Blog stage

車関連の記事を中心とする趣味趣向の情報ブログです。

ホンダヴェゼルの値引き額は?安く購入する方法はコレ!

      2016/08/29

スポンサーリンク

ホンダの人気SUVのヴェゼルの新車値引きに関する情報をまとめてみました。

この車の人気の理由は全体的なバランスが良い事です。

価格も高過ぎない、燃費もそこそこ良い、サイズもそれなりのサイズ、見た目も今人気のSUVということでそれなりによい。

完全に良い車というよりは全体的に結構整った車であるといいうことから人気があるのではないかと思います。

そんな人気のヴェゼルを出来る限り安く買うにはどうしたら良いのかという所を検証していきたいと思います。

ホンダのSUVヴェゼル値引き情報!誰よりも安く買うには?

まずは既にヴェゼルを購入した方の値引き情報をネットから拾ってまとめてみました。

ホンダヴェゼルはサイズ的にも、燃費的にも、車両本体価格も非常にバランスの取れた車です。

一般的な感覚をお持ちの方でしたら、難なく毎日の通勤や、旅行等に使っても問題は無いでしょう。

(一部の車がお好きな方にはどの車もご満悦とはいかないというのがネット上の状況です。)

また、SUVというカテゴリである為流行りも後押ししているように思います。

この形で、この燃費で、この価格ならまさに今買うことの出来るSUVなのではないでしょうか?

そんなホンダのヴェゼルを安く購入するには、出来る限りの情報を前もって持っておく事は非常に重要になります。

何も情報が無い状態でディーラーに行くのは、確実に損をしますので、是非こちらのブログを参考にして頂きたいと思います。

ホンダヴェゼルの値引き額はいくら!?

ヴェゼルの値引き額の前にガソリン車、ハイブリッド車の価格帯をおさらいしておきましょう。

ガソリン車・・・192万円~239万円

ハイブリッド車・・・227万円~288万円

他のSUVと比較してみると非常にお手頃な価格帯となっております。

そもそもこれだけ車両本体価格が低く抑えられている車なので大きな値引きというのは考えにくいかもしれません。

調べてみるとガソリン車、ハイブリッド車共にそれぞれ30万円越えの値引きを引きだしている強者がいらっしゃいました。

ただ、これはごく一部の方で、平均すると20万円~25万円といった金額の値引きが多いようです。

この値引き額はグレードを問わず、車両本体からの値引き一本の場合と、車両本体とオプション品の値引きのトータルの値引きで引きだしている場合の2つのパターンで多く見られました。

SUVというジャンルは人気があるとは言え、人気があるが故に競合も多くあります。

つまり、他の車両とそこまで変わらない感覚で値引きの交渉を進めて問題ないでしょう。

値引きの交渉方法としては、オーソドックスに他社の競合車両をぶつけて値引きする方法と、粘って値引きを引きだす方法があります。

ホンダヴェゼルの値引き方法①競合を持って行く

ホンダヴェゼルの競合となりそうなのは、マツダのCX-3が最有力候補になるのではないかと思います。

ただ、これからトヨタから発売される予定のCH-Rはかなり強い競合になるのではないかと思います。

いずれにしても、他社の見積もりを持って行く事で「競合車両がある」事をホンダディーラーに伝え、かつヴェゼルが第一希望である旨を伝える事で値引きをしてもらえるように引っ張ってみましょう。

一番最初にディーラーへ足を運んだ時には勿論「試乗」と「下取り価格の確認」をすることをお勧めいたします。

ホンダヴェゼルの値引き交渉②粘る

あまりお勧めしませんが、営業マンによっては効果が非常に高いのではないかと思います。

粘りの交渉は少々長期戦になり、相手によってはあまり好感の持てないやり方になります。

逆に粘り落しに弱い営業マンであれば、どこかのタイミングで提示価格を了承してくれる場合もあります。

現在乗っている車が割と元気な状態であれば使う事が出来ますが、間もなく何処が壊れてもおかしくないような車に乗られている場合は、修理代等かさんでしまうケースもありますのでご注意ください。

ホンダヴェゼルの値引き交渉まとめ

競合の車を出した後は、営業マンにやる気をだしてもらえるような振る舞いをすることが重要です。

具体的に言いますと「自分のお客さんになってほしい」と思われるようにすることです。

正直面倒なお客さんや態度の悪いお客さんを自分の顧客として持ちたいと考える方はそうは居ないのではないかと思います。

逆に、ホンダディーラーの営業マンが値引きしてでも自分の顧客にしたいと考えられるような打ち合わせをすると好感を持たれるでしょう。

今回のヴェゼルの場合は、車のデザインや乗り心地を「良い車」としっかり感想を伝える。

値引交渉に関しても、ある程度の所で線を引いて商談を進める。

自分の思っている値引き額を上回ったタイミングで判子を押すようにすると決めておくのもスッキリとした商談になるのではないかと思います。

逆に②でご紹介させていただいた粘り交渉に関しては、営業マンの人柄を見て行うようにするのがベターかと思います。

いずれにしても、タイミングさえある程度整っていればネット上で口コミされている平均的な値引額を引き出すことはそこまで難易度の高いことではないでしょう。

ホンダヴェゼルを一番安く買うには?

結局皆さんやることは同じで「車両本体価格の値引き」「オプションからの値引き」に加えて下取り価格の交渉となってくるのではないでしょうか?

因みに、今まで下取りしかしたことの無い方には買取の価格も是非調べてみて下さい。

思いもよらない価格で買取をしてくれます。

と言うのも、一般的に下取り価格よりも買取り価格の方が高額である事は当たり前の状況となっております。

考えてみると簡単に分かるのですが、

「新車を売って利益をえているディーラー」

「車を買い取って利益を出す専門業者」

この2者では精度も質も、そこに掛ける時間やデータ量の違いも桁が違ってきます。

ディーラーで下取りが出来ない事はある程度仕方のないことですが、買い取り業者で車を買い取ることが出来ないのは死活問題となります。

そこに欠ける仕事がそもそも違うわけですね。

僕の場合はヴェゼルではありませんでしたが、他の車を購入する際に下取り価格に疑問を持ち、前もって買い取り業者にどれ位の金額で買い取ってもらえるのかを確認しました。

最初はどの程度の金額で愛車を買取してもらえるのかという興味本位の面が強かったのですが、実際に出てきた金額は下取り価格とあまりにも違いがありしっかりと活用させてもらいました。

個人的にはズバット査定を利用しましたが、簡単に自分の車の金額を出してもらえたので本当に良いツールだと感じました。

車の価格をネットで調べるのは今や常識のようです。

しかし割とこういった業者は限られており、ズバット査定の場合は利用者も多く非常に安心できます。

一先ず自分の車の金額を知りたいという方もこれから真剣に新車購入を検討されている方も一度是非試してみて下さい。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 - SUV, ホンダ ヴェゼル, 車関連