Blog stage

車関連の記事を中心とする趣味趣向の情報ブログです。

トヨタCH-Rについてディーラーの営業マンに聞いてみた事まとめ

   

スポンサーリンク

発売を目前に控えたトヨタのコンパクトSUV「CH-R」についてトヨペットの担当営業マンにお話しを聞きましたので、その事についてまとめてみたいと思います。

また、公式ホームページでも気になる部分がありましたのでその部分についても触れていきますので見ていって下さい。

トヨタCH-Rについて知り得る情報を全てまとめてみました。

今回トヨタから発売されるCH-Rに関しては、ホンダのヴェゼルやマツダCX-3辺りが競合車となりますが、ネット上では後出しジャンケンだと批判されている方も多いようです。

個人的には車に限らず色々な物が後出しジャンケンだったりするのものも多いので、これから発売されるCH-Rの車としての内容さえよければそれでいいのではないかと思っております。

トヨタの車の中では今までに無いコンセプトの車が、最新の技術で作り出され世に出てくるというのはどんな車なのかという期待も非常に大きく、発売を待ち遠しく思っております。

さて、そんなCH-Rの情報をより早く欲しいという思いから、僕がハリアーを購入した時のディーラーの担当の方に連絡を取り情報を聞いていました。

ディーラーの担当者からCH-Rについて聞いてみた

まず、自分個人としては現在ハリアーに乗っているという事を前提に話をさせていただきました。

最初に気になったのはCH-Rのサイズです。

雑誌等を見てみると、数字で大体のサイズ感は掴めるものの「家族4人で乗るにはどうなのか?」というところについて聞いてみました。

その解答は「家族4人で乗るには少し手狭である」という回答でした。

その変わり、運転席、助手席に乗った感じは非常に良い感じで高級感も割とあるとの事。

次に聞いたのは「運転をしたときの走行性能」についてです。

トヨペットの担当の営業マンは既に車に乗り、運転をしたとのことで、その走行性能については「1.8Lハイブリッド車、1.2Lターボ車共に走りに関しては非常に良い走りである」とのことでした。

ただ、パワーが欲しいという方はやはり1.8Lハイブリッドの選択が良いと思いますが、あのサイズで1.2Lターボというエンジンもありだとも感じたそうです。

気になる価格についても聞きましたが「恐らく10月下旬辺りから価格が分かるのではないか」とのこと。

価格が分かり次第明確な商談と、事前の予約が開始されるとのことなので、恐らく11月中旬位にはCH-Rの予約を取る事が出来るのではないかと言っていました。

この予約のタイミングで2016年内に納車できる可能性がある方が数人位は出てくる可能性もあるとうですが、基本的に12月14日のリリース以降に商談を開始した方は3~5カ月待ちが予想されているとのことでした。

いずれにしても「金額は問わないからCH-Rの最上位グレードをフルオプションで予約したい」なんて方が居れば、その店舗で最初の予約者になり年内の納車の可能性も出てくるのではないかと思いますが、基本的には価格の分かった10月下旬以降の商談、予約が望ましいのではないでしょうか。

個人的に現在乗っているハリアーの買取価格が300万円と言われているので、乗り換えも検討しており、肝心な「CH-Rの値引き」についてもお話を聞いてみました。

その解答は「発売前の事前商談では値引きが出来て5万円、オプションを付けて貰えればそこに関しては頑張らせてもらいます」との回答でした。

個人的に購入するとなった場合は上のグレードを選択するとは思いますが、オプションをどれだけ付けるかも分からず、寧ろオプション不要ということも考えられますので年内に大きな値引きをして貰うのは非常に困難になりそうです。

トヨタCH-Rのカラーバリエーションが割と豊富

今回のCH-Rについては非常にカラーバリエーションが豊富なようです。

時代の流れなのか、最近リリースされる車は割と沢山の色が選べるようになっており、中には2トーンのものも選択できる車も出てきており、非常に車選びが楽しくなってきております。

イエローなんかは遊び心があってよいのですが、個人的にはどうしても次の買い替えを睨んで購入するタイプなので、購入するとしたらホワイト系の色を選択するのではないかと思います。

現状分かっている範囲でも計8色あり、恐らく2トーンの設定も出てくるのではないかと思いますので倍の16種類の中から選べるようになるのではないかと予想しております。

最近2トーンは人気がありますが、買取してもらう時の評価はどうなのでしょうか。また調べてみたいと思います。

CH-Rのグレードはシンプル

CH-Rのグレードも公式ページに出てきておりますが、ハイブリッド、ターボそれぞれ2種類のグレードから選択するようになりそうです。

恐らくそのうち特別仕様車やG`zなんかも出てくると思いますので多少選択枠は広がる可能性はあるものの、別の車種なんかと比較すると割と選択しやすいのではないでしょうか。

これも実際に発売された時にさらに別のグレードが用意される可能性もありますので、その部分にも注目です。

ハイブリッドGとハイブリッドS、ターボのG-TとG‐Sの2種類は決まりのようです。

CH-Rの燃費

このサイズの車から考えると、プリウスをベースとしておりますのでハイブリッドで35km/Lは欲しい所でしょうか。

逆にターボの方も20km/Lを超えてきてくれると若者にも人気が出てくるのではないかと思います。

CH-Rのコンセプト

全体的に車体が大きい訳ではなく、それなりに荷物や人も一応入れる事、運ぶことが出来て、燃費もまぁまぁ良い。

さらに走りに関してはかなり良いという評判も聞いておりますので、どちらかというとスポーツ系のSUVに仕上がるのではないでしょうか。

こういったコンセプトの車は上でも記載のヴェゼルやCX-3がありますが、後から出す事のプレッシャーも恐らくあり、他社にはトータルバランスで負けない車を作らなければならないという状況であることは間違いないでしょう。

そういった意味では他より確実に良い車が見れるのではないかと思いますので、非常に期待の1台になりそうです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 - SUV, トヨタ C-HR, 車関連