Blog stage

車関連の記事を中心とする趣味趣向の情報ブログです。

ダイソンの加湿器が魅力的過ぎる件【コレ欲しい!家電編】

   

スポンサーリンク

掃除機で有名になったダイソンの商品。

過去に家電製品を買いに行き、その場で色々と試してきてみましたがイマイチしっくりこなかったというか、良さがその場ではあまり分からなかったというのが正直な所。

デザインなんかも非常に優れていて良いんだけど、どうしても価格と見合ったメリットがあまり感じられなかった。

ただ、男目線と女目線というのはまったく別の物でして。

嫁さんからすると、ダイソンの掃除機はかなり欲しい商品だったようです。

それでも、国産の同じような商品と比較するとだいぶお高いので彼女を納得させる理由となっていました。

そんな「ダイソンの商品は高い」としか思っていなかった僕ですが、遂にこれは欲しいというものが現れました。

それはダイソンの加湿器です。

部屋全体を潤してくれそうなあの形には本当にやられました。

僕は加湿器を年に一度程追加購入して、お古を友人や実家に差し上げるような事をするほど加湿器が好きなんですね。

というのも、僕の風邪は喉からきます。

部屋が潤っていれば乾燥を防げる→加湿器必要→加湿器買う→加湿器マニアになる。

という図式で加湿器が好きになりました。(意味不明ですみません。)

ということで、購入を検討するにあたってどんな商品なのか調査してブログに書いておこうと思います。

ダイソンの加湿器はどう?

daison

加湿器は色々な商品がありますが、購入の度おもうのはフィルターの交換が面倒とか、赤カビが生えてきたとか、主に衛生的な部分。

体調不良を防ぐ為に購入した加湿器から出てくる蒸気が不衛生では話にならない訳です。

さて、その点に関しては公式HPでこんな記載があります。(簡略化して書いておきます)

→全ての加湿器が衛生的では無く、物によってはバクテリアの住家となってしまう。ダイソンの加湿器であれば、そんなバクテリアの巣となるようなフィルター等が一切ないんです。

こんな記載がありましたが、正直使ってみないと分からない部分ではありますよね。なんだかんだ御手入れが倍必要では意味がありませんから。

で、そんな事を思い手入れについて検索をかけてみると・・・。

→月一程度の手入れが必要。部品はバラバラにしやすくはなっているが改善点として挙げられる部分である。という口コミが多い模様。

どうしても、水を使う製品である為手入れが必用なのは仕方がないのかもしれない。ここを手間なしに出来る物があればすごく売れる商品になるのになぁ・・・。

ダイソンハイジェニックミストの主な特徴

・部屋を均一に潤す→Air multiplierテクノロジーというのを採用している。

・衛生的である→ウルトラバイオレットクレンズテクノロジーを採用している。→加湿前に99.9%除菌するという最新のテクノロジー

・夏場はサーキュレーターとして使える。

・勿論リモコンがついている。

一番はテクノロジーという部分が売りな部分なのかなと思います。

除菌する技術、潤す技術。

そして他では無いダイソンらしい斬新なデザイン。

これは購入するにあたいする商品なのかというのが一番の悩みどころだが、CMも上手にしており加湿器を買おうとしていた方は恐らく家電製品店で確実に触っているだろうと思います。

ダイソンのハイジェニックミストは買いなのか?

そうはいっても加湿器です。

価格がどうしても納得いかない部分があるのは言うまでもありません。

ただ、購入するなら2年保障もついている模様。

僕のように適当な商品を購入して、毎年買い替える位なら良いのを長く使うというのも一つの考え方なのかもしれない。

 

ちなみに公式ページではキャンペーンということで57,000円程の価格で出ていましたが、こちらの方が安く買えそうです。

それでもこの価格は本当にネックになりますね。

ちょっと休日の様子を見ていじってきてみます。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 - これ欲しい, これ欲しい【家電製品】