Blog stage

車関連の記事を中心とする趣味趣向の情報ブログです。

トヨタC-HRに欠点はあるのか?人気絶頂のコンパクトSUVを検証

   

スポンサーリンク

既に予想を大きく上回る受注があるというトヨタのC-HR。

道路を走っていても少しづつ見かけるようになり、非常に目立つ車種であります。

今回はそんなC-HRを購入予定の方に一度目を通して頂きたい内容となります。

決してC-HRは買わない方がいいという内容ではなく、見た目や話題性だけで購入する前に知っておいていただきたい内容となります。

トヨタC-HRはココがダメ?購入前に知っておきたい情報

C-HR

これだけの話題の車種ともなれば個人的に気にならない訳もなく、お付き合いのあるトヨペットさんに購入の可能性が低いながらも試乗させて頂きました。

C-HRの試乗に関する感想や評価は別途まとめてありますので気になるという方いらっしゃればこちらを見てみてください。

関連記事:トヨタC-HRハイブリッドに試乗してきた感想と評価!写真も掲載

越論から申し上げますと、走る曲がるという車の基本動作に関しては現在所有しているハリアーよりも性能が高いのではないかと感じました。

個人的にはそれでもハリアーの方が良いと思える部分が多々ありましたので、乗り換えをしなかったのですが、走行性能については是非次期ハリアーにも同等の動きの出来る性能が欲しいと感じる部分はありました。

勿論、車の大きさが違ったりするのでまったく同じ乗り味にはならないかもしれませんが、少しサイズが大きいなりの走りが楽しめればそれで良いという意味で、次に生かしてもらいたいと感じました。

トヨタC-HRの欠点て何?

本題に入っていきたいと思います。

そもそもこれだけ受注の多いC-HRに大きな欠点などあるのでしょうか?

個人的に思う部分も踏まえながら参考までに見て頂きたいと思います。

C-HRの価格がどうしても納得いかない

これに関しては車をどう使うのかという部分に大きく影響するのではないでしょうか。

僕個人の場合は家族全員を載せて遠出するというケースもありますので、このサイズの車にこの金額というのは少し出しにくい金額と感じました。

そもそもファミリー層は狙っていないのかもしれません。

C-HRのターボ車のボトム価格が251万円~となっております。

比較してハリアーの価格は279万円~となっております。

価格差が28万円ありますが、現行のハリアーであれば値引きが大きく出して貰えますので購入するグレードや装備によってはハリアーと同じくらいの価格になる可能性があります。

また、競合車種として挙げられるホンダヴェゼルの価格は192万円~、マツダCX-3は237万円~となっており競合車と比較しても少し価格面ではワンランク上の価格設定になっております。

C-HRにはサンルーフのオプション設定がない?

個人的にカタログを見てみましたが、C-HRにはサンルーフの設定がありません。

ムーンルーフ (チルト&アウタースライド式)

そもそも必要無いという方にとってはどうでもいい部分になりますが、サンルーフ好きの方もいらっしゃるのではないかと思います。

因みに、C-HRの競合車種のヴェゼルやCX-3等もサンルーフオプションは無いようなので、構造上付ける事を進められないサイズの車なのかもしれません。

どうしてもC-HRにサンルーフが欲しいという方は板金工場等で後付け出来る可能性はありますが、そこそこお金は掛かってしまいそうです。

トヨタC-HRは車内は広くない

img_1480

C-HRはそもそも広さを求めて購入するような車ではないことはご存じの事かと思います。

しかし、もしもなんらかの理由で3人、4人と人を乗せた場合は後部座席の方は非常に窮屈なのではないかと感じました。

子供が乗るにしても、後ろの窓は広く作られていない為閉鎖感は非常に強いと感じました。

勿論乗れない訳ではありませんが、後部座席が快適かと聞かれると快適であるといったら嘘になってしまいます。

上でも少し触れていますが、C-HRは家族用のファミリーカーという所は基本的に狙っておらず、単身若者もしくはすでに子供が手から離れた層がターゲットとなっているのではないかと思います。

C-HRのハイブリッドに4WDの設定がない

雪の多い地域では4WDが必須となるような環境に住まれている方も居ます。

そんな中にも燃費を重視してハイブリッドを好む方も多いのではないでしょうか。

しかし、C-HRハイブリッドには2WDの設定しか無い為ハイブリッドなのか、4WDなのかの選択を迫られてしまいます。

一方競合車種の中にはハイブリッドで4WDというコンパクトSUVもあるので、どんなに見た目や走行性能、インテリアが気に入ったとしてもこの部分が譲れないとなるとC-HRは選択肢から外さなければならなくなってしまいます。

トヨタC-HRの欠点まとめ

C-HRはこれまでにない程コンパクトSUVの中では売れている車種となっておりますが、見る方によってはこの部分が無いから購入に至らないという部分も見つかりました。

しかしこれだけ受注が多いのにも理由があり、魅力も大きい車種であることは売れている状況が物語っております。

今回挙げたC-HRの欠点と思われる部分に当てはまらない場合にはおおいに検討に値する車種なのではないでしょうか。

こちらのブログでもC-HRに関する情報をほかにも記載しておりますので、是非読んでいって下さい。

関連記事:【新車値引き】トヨタC-HRの新車値引きはいくらまで引き出せるのか?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 - トヨタ C-HR, 車関連