Blog stage

車関連の記事を中心とする趣味趣向の情報ブログです。

人気のファミリーカー!ママにもおすすめな丁度いい車2選

      2016/08/08

スポンサーリンク

家族で使う車はどんな車が良いのか?

今回はファミリーカーとして人気のある車やお勧めの車について徹底検証してみることにしました。

ファミリーカーと言えばママが乗るというケースも出てきます。

条件として「乗りやすい」「スペースがしっかり確保されている」また、経済的にもお財布の負担がなるべく軽いものが好まれるのではないかと思います。 そんな視点からファミリーカー選びの参考にしていただければと思います。  

ママにも人気の乗りやすいファミリーカー

乗りやすいというのは人それぞれだと思いますが、運転がしやすいという意味ではあまりにも大きすぎる車というのは少し運転が大変になるケースもあります。

スーパーの駐車スペースの車と車の間へバックで駐車する時なんかも、大きい車になると前も後ろも必要以上に注意しながら駐車することになりますね。

慣れてしまえば大した事はありませんが、運転があまり得意ではない方にとっては出来るだけ避けたいシーンになります。

ミニバンほど大きくなく、それでもファミリーカーとしてのスペースも確保できる車はどんな車なのか?

ホンダのフリードはどう?

freed ホンダのフリードは上で記載した内容をある程度網羅している車種だと思います。

サイズは小さからず、大きからず。 スペースもある程度確保可能。

ジャンルで言うとコンパクトミニバンといった所でしょうか。

フリードの詳細特徴:フリードはシートタイプが2種類。

ホンダのフリードは「7人乗りシート」か「6人乗りシート」を選択できます。

まずは6人乗りについては、キャプテンシートとなっております。 furi-do 2列目が独立しており、チャイルドシートは設置しやすくなっています。 freedbe 7人乗りは2列目、3列目共にベンチシート仕様。

この辺りは好みで選んで頂くのが良いと思いますが、強いてお伝えするとすればこの車で4人以上の人を乗せるとなると非常に狭く、3列目は基本的に畳んで荷物を入れるスペースにしている方が殆どです。

金額を考えると6人乗りの方が安価で購入が出来ます。

因みにホンダフリードの価格の底値を見てみますと・・・。

6人乗りは1,746,000円~

7人乗りは20,124,00円~

となっています。

  トランク部分は天井が非常に高い設計となっているので、子供のまだ小さい家族であれば小さ目のベビーカーであればたたむことなく積む事が出来ます。

あと気になるのは燃費となりますが、フリードは1.5リッターの設定と1.5+ハイブリッドがあります。

ハイブリッドは「21.4km/リッター」

ガソリン車は「16.0km/リッター」

こちらがカタログ値となっていますが、無理な運転をしなければおおよそ6~7割程度の燃費と考えておけば大丈夫かと思います。

フリードについて全体的にまとめると、価格は軽自動車の高いグレードのものと同等位の金額から購入できて、全体的に割と広めのスペースが確保されています。

燃費はまぁまぁといった所で、合格点の多い優秀な車種といった所でしょう。 価格:★★★★☆

燃費:★★★☆☆

スペース:★★★★☆

運転のしやすさ:★★★★★

トヨタのシエンタはどう?

トヨタからは最近発売開始されたシエンタが人気のようです。なんと現在6ヶ月待ちという並びに並んで購入する車となっています。 shienta トヨタは最近この色を押しているようで、様々な車種で設定があります。

プリウスもこの色がありますので、理由を調べてみると、夏場の暑い日ざしをカットする特殊なカラーである事が判明しました。

実際に体感してみていないので何とも言い難い部分ではありますが、色の拘りというよりも、性質的にこだわった色として使われている模様です。

白、黒、シルバーに飽きた方にお勧めするには割と明るくかつメリットのあるボディーカラーとなっています。

シエンタの特徴:価格は抑えてありますが、燃費もよい。

居住空間を最大限にした、コンパクトなファミリーカーといった所。 フリードとは異なり、シエンタは7人乗りの設定のみだが、価格は1,689,709円~となっている。

勿論ハイブリットも用意されている。

ただ、燃費はガソリン車でも20.6km/リッターとなっており、ハイブリットの設定にしなくても充分な燃費となりそうである。

ちなみにハイブリットであれば27.2km/リッターである。

シエンタのトランクに関しては横幅が80mmフリードより広く、縦の長さが60mmフリードよりも短い。

ミリ単位の話しになるので、正直なところ大きな荷物がもう一つのるとかいう藩士ではないので目をつぶってもいいような長さになる。

実用性という意味ではフリードと同様でコンパクトなミニバンと言えるサイズとなっており、勿論子供の居るママという方にはもってこいの車である事は言うまでもない。

新しい分フリードよりも全体的なバランスも良く、価格も抑えられておりかつ燃費も良い。

6ヶ月待ちというのも恐らくこういった子供の居るママが乗るというケースが想定された購入であることも簡単に想像できる。

このシエンタであれば、多少子供が大きくなっても特に困る事もおきなさそうである。

価格:★★★★★

燃費:★★★★☆

スペース:★★★★☆

運転のしやすさ:★★★★★

ホンダフリードとトヨタシエンタはママに丁度いい車

ということで、今回はホンダフリードとトヨタシエンタのご紹介でした。

サイズは小さめ、燃費はまぁまぁ、車両本体価格もミニバン程ではないといった内容となっております。

同サイズの車種はまだ他にも多少ありますが、人気車種で決めるのであればこちらの2車種を検討してみる事は間違いないのではないかと思います。

余程の遠出でなければ走ること自体も問題はないでしょう。 

ただ、ファミリーカーとしてどうしても外せないのがミニバンです。

アウトドアでキャンプをしたりバーベキューをしたり、よく外出される方にはもしかすると箱型のミニバンの方が適しているかもしれません。

ということで次はミニバンってどうなの?

というところを完全比較してみました。

続きを読む→ママにも人気なファミリーカー!定番のミニバンを比較

人気記事:トヨタノア、ヴォクシーの値引相場は?限界値引きと安く購入する方法

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 - ファミリーカー