というケースがあります。

この場合は、確実に2手3手を先読みした会話をする事が求められます。

また、失礼のないように上手な日本語を使い、その会話力を評価してもらえるようにしましょう。

頭の回転の速い人は、頭の回転の速い人と会話をするのが楽しく感じます。

目上の人との会話は、その先にこんな返しがあるだろうということまで想定した会話が出来れば良い評価を得られるケースがあります。

 

今回は3つの例を取り上げましたが、いずれも何も考えずに会話をすると後で痛い目を見る場合を上げってみました。

会話はコミュニケーションの為のスキルとして、人と係る以上は必要なスキルであり、それに応じて周囲の評価というのは大きく変わります。

皆さんの周りにも会話の上手な人と、そうでない人が居るかと思いますが、出来る限り会話の上手な人と話をする機会を増やして自分のスキルとして取り入れてみて下さい。

周囲の評価が変われば、人生も変わります。

モテなかった人がモテる、仕事で数字の上がられなかった人がガンガン数字を上げる、評価されていなかった人が評価されるようになる。かもしれません。

皆さんも自分の会話を見直してみませんか?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 - ビジネス関連