Blog stage

車関連の記事を中心とする趣味趣向の情報ブログです。

ハリアーの燃費が割と良い!「競合車と比較」口コミより実体験レビュー

      2016/07/17

スポンサーリンク

トヨタの人気SUV車種ハリアーを購入して早くも半年の月日が経過しました。

ということで、ハリアーの燃費、口コミに関して情報を更新したいと思いますす。

未だに人気車種故、納車待ちという方も数多くいらっしゃるのではないかと思います。

また、これから新車に乗り換えようとお考えの方もこちらの記事を参考にして頂きつつ何を購入しようかな~?と楽しいお悩みに浸って頂く材料にして貰えたらと思います。

ハリアーの燃費が割といい!個人的な口コミ

これから車を購入検討中の方の中には燃費を気になさらないという方もいらっしゃると思いますが、恐らくこのクラスの車を購入する方は多少燃費を気になさるのではないかと思います。

まるで燃費を気にされない方は、外車にハイオク満タンにしてもお財布が気にならない方ではないかと思います。(羨ましい・・・)

今回発売された新型ハリアーのカタログ値はガソリン車で14.8kmリッター(4WD)~16.0km/リッター(FF車)

ハイブリットハリアーは21.4km/リッターです。

一般的にカタログ値の7~8割の燃費で走れれば優秀だと言われております。

ハリアープレミアムの個人的な口コミ

私の購入したハリアーガソリン(FF)は基本的に市街地の走行。

ほぼ渋滞には巻き込まれない状態で14.8km/リッターをマークしており、予想を遥かに上回る燃費の良さに驚いております。

ハリアー購入前に乗っていた車はH社のミニバンでしたが、冬場のエアコンをフル活用の状態でリッター8kmで、春や秋のエアコン利用無しでも9.5km/リッターでした。

新型ハリアーと当時乗っていたH社ミニバンを比較すると5.3~6.8km/リッターもの差があり、月に2~3回入れていたガソリンはほぼ月1回程度におさまっております。

やはり新しい車に買い替えると、燃費は勿論エンジンもよくなっており当時乗っていた車の2.4Lの排気量からダウンサイジングされたハリアーの2.0Lになってもさほど違和感を感じない走りにも非常に魅力を感じております。

同じように現在5年以上前の3ナンバーのミニバンに乗っておられる方でしたら、ガソリンスタンドへ行く回数は確実に減り燃費が向上する事は間違いありません。

また、僕の場合は車格が上がった事でスピードを上げた運転が減りました。

ゆったり安全運転で、道路規制に基づく速度の運転になりました。

よくレクサスLSなんかがゆっくり走っているのを見たりしますが、何となく気持ちが分かった気がします。(頭が高くてすみません。)

LSなんかは、スピードを上げようと思えばかなりのものですから。

ハリアーと他社SUV燃費比較

冒頭でも書きましたが、ハリアーのガソリン車クラスの車種を購入するという方は多少燃費を気にされるのではないかと思います。

ご参考までに、今人気のSUVの車種と新型ハリアーの燃費の比較をしてみましょう。

トヨタハリアーの燃費VSエクストレイルの燃費

日産のエクストレイルの燃費がどうかというと、カタログ値で16.0~16.4とのこと。

ハリアーと比較するとほぼ同じ数値である事がわかりますね。

ただ、価格帯が220万円~ということでハリアーの下位グレードとは50万円程の開きがありますので、購入という意味では購入しやすい価格帯であります。

新型ハリアーとエクストレイルの燃費はほぼ同等と見てよいでしょう。

トヨタハリアーの燃費VSスバルエクシーガの燃費

エクシーガは7人乗りのSUVということで、車両本体が大きいせいか燃費はイマイチの11.2~13.2km/リッターという数値です。

少し気になるのは、公式ホームページでクロスオーバー7と書いてありつつ、ミニバンとも書いてあるんです。

一体どっちやねん!?

スバルエクシーガは価格帯が270万円台からという価格設定になっているので、ハリアーとほぼ同等です。

燃費だけをみたら新型ハリアーが圧勝といった所になります。

トヨタハリアーの燃費VSマツダCX-5の燃費

マツダCX-5はクリーンディーゼルを採用しているグレードもあるので、燃費という意味では、恐らくダントツに安くあがるのではないかと思います。

ただ、クリーンディーゼル車を購入した場合、その分車両本体の価格は高くなります。

カタログ値で18.0km/リッター程の数値を表記しているCX-5のディーゼル車。 こちらが、280万~とハリアーのガソリン車と同等の金額からとなっています。

対するCX-5ガソリン車の価格は240万円程度から。 燃費はガソリンで、16.0km/リッター程度となっています。

最近のマツダはなんとなく強気です。  

国産車で、ハリアーともし比較するとしたらということでハリアーとそれ以外のSUVを調べて比較してみました。

私の場合、車はどうしてもコックピットのデザインを重視しており、ハリアーが一番好みであったので選びました。

他の車種を購入した場合は、基本的に数十万円安く購入出来たのと思いますが、リセールなども考えたら、なんだかんだでハリアーが一番安価に済んでしまったりするかもしれませんね。

