Blog stage

車関連の記事を中心とする趣味趣向の情報ブログです。

ブログを書く為にどうしても意識しておきたい事をまとめてみた

   

スポンサーリンク

ブログで記事を書いていく時に気にしている事はありますか?

僕の場合、出来る限り「答え」を書くように気を使っています。

なかなか難しいと思うのは、答えというのは人によって違う。

Aという答えが欲しい男性とBという答えが欲しい女性が居たとすれば、ブログの中にそのAとBを記載しておく必要があるということです。

それはつまり・・・。

簡単そうで難しいブログの書き方

上で挙げた例をもう一度考えてみた場合ですが、もしAという答えとBという答えが真逆であった場合は非常に困難です。

ただ、これだけは言える部分として必ずしもAという答えとBという答えを書かなければならない訳ではありません。(上の記載とは敢えて異なることを書いてますが・・・。)

このブログとしては答えはAである!ということを書いておく事も必要です。

 

では、Aという答えとBという答えをブログで書く必要があるとしたら、それはAとBが同じ路線の答えであった場合の事を言います。

例える事で難しくなりましたが、簡単に言ってしまえばブログに書く事は鮮明であり、詳細であり、明確である必要があるということです。

詳しく記事を書く。

他のブログよりも+αの情報を盛り込む。

どこよりも分かり易く伝える。

僕の場合はこれを意識しています。

ただ、書いていて混乱してしまうこともあり、記事として世に出そうか出すまいかということを公開前にいつも考えてしまいます。

ただ、せっかく書いた記事なので出来る限り公開して、読んでもらって、分析してということを繰り返えす事こそが必要なのだということを何処かで読みました。

それからは割と書いた記事を修正、更新しつつ公開しております。

ブログのネタってどうしたらいい?

ブログのネタって割とバイオリズムな感じです。僕の場合は。

ネタがある時は、頭の中に「コレ書きたい!」というものがあり、書き始めると2000~3000文字程度ササっと書いてしまうのですが。

何もない時って割と何も書けない。

逆に何を書いてもピンとこない事が多いです。

僕の場合ブログで100万PVでも200万PVでも青天井に数値を上げていきたいと考えているので、このBlog stageというブログは最終的に何万記事でも書いていきたいと考えています。

PV数を意識していくとすれば、まだまだドメイン事態が卵の状態である為、Googleの検索に認知してもらうため記事の更新という形で「ここにブログありますよ~」って信号を送っていますが、恐らく3カ月間は良いとこ月1000PV位が良い所だと思います。

話はだいぶそれましたが、ネタが無い時はネタが無い時でネタの収集に集中すれば良いし、書けなかった日の分は穴埋めすればOKかなぁ・・・。位の気持ちでいます。

それでも、何日も書かない訳にはいかないので、どうしても行き詰った時にはこうやってブログを書いている事を記事にしてみたりする訳です。

(ネタが無い事がバレてしまいました?)

一応いつでもネタはストックしているので、書けないという事はないのですが、どうしても気持ちが乗らない時には、こうやって自由に書く事の出来るネタを用意しておくことは必要です。→ブログ更新してますという記事を書く。

あとは、カテゴリーを用意出来ている方は、そのカテゴリーの最新情報を見つけてくるというのは一番簡単で、アクセスも直結するのでお勧めです。

また、カテゴリーを新しく作るのであればそのカテゴリーに関する基礎的な内容を記事にするのもいいかもしれません。

ということで、ブログのネタは

・ブログ更新してるという記事を書く

・カテゴリー関連の情報を集める

・新しいカテゴリーの基礎的な内容を記事にする

まずはこの3つが簡単にネタに出来そうです。

ブログの内容がバラバラ。

僕のブログは本当にネタがバラバラ。

最終的にまとまるかが心配ですが、混ぜご飯だと思えばいいかな。

いやお鍋の方がイメージが近いかもしれない。

色んな具材(カテゴリー)を一つのお鍋(Blog stage)の中に入れて最終的に美味しいお鍋を作る。

美味しい物を作るには、具材が整っていた方が良いかもしれませんが、カテゴリーを集中してしまうと、どうしても更新が出来なくなります。

こう書くと、更新の為の記事みたいに感じてしまうかもしれません。

僕も今の所まだまだ修行中の身なので、そこら辺が曖昧だったりしますが、300記事辺りを超えればなんか見えてくるんじゃないかなと。漠然と考えています。

ブログのボリューム

なんだかんだ言ってもボリュームは大事。

音も大きい方が聞こえやすいと思いますが、文字数も多い方が検索されやすくなる!ような気がします。

よくロングテールなんていう言葉を効きますが、上位表示されているブログはやはり詳しいものが多い。

Googleとしても、情報が欲しい人に対して「コレ探してたんでしょ?」っていうのを一番上位に表示させたいんだと思うんです。

だから、それなりの情報のボリュームは必要であるということは言うまでもない。

これはブログを書いている中の人がしっかりと意識しなければならないであろう部分だと思っています。

 


 

ブログの運営って本当に楽しいんだけど、考えながらやると窮屈だったりする時もあったりするんですよね。

でも、やっぱり何かを育てるようにブログも大きく育ったら、その時は達成感もあるかなと思います。

これからブログを更新していこうという方に読んで頂けたら幸いです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 - ブログ運営