Blog stage

車関連の記事を中心とする趣味趣向の情報ブログです。

人気のミニバン2016年版!セレナ、ヴォクシー、ステップワゴンを完全比較

      2016/10/27

スポンサーリンク

2016年8月に日産セレナがモデルチェンジをしてデビューしました。

現状ファミリーカーとして非常に人気の高いセレナを含む3車種について比較内容をまとめておきたいと思います。

これからミニバンを検討される方はそれぞれが競合車種となりますので必見の内容になるのではないかと思います。

ミニバン比較2016年版!トヨタヴォクシー、日産セレナ、ホンダステップワゴンを完全に比較

「セレナ ハンズフリーオートスライドドア」の画像検索結果

現状は一時期あったミニバンブームとは少し状況が違い、純粋に家族持ちのユーザーがミニバンを必要としている状況となっております。

荷物がしっかりと入り、遠出の時にもそれなりの走行性能を持ち合わせ、勿論人も7~8人乗せる事が出来る。

若いファミリー層にはサイズも内容も非常に優秀で、家族が出来たらミニバンを検討するという方は非常に多いです。

そんなミニバンの中でも非常に人気の高い車種が「トヨタヴォクシー」「日産セレナ」「ホンダステップワゴン」の3車種になります。

このミドルクラスのミニバンについて今回は完全な内容の比較をまとめていきたいと思います。

①ミニバン価格を比較

まずは価格差がどれ位あるのかについてまとめてみたいと思います。

トヨタヴォクシー 2,284,691円~3,321,000円
日産セレナ 2,435,400円~3,616,920円
ホンダステップワゴン 2,288,000円~3,184,400円

車両本体価格を見てみると、トヨタヴォクシーが一番安く購入出来そうです。

ホンダステップワゴンに関しては上最上位グレードの価格は抑えられており、そこそこのグレードであればヴォクシーよりも安く購入できるケースが出てきそうです。

日産セレナに関しては最上位グレードが361万円と、かなり高額な設定となっておりますが、最新のミニバンで内容も最先端といった所でしょうか。

今回の3車種のミニバンの中では、ヴォクシーとステップワゴンはそこまで金額は変わらずで、日産セレナだけは少し金額が高額になりそうな状況となっております。

②ミニバンの燃費を比較

価格の次は燃費の比較をしてみたいと思います。

トヨタヴォクシー 15.0km~16.0km/リッター
トヨタヴォクシーハイブリッド 23.8km/リッター
日産セレナ 15.0km~17.2km/リッター
ホンダステップワゴン 17.0km/リッター

燃費に関してはハイブリッド仕様車のあるヴォクシーが断トツで燃費が良さそうです。

セレナに関してはこの中で一番最後に発売された車種となりますので、もう少し燃費の面では頑張って欲しかったといった所でしょうか。

ステップワゴンは同クラスのミニバンの中で初めてダウンサイジングが行われターボエンジンが採用されております。

ターボ車の燃費は、印象的にあまり良いイメージはありませんでしたが、他の2車種のガソリンエンジン車と比較しても割と良好な数値なのではないかと思います。

③ミニバンのサイズ比較

3車種のサイズについて見ていきたいと思います。

同じミドルクラスのミニバンになりますので、そこまで差の無い部分だと思いますが数値的にはどれ位違うのか見てみましょう。

  全長×全幅×全高
トヨタヴォクシー 4,710・1,730・1,825
日産セレナ 4,690・1,695・1,865
ホンダステップワゴン 4,735・1,695・1,840

予想通りそこまでサイズは変化はありませんが、細かい部分を比較してみると「全長が一番長いのがホンダステップワゴン」「横の幅が広いのがトヨタヴォクシー」「高さが一番高いのが日産セレナ」となっております。

