Blog stage

車関連の記事を中心とする趣味趣向の情報ブログです。

トヨタアクア「人気コンパクトカー情報」燃費、グレード選び、値引き価格徹底解明

      2016/03/04

スポンサーリンク

こちらではトヨタの人気コンパクトカー「アクア」に関する詳しい詳細についての情報をご案内しております。

主に、アクアに関する「燃費」「価格」「値引き」「グレードによる装備の差」「内装、外装」「お得な情報」を取り上げております。

トヨタアクアの詳細情報

それでは早速みていきましょう。

トヨタアクアの燃費「カタログ値」と「実燃費」

アクアの燃費に関しては、コンパクトカーとしては現状国内もっとも低燃費である1リッターあたり37.0kmを走るということがカタログ上で公開されています。

実燃費に関しては22km~24kmという数値が一般的ですが、後はドライバー次第といった所のようです。

この一般的な走行数値をもとにすると、アクアの燃料タンクは37Lのガソリンを入れる事が出来るので、ガソリン満タンで走れるのは大よそ814km~888kmを走行する事が出来そうです。

実際の所は、高速道路を走るのか、一般道を走るのか。

また、混雑時なのか空いている道路を走るのかでだいぶ変わってくると思いますが、これだけの距離が走れれば遠出の際にもガソリンスタンドを気にしながら走らなくても良さそうな気がします。

燃費性能は非常に高く、沢山の距離を走る事が出来るというのは人気の一因と言えそうですね。

トヨタアクアの価格情報

次に見ていきたいのがアクアの価格に関する部分です。

グレードごとに価格が異なるのはどの車も同じです。アクアの場合は6種類のグレードがあります。

ということで下のグレードから順に見ていきましょう。

「L」1,761,382円~

「S」1,887,055円~

「G」2,007,818円~

「G ブラックレザーセレクション」2,090,291円~

「X-URBAN」2,100,109円~

「G.z」2,431,963円~ 基本的なグレードはL,S,Gという3グレード。

そこに特別仕様車であるGブラックレザーセレクション。 そして少しクロスオーバーなアクアがX-URBAN。

さらにエアロ等外装の見た目が非常に特徴的なG,zモデルが一番高額なアクアとなります。

ということで、ここで紹介させて頂いた各グレードについて金額だけでなく、どんな装備があるのか、どのグレードが一番ニーズを満たしてくれそうなのかを見ていきましょう。

トヨタアクアのグレードに関する情報

まずは一番オーソドックスで土台となる「L」グレードから見ていきたいと思います。

アクアのLグレードで一番驚くのが「リアウィンドウが手動」であるという事。

昔はパワーウィンドウが付いていない車も珍しくなかったのですが、今では安価な軽自動車を購入してもパワーウィンドウは標準装備なのではないかと思います。 手動式ウインドゥ(リヤドア) またグレードLを選択した場合は車のカラーが4色しか選択出来ません。 ・スーパーホワイトⅡ ・ブラックマイカ ・シルバーメタリック ・クールソーダメタリック 次に見ていきたいのは「S」グレードです。

ワンランク上がってSグレードを選択した場合に変わってくる標準装備の主要な部分は、シートと内装の色が2種類から選択可能になります。

ブルーブラックとブリリアントレッド。 S用ファブリックS用ファブリック こちらの2色です。 またボディーカラーもかなり豊富になります。 その選択枠は14色。

 

スーパーホワイト2〈040〉
スーパーホワイトⅡ040
ライムホワイトパールクリスタルシャイン〈082〉
ライムホワイトパールクリスタルシャイン*4082
シルバーメタリック〈1F7〉
シルバーメタリック1F7
グレーメタリック〈1G3〉
グレーメタリック1G3
ブラックマイカ〈209〉
ブラックマイカ209
スーパーレッド5〈3P0〉
スーパーレッドⅤ3P0
チェリーパールクリスタルシャイン〈3S7〉
チェリーパールクリスタルシャイン*4*53S7
オレンジパールクリスタルシャイン〈4X3〉
オレンジパールクリスタルシャイン*44X3
イエロー〈5A3〉
イエロー5A3
フレッシュグリーンマイカメタリック〈588〉
フレッシュグリーンマイカメタリック588
ブルーメタリック〈8T7〉
ブルーメタリック8T7
クールソーダメタリック〈8V7〉
クールソーダメタリック8V7
パープルメタリック〈9AD〉
パープルメタリック*59AD
ディープアメジストマイカメタリック〈9AH〉
ディープアメジストマイカメタリック9AH
トヨタ公式ホームページより引用http://toyota.jp/aqua/grade/grade3/

最近の車は割と明るいカラーが人気があり、これだけの色が揃っていると逆に迷ってしまうかもしれませんね。

さらに上級グレードのGになると、シートは更に高級感を出した「スエード調ファブリック」となります。

さらに車としての機能としては「クルーズコントロール」と最新の安全技術を駆使した「TOYOTA Safety sense C」が標準装備されています。

クルーズコントロールに関して簡単にお伝えするとしたら「レーダーを使って前の車との車間距離を自動的にとってくれる機能」です。

いわゆる運転補助の機能ですね。 TOYOTA Safety sense Cに関しては プリクラッシュセーフティーシステム・・・衝突回避サポート

レーンディバーチャーアシスト・・・車線を外れる時に知らせる

オートマチックハイビーム・・・自動的に最適なライトにする の3点が使える安全システムとなっています。

さて、次はアクア「X-URBAN」です。

こちらのグレードは燃費が他のグレードよりも33.8km/リッターという所だけは覚えておかなければならない部分です。

更に普通のアクアとは違うのは見た目の部分です。

アクアでありながらクロスオーバーというジャンル設定がされているので、見た目もアクアとは少し違います。

内装に関してもシートが合成皮革となっておりますので、コンパクトカーでありながらラグジュアリーな雰囲気も味わう事が出来ます。

こちらのX-URBANは車高が20mm高くなっているので運転も楽になるのではないかと思います。

トヨタアクアのまとめ

さて、アクアについて色々と書いてきましたが如何でしたでしょうか?

これからトヨタアクアの購入をご検討されている方には出来るだけお安く購入出来る方法について最期に記載させて頂きたいと思います。

アクアを新車で購入するとなると、基本的にディーラーへ行く事になると思いますが今ではネットで安く見積もりをとって購入することも出来ます。

また、その見積もりがあれば同額の値引きをディーラーで引きだすこともかなり楽に出来るようになります。

一番のポイントとしては、簡単で3分もあれば見積もりを取る事が出来ます。 是非ネットで見積もりをとって安く賢く新車購入をしてみて下さい。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 - トヨタ アクア, 車関連