Blog stage

車関連の記事を中心とする趣味趣向の情報ブログです。

トヨタ新型プリウスPHV2016年秋に発売!気になる価格や燃費を調査

      2016/05/24

スポンサーリンク

トヨタ新型プリウスPHV2016年秋に発売!気になる価格、燃費情報

プリウスの進化はまだまだ終わりませんね。

2015年12月には乗用車プリウスのフルモデルチェンジ。

2016年内にはプリウスSUV版「C−HR」の販売(2016年秋から2017年発売予定)。

そして次は、プリウスPHV(プラグインハイブリッド)を2016年内にフルモデルチェンジすると発表がありました。

プリウスPHVは2016年秋に発売予定

2016年3月23日から開催されるニューヨークモーターショー2016で詳細が発表されるようです。

プリウスPHV(プラグインハイブリッド)とは?

従来のハイブリッド型プリウスに、充電ができる機能がプラスされたプリウスのこと。

トヨタ公式から「充電プリウス」と呼ばれています。

従来のハイブリッドエンジンに加え、ガソリンをまったく使わない電動式のモーターで走ることも可能で、環境にもお財布にも優しい車として、PHV車は密かに注目されています。

PHV型の車は、プリウスPHVの他にもリーフ(日産)やステラモーターズ、アウトランダー(三菱)などがありますね。

AC200Vの電力90分でフル充電ができます(AC100では3時間)。

PHV専用のコンセントと屋外充電設備があれば、自宅で充電が可能に。

外出先でも安心。

トヨタ店には充電設備がありますし、宿泊施設や商業施設でも充電設備が使えるサービス(有料)もあります。

走行を全て電力で賄うEVモードで燃費は何と26.4km/L。

普段の買い物や送迎も大丈夫です。

ハイブリッドモードは31.6km/L。

EVモードとハイブリッドを組み合わせれば、長距離の移動でも安心ですね。

EVモードとハイブリッドモードは、スイッチ1つで切り替えができます。

自動ブレーキサポート、レーダークルーズコントロール、ヒルスタートアシストコントロールなど、トヨタお馴染みの安全運転支援システムも搭載されています。

車体価格は「G」が321万429円(2WD 1.8L)、「S」が294万5314円(2WD 1.8L)。

と、一般的なプリウスとそれほど差はありません。

現行プリウスPHVは、現在販売が終了していますので、フルモデルチェンジした新型プリウスPHVの発売が待たれるばかりですね。

新型プリウスPHVスペック

全長 4550mm

全幅 1779mm

全高 1490mm

ホイールベース 2700mm

エンジン 1.8L直列4気筒DOHCエンジン

駆動方式 2WD

プリウスPHVフルモデルチェンジでの改良点

ベースは2015年12月に発売された4代目プリウス。

フロント部分は4代目プリウスとはかなり差別化を計ったデザインになるとか。

プラットフォームにTNGAを採用。

リチウムイオンバッテリー技術の進化で、燃費も格段に向上。

EVモードで50km/Lが可能になる?

車の名前もプリウスPHVから別名に。

PHVの難点、それはハイブリッドと比べてメリットがあまり見当たらないことです。

装備も値段もそれほど変わらず、それでいて充電設備が地方ではまだ充分とは言えない状況下では、ハイブリッドではなくPHVを選ぶ理由はないと多くの人達から判断されたようです。

そこで新型プリウスPHVは、プリウスでありながらも、プリウスとの差別化を強調する路線に出ると予想されます。

燃費も現行プリウスよりも大幅にアップした50km/L(予想)。

現行プリウスPHVは26.4km/L。

近隣の移動にはモーターだけという人も多い中、その倍近い燃費50km/Lともなれば中距離でもモーターだけで走ることができるのではないでしょうか?

またハイブリッドモードでも35.0km/Lから37km/Lになるのではないかと予想されています。

デザインのはどうなる?

新型プリウスPHVのデザイン面での主な変更点はフロント部分。

画像を見てみると、フロントグリルが大きく取られていますね。

現行プリウスと比べると、下に張り出したように見えます。

リアは大きな違いはないようです。

最近のプリウスのデザインについては、あまり評判は宜しくないようですが、今回のプリウスPHVの評価は如何に…?

新型プリウスPHVの販売もより積極的に?

現在のところ、車体価格の正式は発表はまだありません。

大幅に価格が上がるということは考えにくいのですが、300万から350万円ほどではないでしょうか。

ハイブリッドから完全なEVへと以降する準備車とも言えるプリウスPHV。

現行のプリウスPHVの販売を終了していることから、トヨタはこれから新型プリウスPHVの営業に力を入れると予測されます。

現在都市部を中心に充電設備も増設されています。

PHV車は他社で続々と多彩な機能を搭載したフルモデルチェンジ版が販売され、PHV同士の戦いがこれから激しくなることでしょう。

まだ未知の部分が多く、3月23日のニューヨークモーターショーの発表に注目が集まっています。

どのような未来の車を見せてくれるのでしょうか?

関連記事:新型プリウス値引きの極意とは?「プリウスの値引きは簡単に出来る」

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 - トヨタプリウス, 車関連