Blog stage

車関連の記事を中心とする趣味趣向の情報ブログです。

マツダCX-5のグレード選びはコスパと快適性どちらを選ぶかが鍵!

      2017/03/01

スポンサーリンク

人気がうなぎ上りのマツダのSUV「CX-5」ですが、購入を検討されている方を悩ませるのがグレード選びです。

ガソリンエンジンとディーゼルエンジンどちらが良いのか?

レザーシートのパッケージのあるものがいいのか?

欲しい車のグレード選択は楽しくも悩ましい部分だと思います。

そんなお悩みをお持ちの方へ、今回はこのCX-5のグレードについて詳しく見ていきます。

マツダCX-5のグレードはどれを選ぶ?ガソリン車とディーゼル車それぞれの価格とメリットとデメリット

「CX-5」の画像検索結果

まずはCX-5のグレードと価格を一覧にしてみておきましょう。

CX-5のグレードを価格から選ぶ

ガソリン【SKYACTIV-G】グレード一覧

・20S・・・2,462,400円(2WD)

・20S PROACYIVE・・・2,689,200円(2WD)

・25S・・・2,689,200円(4WD)

・25S PROACTIVE・・・2,916,000円(4WD)

・25S L Package・・・2,986,200円/3,213,000円(2WD/4WD)

クリーンディーゼル【SKYACTIV-D】グレード一覧

・XD・・・2,775,600円/3,002,400円(2WD/4WD)

・XD PROACTIVE・・・3,002,400円/3,229,200円(2WD/4WD)

・XD L Package・・・3,299,400円/3,526,200円(2WD/4WD)

CX-5のグレード選択と価格に関するポイント

CX-5はガソリンエンジン車が5種類、クリーンディーゼル車が3種類のグレード構成となっております。

CX-5を車両本体価格でグレード選びをする場合に注目したい部分がいくつかあり、その辺りをポイントでまとめてみます。

・ガソリン車は25S以上のグレードから4WD設定あり。

・クリーンディーゼル車は全てのグレードで2WD、4WDの選択が可能。

・2WDと4WDの価格差は26万円程の差がある。

・ガソリン車20SとクリーンディーゼルXDの価格差は313,200円となっている。

選択するグレードによる価格差はそれなりに大きく、また2WDと4WDで迷った場合にも価格差が出てきます。

CX-5のグレードを価格から選ぶ場合には、先に予算を決めてから選ぶのが一番簡単に選択する事が出来そうです。

CX-5のグレードを性能で選ぶ

次に価格は少し置いておいて、性能で選ぶ場合についてです。

勿論最上位のグレードを選ぶのが一番手っ取り早い方法ではありますが、必要な性能だけを求めた場合にはどのグレードが一番合うのかを検討する材料にして頂きたいと思います。

CX-5を燃費で選ぶ場合

ガソリン車の燃費は14.6km/L~16.0km、ディーゼル車の燃費は17.2km/L~18.0km/Lとなっております。

ガソリンスタンドでの給油回数をより少なく、燃料費をより安くと考える場合にはクリーンディーゼル車の方が有利な数値となっております。

給油タンクも56Lか58Lで満タンとなっており、どれを選んでも2Lしか変わりありませんので、この部分はそこまで影響をしない部分なのではないでしょうか。

→購入後の燃料費を抑えたい場合は単純にクリーンディーゼル車を選ぶのが正解です。

CX-5を走行性能で選ぶ場合

一般的な評価を参考にした場合は、走りのパワーやトルクはやはりクリーンディーゼル車が良いでしょう。

ただ、20Lガソリン車がそこまで悪いかと言われるとそうでもありません。

競合のハリアーやエクストレイルのガソリン車は2.0Lエンジンを積んでおり、勿論街中を走る場合は問題は無く、高速道路を走るのも速度が安定してくればCX-5も他の競合車も変わらないといった所になります。

クリーンディーゼルの余裕のある走りを体感し、そこに魅力を感じる方とそうでない方でこの走行性能で選ぶ場合の基準は変わってきます。

→走りに余裕があり、走りをより楽しみたい方にはクリーンディーゼル車が一押しです。

CX-5 PROACTIVE(プロアクティブ)とは?

CX-5のグレードの中にはPROACTIVE(プロアクティブ)とそうでないノーマルグレードがあります。

その差の基本的な部分は安全装備の部分となっております。

CX-5の安全装備は主に3つに分かれており「危険認知支援技術」「運転支援技術」「衝突回避支援・被害軽減支援技術」があります。

PROACTIVE(プロアクティブ)のグレードにはこういった安全装備が充実しており、安全装備を重視される方は積極的に選択したいグレードとなっております。

CX-5ガソリン車とクリーンディーゼル車のメリットとデメリット

「CX-5」の画像検索結果

次にCX-5のガソリン車とクリーンディーゼル車のメリットとデメリットがどのような所にあるのかを確認してみましょう。

ガソリン車のメリットとデメリット

〇クリーンディーゼル車よりも車両本体の価格が安い。

〇価格の違うクリーンディーゼル車と見た目が変わらない。

×クリーンディーゼル車より燃費が悪い。

×クリーンディーゼル車よりもパワーが劣る。

ガソリン車の最大のメリットは本体価格の違うクリーンディーゼル車と見た目は同じで安く購入出来る点にあります。

特にガソリンエンジンの車とクリーンディーゼル車の走行性能を比較しても走りに関して問題無いと感じる方はガソリンエンジンの車を購入してもある程度満足出来ると思われます。

クリーンディーゼル車のメリットとデメリット

〇燃料費がガソリン車よりも安く済む。

〇トルクフルな走りを体感できる。

〇エンジンの耐久性はガソリン車よりも良い。

×ガソリン車よりも振動が大きい。

×エンジンオイルは少し高額である場合が多い。

×車両本体価格はガソリン車よりも高い。

マツダの技術により多くの部分をクリアにしたスカイアクティブDであっても、多少のデメリットは避けらません。

特に車両本体価格が高額になってしまう分部に関しては致し方ないとは言え、ガソリン車のグレードを一つ上げる程の価格差になっているのでここが一番悩ましい部分です。

それでもメリットもしっかりあるので選択する際には何処を重視するかによって必然的に決まってきます。

マツダCX-5を選ぶならどのグレードがおすすめ?

最終的にCX-5を選ぶのであればどのグレードが良いのか?という所になりますが、コストパフォーマンスが一番良いと思われるのは「XD」ではないかと思います。

価格は270万円台で、値引き価格によっては乗り出し価格がこの金額に近いものになります。

安全装備は充実しているとは言えませんが、そもそも安全装備は支援する為のものであり、ハンドルを握るドライバーがしっかり前を見て安全運転をすれば済む話になります。

勿論、このグレードを選択した場合は燃料は軽油で済むので燃料費も国産車としては安価な部類になります。

それでいて、トルクフルで快適な走りを体感できるという最高のパフォーマンスのグレードなのではないでしょうか。

ご検討中でグレードに関して迷っている方はこちら是非参考にしてみてください。

関連記事:【マツダ新型CX-5の値引き】一番安く購入する方法を知っていて損は無い

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 - マツダ CX-5, 車関連