Blog stage

車関連の記事を中心とする趣味趣向の情報ブログです。

トヨタタンク、ルーミーとスズキソリオを比較!

      2017/02/18

スポンサーリンク

トヨタのタンク、ルーミーとスズキのソリオを比較。

最近では軽自動車も大型化してきており、だいぶ広い室内を確保しておりますが、それでももう少し大きなサイズだと丁度いいという方も多いのではないでしょうか。

トヨタから発売されたタンク、ルーミーとスズキのソリオはそんな方には丁度良いサイズの車となっております。

しかしこの2車種は非常に似ており(タンクとルーミーは外観が少し違うだけ)どちらの方がどういった部分で優位なのかについてこちらで記載していきたいと思います。

トヨタのタンク、ルーミーとスズキのソリオを比較!結局どちらを買ったら良いのかがよくわかる

「タンク」の画像検索結果

車を購入する際に何を重視するかによって、どの車を購入するかが決まりますが、今回タンク、ルーミー、ソリオの場合おおまかなサイズが同じで、いわゆるプチバンという部分は同じになります。

今回比較したい部分は「価格」「燃費」「広さ」です。

トヨタタンク、ルーミーとスズキソリオの価格を比較

まずはトヨタタンク、ルーミーとスズキソリオの「価格」について比較してみたいと思います。

トヨタタンク、ルーミーの価格

タンクとルーミーは同じ価格となっております。

グレード「X」146万円~170万円

グレード「G」162万円~179万円

グレード「G-T」180万円

グレード「カスタムG」183万円~200万円

グレード毎に見てみると価格はこんな感じです。

一番安価なのが、グレード「X」の2WDで一番高額なのが「カスタム G”S”」の4WDとなっております。

スズキソリオの価格

続いてスズキソリオの価格ですが、タンク、ルーミーと同様にグレード毎に並べてみると。

グレード「G」145万円~158万円

グレード「HYBRID MX」169万円~188万円

グレード「HYBRID MZ」184万円~202万円

ソリオ HYBRID「SX」191万円

ソリオ HYBRID「SZ」206万円

こちら以外にソリオバンディッドもありますが、こちらは割愛させて頂きました。

ソリオはマイルドハイブリッドの最上位グレードが202万円、ソリオハイブリッドが206万円となっております。

もしどちらかを購入するんおであれば、殆どの方がソリオハイブリッドを選ぶのではないかと思いました。

タンク、ルーミー、ソリオの価格比較

全体的に見てみても、そこまで価格差はありません。

実際に車両本体+オプション品の支払いをする金額を比較する場合は、現状ソリオの方が有利でしょう。

これは、タンク、ルーミーが新型車で、まだ値引きが少し困難であることを加味した場合です。

もう少し期間が経過すれば、価格的な競争は今と比較してそこまで大きくならないのではないかと思います。

トヨタタンク、ルーミーとスズキソリオの燃費比較

次は燃費に比較をしてみたいと思います。

価格は上で見て頂いた通りで、大きな差は無いという所でしたが、燃費はどうでしょうか。

・トヨタタンク、ルーミーの燃費・・・21.8km/L~24.6km/L

・スズキソリオの燃費・・・22.0km/L~32.0km/L

2つの車種を比較してみると下限値はそこまで変わりませんが、若干ソリオの方が燃費が良さそうです。

燃費の上限値はハイブリッド設定のあるソリオの方がよく走るという結果となりました。

タンク、ルーミー、ソリオを比較する時に上位グレードを選択する予定であり、燃費を最優先する方でしたらソリオの方を選択した方が良さそうです。

実燃費に関してはおおよそ6割前後が平均値になりますので、こちらのカタログ値はあくまで目安として捉えて貰えればと思います。

トヨタタンク、ルーミーとスズキソリオはどちらが広い?

パッと見た感じでは、タンク、ルーミー、ソリオのサイズはそこまで変わって見えませんが実際の数字を並べてみるとどうなのか比較してみましょう。

・トヨタタンク、ルーミーのサイズ・・・全長3715mm全幅1670mm全高2490mm

・スズキソリオのサイズ・・・全長3710mm全幅1625mm全高2480mm

こちらもやはり大きな差はありませんが、全高を除くサイズでタンク、ルーミーの方が少しづつ大きいようです。

このサイズの車に乗られる方のターゲット層には、子供の居るママという想定もあると思いますので、トランクの収納がどれ位のサイズまでいけるのかも見てみましょう。

こちらがタンク、ルーミーのトランクのサイズになります。

幅1077mm、地上からは527mmとなっております。

こちらはソリオのトランクの様子になります。

幅1065mm、地上からは665mmとなっております。

この辺りも数十ミリの差となりますのでどっちもどっちという所になります。

双方ある程度のサイズの自転車であれば後部座席を倒して入れる事も可能のようです。

トヨタタンク、ルーミーとスズキソリオを比較してどちらを選ぶ?

ここまで比較してみても決定的な違いというのは無く、少しづつどちらかに優劣があるといった内容になっております。

強いて取り上げるとしたらデザインが異なるというのは言い切れる部分になりますので、どちらの顔が好みかで選ぶ方が多いかもしれません。

また、この辺りはトヨタの営業マンから聞いたお話になりますが、同じ年式、同じ走行距離、同じ程度という条件であればトヨタ車の方が買取価格や下取りの価格は高くなるとのことでした。

購入前に手放す事を考えるのもどうかとは思いますが、こういったリセールの部分も長い目で見た場合には検討の材料の一つとして盛り込んでみてもよいかもしれません。

特にこれだけ良い勝負の車種同市なので、最終的にはどっちが得でどっちが損なのかという所は大きな検討材料になるのではないでしょうか。

これからこのサイズの、いわゆるプチバンを購入される予定の方は双方良い競合車種となりますので是非値引き合戦に使ってみてください。

また、乗り換えをご検討されている方は、下取り価格と買取価格の差額を前もって知っておく事で商談を優位に進められるケースが多いです。

下取り価格しか知らないよりも数十万円違ってくる場合もあります。

ご検討の際にはネット査定を一度試してみてください。

即相場価格が分かるので便利です。

関連記事:トヨタ新型タンク、ルーミーの値引きはいくらが限界?新型コンパクトカーの最新情報

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 - トヨタ タンク・ルーミー, 車関連