いずれも大きな差がある訳ではないので、この3車種のサイズで車を選択するというのは非常に難しいのではないかと思います。

④ミニバンの特徴で比較

ここまであまり大きな差が見られず、決め手に欠けるのではないかと思いますがそれぞれの特徴を見てみる事で印象が変わってくるのではないかと思います。

ということでヴォクシー、セレナ、ステップワゴンの主な特徴を見てみたいと思います。

トヨタヴォクシーの特徴

トヨタヴォクシーの特徴としては、この中3車種の中では一番燃費の良いハイブリッドの設定があるという所になります。

燃費比較の所でも確認出来ている通り他の2車種よりも6km/リッター程走るミニバンとなっております。

他の2車種でもハイグレードの物と比較した場合はコストパフォーマンスに優れており、お財布の紐の固い子供の居る家族には経済的な面で非常におすすめです。

HYBRID ZS。ボディカラーのホワイトパールクリスタルシャイン〈070〉はメーカーオプション。オプション装着車。

また、若いファミリー層に人気があり、エクステリアの評価は非常に高くなっております。

日産セレナの特徴

日産セレナに関しては話題の自動運転システムである「プロパイロット」が搭載されているグレードがあり、大きな注目を浴びております。

また手を使わなくても開くハンズフリーオートドアは足元にセンサーが搭載されており荷物を持った状況でもドアを開く事が可能。

オープン時

さらにトランクの窓の部分が開くデュアルバックドアは小さな荷物を入れるには非常に便利となっております。

小さなドアを、もうひとつ。いつでもどこでも、気軽にオープン。

そのほかにも、ガソリンの給油の際にフタを開くことなく給油出来る給油口なんていうのも日産初で装備されています。

キャップレス給油口

「技術の日産」をかなり見せつけたセレナは中身も非常に積み込まれております。

今回の3車種のミニバンの中では特徴のある車種なのではないかと思います。

ホンダステップワゴンの特徴

最後にホンダステップワゴンの特徴を見てみたいと思います。

ステップワゴンは同クラスのミニバンの中でも初めてダウンサイジングターボを採用しているという所が一番の違いとなっております。

また、賛否両論ありますがバックドアが横に開くワクワクゲートは他のミニバンには無い特徴となります。

「ステップワゴン わくわくゲート」の画像検索結果

ヴォクシー、セレナ、ステップワゴンの特徴

3車種のおおまかな特徴をまとめてみました。

それぞれ他の車種とは違う部分がありましたが、良くも悪くもヴォクシーは一番特徴らしい特徴が無いように感じてしまいました。

逆に日産セレナに関しては色々な装備が目新しく、新鮮さを非常に感じるミニバンとなっております。

基本的な部分がそこまで変わらないので、どういった装備に魅力を感じるかというのはミニバンを選ぶにあたって大きく左右されるのではないかと思います。

ミニバンの値引き額を比較

次に購入するに当たってどの車種がどれ位の新車値引きを引き出せるのかという相場を調べてみましたので、参考にしてみてください。

車種 新車値引き相場
トヨタヴォクシー 25万円~40万円
日産セレナ 10万円~15万円
ホンダステップワゴン 20万円~40万円

こちらを見て頂いてわかるように日産セレナは発売から間もない為か、非常に値引きをしてもらいにくい状況にあるようです。

ヴォクシーとステップワゴンは同等の価格程の値引きが引き出せており、セレナと比較するとだいぶ差があります。

セレナは車両本体価格も一番高額であった為、初期費用という意味では他の2車種と比較すると割と高く感じてしまうかもしれません。

新車値引きに関しては、こちらのブログで色々と記載させて頂いておりますが、今回のこの3車種はまさに競合車種となります。

欲しいミニバンと競合させるミニバンを検討して値引き商談のネタに使われる方も割と多いのではないかと思います。

また、現在ミニバンを検討されている方で、出来るだけ車を安く買いたいとお考えの方が、新車の値引き商談と平行して、下取り価格を引き上げる事も大きな差が出ます。

下取り価格を引き上げたい場合は皆さんがやられているように、ネットで今自分の車がいくらで買い取って貰えるのかという事をしっかりと把握しておく必要があります。

自分の車の現在の価格を知りたいという方はネットで簡単に知る事が出来ますので、調べてみてください。

*こちらから公式ホームページへ移動します。

ミニバンの比較をしてみましたがいかがでしたでしょうか?

是非ご参考にして頂けたらと思います。

関連記事:ホンダ新型ステップワゴンスパーダの値引き情報最新版!ミニバンをもっと安く購入する方法

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 - トヨタ ヴォクシー, ファミリーカー, ホンダ ステップワゴン, 日参 セレナ, 車関連 , , ,