Blog stage

車関連の記事を中心とする趣味趣向の情報ブログです。

マツダCX-3の評価、口コミまとめ!CX-3は買いなのか?

      2017/02/17

スポンサーリンク

クリーンディーゼル車が徐々に広まって行き、小型SUVを導入してヒットを出したマツダCX-3。

ディーゼル車にずっとつきまとっていた「音がうるさい」「排気ガスが多く、地球環境を汚す」などのマイナスイメージを技術革新により払拭させました。 

クリーンディーゼル車は今ではガソリン車よりもCO2排出量は少なく、また、PMなどの微粒子も極小にまで抑えられ、ディーゼル車の問題点であった環境にも充分に配慮されています。

最近世間を賑わせていた某国の排ガス規制問題を不正なしでクリアできていたのもマツダだけ。

ディーゼルエンジンをここまで静かに、かつ環境にも優しいエンジンにできたのは、マツダの技術力がなせる技だったのです。

 

マツダCX-3を実際に乗ってみた人の声は?

マツダCX-3を手放しで賞賛する声は、2015年の2月に発売されてから多く寄せられていますね。

実際にマツダCX-3を買ってみた、乗ってみた人は本当はどう思っているのでしょうか?

音に関してはガソリン車に軍配

マツダCX-3の試乗動画を見てみると、エンジン音はガソリン車とほぼ同等です。

ドライバーは「少しカラカラ音がする」とは言っていますが、運転を邪魔するような騒音ではなさそうです。

ですが、他の試乗体験者の声は、エンジン始動時はかなり大きな音がするとも言っています。

さらに、走行中も気になって運転に集中できないとも。

ディーゼル車に慣れていない人は違和感があるようですが、乗っていく内に慣れてくるようです。

ディーゼル車は、低速度では音が大きく、中速度または高速度では逆に音が静かになる特徴があります。

逆にガソリンは低速は静かですが、高速になるとエンジン音は大きくなります。

ハイブリッドやガソリン車に比べると、まだまだ音は大きいようですが、乗用車として問題ない音のようですね。

マツダの誇るエンジン静音化技術「ナチュラルサウンドスムーザー」はオプションになりますがこれがあれば、ディーゼル特有の音はさらに抑えられるようです。

音がやっぱり気になるという人は、ナチュラルサウンドスムーザーをつけてみてもいいかもしれません。

後部座席と荷室は狭い

マツダCX-3は小型のSUV車として売り出しています。

内部を見てみると、革張りのシートの高級感に圧倒され、座り心地も抜群。

しかし、後部座席は少し狭いようです。

荷室(ラゲッジルーム)は普段の買い物やちょっとしたレジャーは問題ありませんが、コンパクトSUVとは言え、従来のSUVを基準に考えると、かなり物足りないという人も多いようです。

家族連れならば、小学生までのお子さんなら大丈夫ですが、大人4人は結構きついようですね。 

外装、内装は最高!

マツダCX-3の売りは、何と言っても洗練されたデザイン。

写真だけでも高級感と存在感は目を見張るものがあります。

マツダCX-3は、外観の美しさで選ばれている面もあります。

しなやかなボディと切れ長のライト、「匠塗」と呼ばれる特殊なメタリックカラー。

実物を見て惚れ込んで買う人も少なくないとか。 

内装は座席が革張りです。

基本的に合皮ですが、最高グレードのXD Touring L Packege(ツーリングLパッケージ)は何と本革!

高級感と座り心地は、機能もデザイン性も見事に取り入れたと実感できることでしょう。

単なる革張りではなく、合皮のグレードの場合は、革のカラーにこだわっています。

何と100種類以上のカラーからマツダCX-3に合う色を組み合わせているのです。

真っ白、真っ黒ではなく、アクセントにカラーで洗練された内装に。

降りた時にちらりと見える高級感がニクイですね。

さらに、運転に集中できるよう、運転情報はハンドルを握った時の視界にすべて入るようになっています。

マツダコネクトももちろんあります

7インチディスプレイで、手持ちのスマホと連携させたり、マツダコネクト用のナビゲーションSDカードを使えば、最新式のカーナビに。

データは更新できるので、常に新しい情報でドライブが可能です。

マツダCX-3まとめ

CX-3の良い部分を簡単に挙げると・・・

クリーンディーゼルの利点を最大限に生かしている。

外装、内装は洗練された上に機能性も抜群で運転も快適。

もちろん安全設計も万全。

小回りも効くので街乗りでも、悪路も急坂も楽々。

CX-3の評価の低い部分を敢えて記載するとすれば・・・

車体価格は高めで、できるだけ安く抑えたいのなら、車体価格の交渉よりも車の下取り交渉がネックとなる。(それでも300万円台で400万クラスの車のクオリティ)

エンジンがかなり静かになったとは言え、運転に相当慣れてないと気になってしまうかもしれない。

コンパネは最高だけど、後部座席とラゲッジルームは物足りない。

ネットの声をまとめると、こんな感じでしょうか。

一番確実なのは、実際に自分の目で確かめることですね!

マツダのお店で実際にマツダCX-3を見て、できれば試乗してみましょう。

できればオプションであるナチュラルサウンドスムーザー付きのCX-3を試乗してみましょう。

人気記事:マツダCX-3を値引きするには?強気のマツダから値引きをする方法

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 - マツダ CX-3, 車関連