Blog stage

車関連の記事を中心とする趣味趣向の情報ブログです。

ハリアーエレガンスかプレミアムで迷った!価格差、装備の差を比較

      2017/07/10

スポンサーリンク

ハリアーを購入の際にエレガンスかプレミアムかを悩んでいるという方が割と多いようです。

ともいう自分も悩んだ1人だったりするので、今回はこの2つのグレード選択に迷った、悩んだ時に決め手となるような情報をお伝えします。

*既にハリアーはマイナーチェンジをしておりますのでマイナーチェンジ後のハリアーが気になっている方はこちらをご参考にしてください。

2017年ハリアーマイナーチェンジでターボ追加?レクサスNXとの差は?

ハリアーELEGANCEかPREMIUMで迷った!

ハリアーのグレードでこの2択で迷った場合、大抵は価格と装備という所になるのではないかと思います。

ハリアーELEGANCEとPREMIUMの価格差

まずは、この二つのグレードの価格を比較してみましょう。

  2WD 4WD
ELEGANCE 2880000円 3074400円
PREMIUM 3137143円 3331543円

ELEGANCEとPREMIUMの差額は257,143円となっております。

この金額の差は割と大きいのではないでしょうか。

つまり、この金額に見合うオプションの差があるのかという所がネックとなってきます。

オプションの差については、個々に欲しい装備だったり、そうでない装備だったりするので、その装備に25万円の価値があるのかという所で選択するグレードが変わってきそうです。

ハリアーELEGANCEとPREMIUMの装備の差は?

果たして標準装備の差はどれ位あるのでしょうか?

こちらで細かく見ていきましょう。

シートの差は無し!

運転するときには必ずシートに座る訳ですが、この重要な部分についての差は無し。

双方ファブリック上級が標準装備となっており、色の選択もアイボリーとブラックの2色から選択する事が出来ます。

また、本革シートへの切り替えも双方可能となっており、メーカーオプションで222,000円で購入可能です。

インテリアパネルに差があり!

インテリアパネルに関しては標準装備で違いがありました。

ELEGANCEはウッド&メタル、PREMIUMはエボニーストライプが標準装備となっています。

ウッド&メタル(ドアスイッチベース)

こちらがELEGANCEのウッド&メタル。

エボニーストライプ(ドアスイッチベース)

こちらはPREMIUMのエボニーストライプ。

このパネルはメーカーやディーラーで変更をすることは出来ませんが、車をいじるのが好きな方であればカスタムショップ等で簡単に張り替え可能な物が出始めているようです。

ただ、標準での好みがどちらかという所が悩みの種かと思います。

これは出来れば実際の物を見るのが一番分かり易いかと思います。

内装色はディープボルドーが設定可能

60系ハリアーでは内装の色ディープボルドーが注目されました。

4WD。内装色のディープボルドーは設定色(ご注文時に指定が必要です。指定がない場合はブラックになります)。

このディープボルドーに関してはELEGANCEもPUREMIUMも設定可能です。

ただ、インテリアパネルとの相性でいうとPUREMIUMのエボニーストライプとの相性が良いという口コミが非常に多いです。

ここも好みの問題なのでELEGANCEにディープボルドーという選択は可能であるという点だけ知っておいて頂ければ前知識としてはOKかと思います。

標準タイヤは大きく違う

ELEGANCEとPREMIUMを比較した時に確実にチェックしておきたいのが標準のタイヤである。

ELEGANCEは「225/65R17タイヤ」17インチのタイヤです。

225/65R17タイヤ×7Jアルミホイール

これに対してPREMIUMは「235/5SR18タイヤ」で18インチのタイヤとなっております。

235/55R18タイヤ×71/2Jアルミホイール(スーパークロムメタリック塗装)

大きさに1インチの差がありますが、デザインは大きく違いがあります。

ELEGANCEとPREMIUMのタイヤどちらが好みでしょうか?

ELEGANCEとPREMIUMを比較するときにこのタイヤを比較する方が多いようです。ハリアーに実際のっている方でしたらこの差は直ぐにわかるので、駐車してある車を見るとグレードがELEGANCE以下のグレードなのか、PREMIUM以上のグレードなのかを簡単に見分ける事が出来ます。

やはりアルミホイールのデザインはPREMIUMの方がかっこいいという口コミも多く、個人的にもこの部分がPREMIUMを選んだ要因の一つとなりました。

ステップ部分のイルミネーション

個人的には若い頃はこういったイルミネーションが有る無いにこだわっておりましたが、年々こういった部分には興味が薄れてきます。

ただ、便利な機能として考えれば夜乗り降りの際に足元を照らしてくれる役割りをしてくれているのであればあったで良いのかなという程度です。

ステンレスオーナメント付ドアスカッフプレート(フロント/車名ロゴ入り)

