Blog stage

車関連の記事を中心とする趣味趣向の情報ブログです。

ホンダ新型オデッセイ・ハイブリッドの新車値引き情報2016年!最安値で購入

      2016/08/09

スポンサーリンク

ファミリーカーとして割と人気の高いホンダの新型オデッセイは、フルモデルチェンジが大成功をおさめております。

以前ほどの低重心でシャープな雰囲気はないものの、ファミリーカーとしての居住性や基本性能は以前の形のものよりも断然使いやすくなっております。

そんな新型オデッセイ、オデッセイハイブリッドをこれから購入検討されている方が如何にして値引きをしてもらい、安く購入するかについての内容になります。

オデッセイ・オデッセイハイブリッド値引き情報!一番安く購入する方法

新型オデッセイは車格が上がっており、前モデルよりも価格が上がっております。

ミニバンとしては競合車として一番有力な車種がトヨタのエスティマ辺りになっております。

ファミリーカーとして購入するにあたって、お財布の中身を考えると少しでも安く購入できるというのは非常に良いことだと思います。

想定していた金額よりも安く購入できた場合は、今後に備えて貯金することも出来ますし、新しく納車された新型オデッセイで旅行だって出来たりするかもしれません。

車は大きな買い物になりますので、何か策を立てて購入した時とそうでない時の差は非常に大きくなるケースが多いです。

ということで、どうせ購入するなら少しでも安く、満足のいく内容で購入できるようにしてみませんか?

こちらの記事では、しっかりとオデッセイを安く購入できる方法について内容を詰めておりますので、少しお付き合いください。

新型オデッセイ、オデッセイハイブリッドの値引き事情

まずは新型オデッセイの値引きがどれ位出せるのかについてしらべてみましたので以下ご参考にしてください。

車種 値引き額
オデッセイ 25万円~60万円
オデッセイハイブリッド 15万円~30万円

注目したい項目の1つ目はオデッセイの値引き最高額が60万円ということ。

この金額は車両本体価格の20%程の金額になります。

ほとんどの方は大体30~40万円でしたので、この辺りの値引きは許容範囲であるのではないかと思います。

次に注目したいのは、車両本体価格の高いオデッセイハイブリッドの方が値引き幅がかなり少ないということです。

おおよそ20万円も値引きしてもらえればOKという雰囲気。

後だしのハイブリッドということもあるかもしれませんが、せめてオデッセイと同等の金額の値引きが欲しい所になります。

オデッセイの商談は競合車が明らかなので比較が簡単

2016年の6月にエスティマがビッグマイナーチェンジして発売される予定となっております。

時期的にも非常に良い時期なので、競合車としてぶつけるのはマイナーチェンジ後のエスティマがベストです。

新しい車両の為性能の部分を比較して、どちらかで迷っている状況である事を伝えて値引きの引き出しに挑戦してみましょう。

また、エスティマ以外となるとアルファードやベルファイア、エルグランド辺りの車が競合となりますが、この場合は値引を一番出しそうなエルグランドを競合に出すのがベターでしょう。

少なくとも一台位は競合車を持って行き、決めかねているという事をディーラーでお話し頂く事で、多少値引きの違いが出てくるはずです。

(オデッセイ一択の場合は、欲しい車であれば多少値引かなくても買ってもらえると思われがちです。)

オデッセイの値引きを上手に運ぶ方法は?

営業マンも人間です。

試乗の際などには、オデッセイを出来る限り褒めてみる事も一つの心理的な方法になります。

逆の立場で考えれば、自社の製品を褒められて嫌だと思う方は少ないのではないでしょうか?

寧ろ褒められると少し気分が良くなりませんか?

「オデッセイいいね~」という風に言葉で伝えておくことで自分のお客さんの一人にしたいと思わせることで、営業マンの方の上司へ値引きの話について熱心に交渉してくれる事もあります。

最終的には値引きラインを自分で引いておきましょう

車の値引きは青天井という訳にはいきません。

交渉の流れで、どれ位の金額の値引きをしてもらえたら購入しても良いかという具体的な金額はある程度の範囲で絞っておきましょう。

最後の商談で、ハンコをつく前にもう一声追加で数万円値引きしてもらう事もお忘れなく!

(これは無理な金額でなければほぼ成功します。)

現在乗っている愛車の査定をしてもらう

今乗っている車があれば、最初にディーラーを訪れた際に査定してもらうのが殆どかと思います。

この下取りの金額は大概安い金額を出されるので注意が必要となります。

ディーラーの下取り価格は買い取り専門業者へ売っても赤字にならない余裕のある金額を提示してきます。

それはそうですよね。

下取り金額で赤字になっていたら、新車販売に差し支えがあります。

車を買ってもらうための新車販売店が、下取りで相場より低い金額を出していたら商売になりません。

また、高額になったケースの場合は値引き額に差し支えがあります。

そして、中には廃車になるということで逆に料金を取られてしまうケースも。

このような状況にならないように必ずやっておきたいのは、ネットでの愛車査定です。

先に自分の車がどの程度の金額になるのかを把握しておくことで、ディーラーでの下取り価格が高いのか、安いのかを知る事が出来ます。

せっかく数年前に購入した愛車なので、その車の持つリセールは大いにいかすべきかと思います。

こちらのズバット査定でしたら、簡単に自分の車の相場を知る事が出来ます。

廃車費用を払わなければならなかった方が10万円の値がついたり、下取り5万円だったのが30万円になるケースもよくあり、個人的にもこちらを利用して最安で車を購入する事が出来ました。

新車の値引きと、愛車の買い取り価格の最大値がオデッセイを購入する際の最安値になるのではないかと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 - ホンダ オデッセイハイブリッド, 車関連