Blog stage

車関連の記事を中心とする趣味趣向の情報ブログです。

トヨタ新型ヴォクシーおすすめのオプション品まとめ

      2016/08/29

スポンサーリンク

今回はトヨタヴォクシーのオプション品に関する情報についてまとめてみたいと思います。

トヨタヴォクシーのオプション品おすすめは?

車を購入する際に迷ってしまうのはオプションを付けるか否かという部分です。

トヨタのヴォクシーも購入の際には付けておいた方が良いオプション品があったりします。

口コミを見ていても付けてよかったオプション品なんかはよくレビューされておりますので、後で後悔しないようにこちらの記事を見て行って下さい!

新型ヴォクシーのオプション品おすすめは?

ヴォクシーのアクセサリーの中でも割とお勧めなものとそうでないものについてまとめてみました。

インテリア系

まずはヴォクシーのインテリアのアクセサリーからいってみたいと思います。

03-p01

オットマン2個セット32,400円

2列目の席に設置するオットマン。

高級車には割と設置されている車が多く、座ってみると割とリラックス出来ます。

ミニバンということで、遠出をする想定の多い方は割とお勧めです。

09-p01

こちらはインテリアパネルセット39,960円です。

ウッド調とダークメタル調の2種類から選択が可能です。

carlineup_voxy_gallery_2_06_pc

因みに通常のインテリアパネルはブラックです。

車を購入すると、基本的には運転席に居る事になると思いますので気に入った内装の雰囲気にする事で愛着も更に倍増となるはずです。

carlineup_voxy_interior_equip_2_47_pc

快適温熱シートは暖房と比較してもすぐに温まりますので、寒い冬の日には非常に重宝する装備なのではないかと思います

特に冷え性の方の場合は付けておくと非常に良いアクセサリーではないでしょうか。

最近では、軽自動車などでもこういった装備を付ける事が出来るようになっており、だいぶ一般的なものになりつつあります。

こちらの装備は「HYBRID V」のグレードのみ標準装備となっておりますので、これ以外のグレードを選択する場合はオプション購入になります。

また、HYBRIDの車は暖房が車内を温めるまでに少し時間がかかりる傾向にありますのでHYBRIDを選択する場合はほぼ必須といってもよいかもしれません。

17-p01

こちらは赤外線カットフィルム27,000円。

夏の暑い時期に重宝するアクセサリーです。

特にお子さんの乗る後部座席では、意外と暑さがこもってしまったりします。こちらを張っておくだけで直接入ってくる日差しをカットしてくれます。

また、冷房の効率も良くなるので燃費にも多少変わってくるのではないかと思います。

快適系アクセサリー

10-p01

純正リモートスタートは66,960円となっております。

純正品でないものも割と出回っておりますが、ここは純正品がお勧め。

割とシンプルなつくりではありますが、必要な事はこれ一つで大丈夫です。

特に真冬になると雪が積もるような地域であればスターターは必須とも言えるのではないでしょうか。

少々金額が高いような気もしますが、ここは安心の純正品にしておくのがベストです。

02-p01

コーナーセンサーは50,760円となっております。

車が何かにぶつかりそうな距離間になるとブザーがなるというもの。

ヴォクシーを含むミニバンに乗りなれていないという方で「絶対すりたくない、ぶつけたくない」という方はこちらをつけておきましょう。

特に納車から間もなくは車幅感覚が今までの車と違うので、つけておくと非常に安心です。

ヴォクシーのオプションまとめ

車を購入する際に選ぶ順序として、車両を選び、次にグレードを選択されるのではないかと思います。

その次がオプションやカーナビを選ぶという流れになります。

グレードの選択をする際に、後付けの必要のない標準装備のものも非常に多くありますので、まずはどのグレードを選ぶかという所で後付けのアクセサリーとして必要な物が変わってきます。

*例えば今回のZSにはクルーズコントロールなどついていないため、必須という方は別グレードにする必要があります。

今回ご紹介させていただいた内容はごく一部ではありますが、長期間乗る車であれば、出来る限り後悔の無い装備を選ぶのが鉄則と言えるのではないかと思います。

ぜひご参考にしてみてください。

人気記事:新型ヴォクシーの口コミ!納車されたオーナーの感想と人気グレード

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 - トヨタ ヴォクシー, 車関連