ELEGANCEのステップはイルミネーション無し。

ステンレスオーナメント付ドアスカッフプレート(フロント/イルミネーション付&車名ロゴ入り)

PREMIUMのステップはイルミネーションが足元を照らしてくれます。

こちらはオプションで29,160円です。

ステアリングに違いあり

ここも細かい部分ですがステアリングに違いがあります。

本革巻きステアリングホイール

ELEGANCEのステアリングで本革巻きとなっています。

木目調&本革巻きステアリングホイール

こちらはPREMIUMのステアリング。本革巻きに加えて木目がはいっております。

この部分がどうしてもという方はあまり居ないのではないかと思いますが、一応違う部分となっています。

ウッド調のステアリングに交換する場合は34,560円と割と良いお値段です。

PREMIUMはエアコンにナノイーを装備

決め手とするには大きな要因ではないかもしれませんが、エアコンにナノイーがついているのはPREMIUMUです。

トヨタでは少し前の車にはプラズマクラスターを採用していましたが、ここ最近の車にはナノイーが採用されるようになりました。

個人的な感想として、エアコンをつけてナノイーが空気を綺麗にしてくれているかどうかを目視出来る訳ではありません。

家庭用の空気清浄器等もそうですが、要するに気の持ちようといった所です。

因みにナノイーはPREMIUM以上のグレードには標準装備しておりますが、後付けが出来ない装備となっております。

もしどうしてもELEGANCEの車内に空気清浄機能を持たせるとしたら、コンパクトな車用のプラズマクラスターが一番お手軽に出来ます。

また、オプションでプラズマクラスター搭載LEDルームランプ(18,792円)がありますので代用としては充分かと思います。

安全性能に差があり!

①レーンディパーチャーアラート

トヨタで初となるレーンディパーチャーアラートがPREMIUMに標準装備されおります。

この制御機能は主に高速道路でその性能を発揮するのではないかと思います。

内容は道路の白線をカメラで認識。

その線からはみ出るとアラートで知らせてくれるというもの。

あってはなりませんが、居眠り運転等の危険な運転を避ける事が出来るのではないかと思います。

僕の場合も高速道路に乗る際には設定をONにしています。

車線の変更の際にはウィンカーを出せばアラートは鳴らず、またステアリングでON/OFFの切り替えが可能なので手軽に使える機能となっております。

②オートマチックハイビーム

こちらもPREMIUMに標準装備。

名前の通り、夜の運転の際に明るさを確認し状況に応じて自動でハイビームへ切り替えてくれます。

あればあったで運転の補助として悪いものではありませんが、必須な装備かといわれるとそうでもないかもしれません。

ただ、夜間の走行に関しては未だに歩いている人を気が付かずひいてしまうなんていう事故は耐えませんので、こういった装備はついているにこしたことはないのではないでしょうか。

パワーバックドアに差があり!

個人的にはこれが一番の決め手となったパワーバックドア。

PREMIUMには標準装備されており、トヨペットの営業の方に聞いた所ELEGANCEに後付けは不可能とのこと。

だいぶ部品が多く、やるとしたら出来るかどうかは別としてDIYになりそうです。

image

ボタン一つでトランクが開閉するというのは、便利という部分と自己満足の部分になります。特に車にステータスを求めるという方はこの機能は嬉しいのではないでしょうか。

車自体は上を見れば限りなく高級な車がありますが、ハリアーという所で見れば上級のグレードという位置づけとなるので勝手に優越感に浸る事は出来ます。

ハリアーELEGANCEとPREMIUMを選ぶなら・・・・

こちらでご紹介させて頂いた内容が大まかな差となるのかと思いますが、運転の際の突き上げ感が違うというような口コミも割とあります。

これに関してはELEGANCEの方が優勢ということですが、常にガタガタな道を走るという環境でなく、整備された道路を走るのであれば、余程沢山車を乗りついできた方でなければそこまでの差はないのではないかと思います。

個人的には見て頂いた通り「後付け出来ない装備品」が割とあることと、価格差の25万円が下取り価格の引き上げで殆ど相殺出来た事でPREMIUMを選択しました。

関連記事:【実話】ハリアー新車値引きでELEGANCEの予定がPREMIUMになった!

これからハリアーを購入される予定がある、検討している方はこの後付け出来ない装備を見て頂き、是非上のPREMIUMをお勧めしたいと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 - トヨタハリアー ,