Blog stage

車関連の記事を中心とする趣味趣向の情報ブログです。

ホンダ新型フリード値引き交渉で成功する方法【最速新車値引き】

      2016/12/06

スポンサーリンク

こちらの記事ではホンダの新型フリードを出来るだけ安く購入する為の新車値引きの交渉に関する情報を記載しております。

フリードがタイミングよくモデルチェンジしたから気になるという方から、今回のモデルチェンジを待っていた方までご参考にして頂けたら幸いです。

ホンダフリード新車値引きの方法!どうせ買うなら最安で購入したい!

ということで、あまり新車を購入した事の無い不慣れな方には大いにお役に立てるのではないかと思います。

新車の購入は買う人によって多少金額が変わってきます。

これはフリードの値引き金額も同様の事が言えます。

今回発表された新型フリードも例外ではなく、交渉の仕方や選ぶグレード、タイミング等によって数十万円の差が出る場合もあります。

基本的にモデルチェンジやマイナーチェンジをして間もない車に関しては、値引きが少ないというのが知れ渡っており、半ば諦めモードで交渉されるかたも居るのではないかと思います。

そんな発売から間もない車種であっても出来る限り安く新車を買いたいという気持ちは皆さんお持ちなのではないかと思います。

今回はそんな発売から間もない新型フリードはどうしたら最安値になるのかという所を完全に熟知して頂きたいと思います。

新型フリードを新車で値引きする際に必要な5つのポイント

今回はこの新型フリードの購入にあたって5つのポイントに分けて内容を記載していきたいと思います。

①フリードを購入するディーラー、店舗を考える。

②競合車種がるのかを調べる。

③フリードの値引き目標金額を設定する。(自分なりに決める)

④契約の最後にさらなる値引きをしてもらう。もしくは何かをサービスしてもらう。

⑤今乗っている車を下取りに出すか買取に出すかを検討する。

フリードを購入するディーラー、店舗を考える

ホンダのディーラーはホンダカーズ○○という店舗名が基本となっております。

この名前の店舗であれば新型フリードの購入をする事が出来るのですが、ホンダカーズは基本的に代理店営業というような形状となっており、○○の部分が違えば違う代理店で運営されていると考えて良いでしょう。

例えば「ホンダカーズ埼玉」と「ホンダカーズ埼玉南」は違う会社で運営されていたりします。

恐らく皆さんの周囲にも何店舗かのホンダカーズがあると思いますが、ホンダカーズの後に続く名前の違いで見分けて頂きたいと思います。

また、どこのディーラーを選ぶべきかという所についてですが、値引きをしっかりする店舗と、値引きをあまりせずに営業力で動かしているディーラーがあります。

一例を挙げると、大きな代理店と小さな代理店があり、両方のホンダカーズに行ってみると、大型のディーラーではあまりお客を相手にせずカタログだけ渡す店舗で、近くにある小さなディーラーに行ってみるとかなり親身になって話しを聞いてくれたりなんていう例もあります。

これはほんの一例で、店舗が大きいからフリードの値引きが少ないとか小さいから値引きが多いとかいう事でもありません。

一先ずフリードを出来る限り安く購入したい場合は、近くのディーラーへは両方の店舗に訪問してみるのが一番最善の方法と言えます。

②新型フリードに競合車種があるのかを調べる

新型フリードの競合車はどの車種なのかという所は既に把握していらっしゃる方が多いのではないでしょうか。

雑誌やネットを見てみると、フリードの最強の競合車種はトヨタのシエンタとなります。

ただ、シエンタだけが競合という訳ではありません。

価格帯の近い車種や、サイズの近い車種、場合によっては軽自動車でも検討しているということであれば競合と考えてもらえる場合もあります。

フリードがどうしても欲しくて、他の車種は特に検討していないということであれば、値引きのネタとしてはシエンタが一番近い車種となりますので、見積りを取ってみるのもフリードの値引きの材料となる可能性は充分にあります。