燃費が二の次という方は断然新型ハリアーが良いと思います。

新型ハリアーと他社SUVの燃費比較まとめ 

今回は主要な3車種との比較をしてみましたのでまとめておきたいと思います。

車種 燃費
トヨタハリアー 14.8km~16.0km
日産エクストレイル 15.6km~16.4km
スバルエクシーガ 11.2km~13.2km
マツダCX5 14.6km~18.6km

燃費だけが車選びではありませんが、ラグジュアリーSUVを謳っているハリアーも燃費は他の車種と比較しても引けをとらない数値となっております。

ハリアーで遠出してみた

我が家は私、妻、子供2人という一般的な4人の核家族です。

地方に住んでおりますが、少し旅行に出かけた際の走行具合なんかを記載しておきます。  

まず、ミニバンからSUVへの乗り換えにより、懸念していた車の広さに関してですが・・・。

やはり狭くなった事は事実です。

しかし、少し工夫すれば子供達が疲れて帰り際に眠ってしまっても大丈夫です。

前の席と後部座席の間に専用のクッションを購入。

朝早く出かけたので、後ろに寝かせておきましたが文句は一つも無しでした。

また、SUVという設計の為視点が高くなり往復約500kmの走行も以前乗っていたミニバンよりも快適に運転する事が出来ました。 高速道路の走行については、2000ccという見た目の数値の頼りなさとは裏腹に問題の無い走りをしてくれております。

当時乗っていた2400ccのミニバンと比べてもまるで問題の無い走りでした。  

因みにハリアーで500kmの高速道路走行では、時速100kmちょいで走行。多少上り下りありましたが、16.0km/リッター前後をうろうろしておりました。

一般道路よりは伸びますが、そこまで大きく伸びる訳ではありませんでした。

とはいっても、ガソリン車でこのサイズでリッター16.0km/リッターは良い数値です。というかカタログ値通りの燃費だったのも非常に驚きました。

高速道路の燃費に関していえばハリアーは充分満足のいく数値で走ってくれます。

新型ハリアーの個人的な燃費事情をまとめてみると・・・。

一般道・・・14.8km前後

高速道路・・・16.0km前後

image

*画像は高速道路走行中に下り坂になった時に助手席の嫁さんに撮影してもらったものになります。

(こちらで記載の燃費はあくまで個人的な数値となりますのでご参考まで。)

ハリアーをご検討の皆様へ

個人的に車が大好きで、それでも頻繁に買い替える事の出来ない高額な物であることは一般のサラリーマンの方でしたらお分かり頂けるのではないかと思います。

実際今回新型ハリアーの購入に関しても、割と迷いがありました。

因みに僕の場合は燃費に関しては、カタログ値を見てほぼ気にならないレベルでした。

①ハリアーのダウンサイジングの懸念

上の方でも記載しておりますが、2000ccって割と頼りない数値なんです。

特に排気量を落とすという状況になる場合は、力不足を懸念します。 かといってハイブリットにするとなればグレードを落とさないと予算を超えてしまう。

しっかりと試乗して、よく考えて購入して頂く事をお勧めしますが、ハリアーのオーナーとして一つ言えるのは「問題ない」です。

基本的に走るのは日本の道路です。 そんなにスピードを出して走る必要などありません。

もっと言えばスピード、トルクを重視するのであればそれなりの金額を積んで外車という選択肢を検討して頂くのが無難です。

高速道路もある程度の速度であれば難なく出ます。

ダウンサイジングによる排気量の数値は個人的には無視できるレベルにあります。

②他の車に目移りしないか?

これは車が好きであれば、色々な車種に乗ってみたかったり、ワンランク上の車に乗ってみたくなったりしないかという個人的な懸念がありました。

そうは言っても一応レクサスNXも検討して、試乗したり、営業マンの方にお話しを聞かせてもらったりしました。

それでも、ハリアーを選んだのは価格と車のバランスでした。

この金額でコレか~。という感覚になってしまったのがレクサスNXでした。

また、デザインに関しても好みは人それぞれですがハリアーはNXに負けていないというように思えました。

標準のシートに関しても、体に吸い付く良いシートで、勿論国産の車としては内装はラグジュアリーです。

レクサスNXに関しては、空間の作り等は非常に良いし、レクサスという感じはしましたが、これを購入するのであれば頑張ってRXが欲しいなと思いました。

ここは本当に人それぞれなので、是非実際に見てみて下さい。

③ハリアーの値引き

ぶっちゃけ、35万でした。 恐らく購入当時で考えると多い方ではないかと思います。

カーナビは社外品のアルパインBIG-Xを購入。

プレミアムを購入したので、他に必要と思う物もあまりなかったので、殆どオプション無しでの35万です。

しかもトヨペットのディーラーさんからスタッドレスタイヤに関しては、安い店があるという事で紹介までしてもらう始末。

今はどれ位の値引きかは分かりませんが、恐らく当時では良い値引き額だったのではないかと思います。

また、私の場合下取りもしっかりとだしてもらいました。

その秘訣については別途記事はこちらになります。

新車購入をご検討されている方は必見の記事を書いてみました。

関連記事:【実話】ハリアー新車値引きでELEGANCEの予定がPREMIUMになった!

実践編となっており、私個人の体験談で記事を書いておりますので是非ご参考にして頂けたらと思います。  

車選びは選んでいる時が本当に楽しい時間ではないかと思います。

よいカーライフの為の車選びを!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 - SUV, トヨタハリアー, 車関連 ,