Blog stage

車関連の記事を中心とする趣味趣向の情報ブログです。

フローリング掃除のコツ!順番を間違えていませんか?

      2016/07/20

スポンサーリンク

image 家の床は今フローリングにするご家庭が多いです。

また、賃貸に関しても新築の賃貸はフローリングにしているところが殆どです。

家の歩く場所の大半を占めるフローリングは、毎日の生活の中でどうしても汚れてしまったり、傷がついてしまいがちです。

そんなフローリングの掃除についての基礎知識をこちらで知っていきましょう。

フローリングの掃除の順番①モップをかけよう

ホコリが一番落ちているのもフローリングであることは間違いありません。 人が動くたびに、ホコリは舞い上がっています。

その舞い上がったホコリは必ず下へ落ちて行き、時にはホコリ同士が固まって目に見える程の大きなホコリになります。

一般的には、掃除機をかけておしまいというケースが多いと思いますし、間違っている訳ではありませんが、本格的に掃除をする時には最初に掃除機をかけるのはあまり得策ではありません。

掃除機をかける前に、モップ等を利用するのが一番良い方法となります。

掃除機の場合ホコリを吸っているように見えますが、ホコリを飛ばしてしまっているケースがあります。

特に掃除機本体から出ている風圧に関しては、完全にホコリを散らかしてしまっています。

フローリングを掃除するときには、基本的にはそういった機械を利用するのではなく、モップなどで優しくホコリを絡め取って下さい。

フローリング掃除の順番②掃除機をかける

モップでほこりをとったら掃除機をかけます。

モップでほこりがとれたのでは?と思う方もいらっしゃると思いますが、モップでは取りにくいフローリングの間の溝のゴミを取る事が目的となります。 フローリングとフローリングの間には僅かながら凹凸がありますね。

この間のゴミに関してはモップよりも掃除機で吸い込むのが良い手法となります。

掃除機のかけ方は、出来るだけゆっくりと、溝を意識して、ゴミを吸い取る事を意識して掃除機がけして下さい。

ただ、あまり掃除機をフローリングに押し付けるようにすると、フローリングが痛んでしまう可能性がありますので、そこにはしっかりと注意して下さい。 力を入れなくても最近の掃除機は吸い込む力が強いので、優しくで大丈夫です。

フローリング掃除の順番③雑巾がけ

最後に行うのは、雑巾がけです。

モップと掃除機でフローリングのホコリやゴミはなくなり、だいぶ綺麗になったハズです。

雑巾がけは仕上げといった所になります。 また、フローリングに何かを引きづった後や、何かしらの理由でついたシミを雑巾で丁寧にふきあげましょう。 頑固な汚れには、フローリング専用のマジックリン等がスーパーやドラッグストアにあるので、常に常備しておくと便利です。

フローリングについた汚れは、出来るだけ早めに落とす事をお勧めします。 そのまま放置する時間が長くなれば長くなっただけ、落としにくくなってしまいます。

気が付いたらスグに雑巾で拭いて、状態を維持する事を心がけます。  

フローリング掃除の時に使う道具を選択

フローリングを掃除するときに使う道具やアイテムについてまとめてみました。

こんなものがあると便利とか、これよりもこちらの方が良いという内容にまとめております。

フローリングと掃除機

最近の掃除機はサイクロン式が一般的です。 ただこの二つだと後者を断然お勧めします。  

よりも

  普通の掃除機の出番が薄れてしまう程スティック型の掃除機は良いです。

最大のメリットのコードレスであることを始め、最近の物は本体から吸引する部分だけを外す事が出来て、車の中の掃除も楽に出来ます。

壁際で充電しているので、少しでも気になるホコリやゴミを見つけたらすぐに掃除が出来るという手軽さとレスポンスの良さには驚きます。

我が家は両方あるのですが、既に普通の掃除機は押入れで眠っております。 スティック型掃除機は本当にお勧めです。

クイックルワイパーかモップか?

クイックルワイパーも本当にレスポンスがいいですよね。

直ぐにセッティングして、直ぐに絞った雑巾のレベルの床掃除が可能です。 クイックルワイパーの吸収型ウエットシートは1枚15~20畳が目安です。 大体16枚入りが500円程度なので、一カ月で1,000円程になるでしょうか。

対するモップですが、仮にダスキンでレンタルした場合は月850円(税抜)です。

金額としてはクイックルワイパーとほぼ同額です。

こうなると金額で良し悪しはあまり明確にならないので、後日営業の方にお話しを聞いてみようと思います。  

フローリング掃除についてまとめ

まずはモップ(クイックルワイパー)でホコリを舞い上げないようにして取り除く。

そして、掃除機を使ってフローリングの溝のゴミを綺麗にする。

最後に雑巾がけをする。

これで、綺麗なフローリングを維持出来ます。

フローリングの掃除をする際には、是非ご参考にして下さい。

フロアモップは無料お試しが出来ます。

無料という事もあり、お試しされる方が多いようですが、我が家ではその無料お試しの流れで定期契約をしました。

割と使い勝手も良く、日々綺麗な状態のモップを使えるのは非常に助かります。

また掃除機と違い、日中忙しい方でも近所迷惑にならずに掃除をする事が出来るので、その部分は非常に重宝しております。

是非無料期間お試ししてみてください。

関連記事:実際にサニクリーンのモップをお試しで借りてみた!その実力は?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 - 掃除・整理整頓