③フリードの値引き目標を決める

新型フリードに限らず、新車の値引きに関しては多ければ多い程良いのは誰しもが思う事だと思います。

しかし、車の値引きというのはメーカー側の施策や、キャンペーン等である一定の数値までと決められている場合も多いです。

今回モデルチェンジをしてから間もないというのもあり、ここ数ヵ月は大きな値引きを期待することはできないでしょう。

ここで知っておきたいのは新型フリードの値引き相場です。

発売から間もない現状でどれくらいの値引きが出来ているのかを調べてみました。

新型フリードの値引き相場はおおよそ5~8万円となっておりますが、中には既に20万円程の値引きに成功している方もおられるようです。

出来ればこの20万円の値引きを目指したい所ですが、少し長期戦になる可能性もあるので急いでいる方は特にこちらの記事を読み進めて下さい。

ということで「これ位の値引きであれば判子を押す」という金額は状況によって検討して頂きたいと思いますが、15万円程を目指すのはありではないかと思います。

④契約の最後にさらなる値引きをしてもらう。もしくは何かをサービスしてもらう。

さて、ある程度話しはまとまってフリードの値引きの金額もある程度まとまった。

後は契約をするだけ。

営業マンの方はこのタイミングが一番緩い状態になっております。

もう契約は取れたも同然の時に、最後に「これだけやってもらえたら契約の判子を押します」という最後のお願いを検討しておきましょう。

新型フリードの場合、もともと値引きは控えめなはずですのでオプションサービスで何かをお願いするとか、車のコーティング、納車時のガソリン満タン等が了承してもらいやすい内容なのではないかと思います。

このタイミングで突拍子もないお願いをすると、白紙になってしまう可能性もあるので、内容としてはライトな内容のお願いをするのが良いと思います。

間違ってもあと10万円の値引きを・・・なんていうお話はされない方が賢明です。

⑤今乗っている車を下取りに出すか買取に出すか検討する

恐らくディーラーに足を運んだ際に、試乗と下取り価格の確認は同時にされる方が多いのではないかと思います。

個人的な成功事例としては、下取り価格を確認する前。

つまり、ディーラーに行く前には必ず買取価格を調べておくことをお勧めします。

ただでさえ値引きの少ないフリードを購入する訳ですので、別の部分で補うような形をとりたいところです。

実際の所、新車の値引き価格よりも、下取り価格と買取価格の差の方が大きかったりするケースもあり、僕の場合はここの差が20万円も違いました。

今乗っている車によって金額の差は違ってきますが、中古車市場は常に価格の変動がある為一日でも早い方が高い金額で買い取ってもらえる可能性が非常に高くなります。

今ではネット査定という、誰でも手軽に自分の愛車の金額を知る方法がありますので、こちらを利用すれば手間無く買い取り相場を知る事が出来ます。
こちらが僕の車を買い取り査定に出した際に20万円も差が出た査定比較.comの公式サイトとなります。

是非利用してみてください。

新型フリード値引きのまとめ

フリードの値引きに特化した内容を記事にしてみましたがいかがでしたでしょうか。

流れとしては、上に記載させて頂いた内容を把握していただければ相場程度の値引きを引き出す事は可能かと思います。

あとは、ディーラーに行ったときに対応して下さる営業マンと上手に差し支え無い商談が出来れば問題は無いと思います。

近場のホンダカーズには一通り回ってみて、対応して下さった営業の方の印象で店舗を決めるというのも一つの手となります。

また、下取りと買取は出来るだけ市場の最高額を目指して話をする事をお勧めします。

少なくとも下取りだけの金額を聞いて、そのまま出してしまうというのは非常にもったいない事になります。

特にフリードの場合は値引き金額がまだあまり大きくないというのは車を購入するにあたって非常に高額での購入となってしまいます。

なので、その部分を埋めるべく下取りだけではなく買取の価格もしっておいていただきたいと思います。

これまでの確実に、100%の確率で買取価格の方が高かったという経験もしておいります。

公式サイトはコチラ。

是非ネット査定を使ってみてください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 - ファミリーカー, ホンダ フリード, 車関連