Blog stage

車関連の記事を中心とする趣味趣向の情報ブログです。

スバルフォレスターのグレード比較と納車されたユーザーの口コミ

      2016/09/06

スポンサーリンク

スバルフォレスターのグレードについてと、既にフォレスターのオーナーの方の口コミについて情報を発信していこうと思います。

フォレスターのグレードは全部で6つあり、ベースグレードの2.0iから最上位グレードの2.0XT Eyesightまでというバリエーションとなっております。

グレードの数で言えば少し多いように感じますが、中身自体は難しくないので、自分に合ったフォレスターを簡単に見つける事が出来るのではないかと思います。

スバルフォレスターのグレード、価格まとめ!比較してみると違いが分かり易い!

別の記事でも記載しておりますが、まずは価格の比較を最初にしていこうと思います。

スバルフォレスターの価格はどう?

価格が予算に合わなければ、欲しいグレードであっても購入に踏み切るのが難しくなるのではないかと思います。

ただ、フォレスターは他のミドルSUVと比較しても価格は抑えられているのではないかと思います。まずは一覧をご覧ください。

グレード 車両本体価格 
2.0i 2,149,200円
2.0iL 2,581,200円
2.0iL Eyesight 2,689,200円
X-BREAK 2,754,000円
S-Limited 2,894,400円
2.0XT Eyesight 3,128,760円

フォレスターのグレードについて、どこがどう違うのかに関してはこの先に記載したいと思いますが、予算と比較してみてどうでしょうか?

ベースグレードの2.0iは214万円~で最上位グレードの2.0XT Eyesightは312万円となっており、その差額は100万円程となります。

今の予算で大体このグレード辺りが妥当かな~という所がどんな内容なのかを見ていきましょう。

スバルフォレスター2.0iのグレードの特徴

ベースグレードとなりますので、他のフォレスターと比較した場合には少し質素な内容になるのかもしれませんがどうでしょうか?

フォレスター2.0i 2,149,200円~

スバルフォレスター2.0i標準装備の内容

17インチデザインスチールホイール ルーフアンテナ メーター(照明は赤)
インフォメーションメーター ECOゲージ USB電源&電源ソケット
フロント大型ドアポケット 前席カップホルダー  

ベースグレードということもあり、コレと言って目を引くような装備はありませんが、とりあえず安くフォレスターという車に乗りたいという方には選択の余地があるかもしれません。

残念なのはホイールがスチールであること。流石にこのクラスの車だとアルミをはきたいというのが個人的な意見です。

ただ、恐らくディーラーへ行ってベースグレードを購入しようとした場合殆どが少し上のクラスをお勧めされます。

そこには、より装備の整った車に乗ってもらいブランドの価値を分かってもらいたい、スバルフォレスターの良さを体感してもらいたいという気持ちがあるかもしれません。

スバルフォレスター2.0i-Lの特徴

スバルフォレスター2.0i-L 2,581,200円

一つ上のグレードになると、少し装備の内容も豪華になってきます。

スバルフォレスター2.0i-Lの標準装備は?

17インチアルミホイール ルーフアンテナ ルーフスポイラー
LEDハイ&オービームランプ *X-MODE マルチインフォメーションディスプレイ
マルチファンクションディスプレイ シートヒーター 左右独立温度調整機能付きフルオートエアコン
*パドルシフト センタートレイ USB電源&電源ソケット

*はリアトロニック車のみ。

フォレスター2.0i-Lではベースグレードでは装備されていない便利な装備が多く、やっと近代的な標準装備のある車となったかな?という感じがします。

17インチのアルミホイールも装備され、見た目も中身もだいぶ充実しています。

フォレスターを購入検討するということであれば、このグレードからというのが妥当かと思います。ベースグレードとの違いは一目瞭然です。

ベースグレードとの価格差は44万円程の差となります。

スバルフォレスター2.0i-L EyeSightの特徴

スバルフォレスター2.0iL Eyesight 2,689,200円

スバルと言えばEyeSightというほど安全性能では定評のあるメーカーです。

こちらのグレードはフォレスター2.0i-LにそのEyeSightを加えたグレードとなっております。

EyeSightとは?

ということで、グレードに装備されている内容は上で記載した内容となりますので割愛させていただき、EyeSightについて触れていきたいと思います。

スバルのアイサイトはJNCAP予防安全評価で最高ランクを取っている安全装備になります。

「ぶつからない車」「はみださない車」を主軸に、事故の無い車を目指して作られており、日々実験を繰り返し日々進化を続けております。

車内のフロントガラス上部にカメラが2台設置されており、このカメラがあらゆる状況を察知し事故を未然に防いでくれるというものです。

このアイサイトは他社と比較しても性能が非常に優れており、スバル車=安全であるというブランド力を持つようになりました。

新しく車を購入する際に安全性能を重視するのであれば、このアイサイトを装備している車はうってつけの車であることは間違いないでしょう。

スバルフォレスター X-BREAKの特徴

スバルフォレスターX-BREAK 2,754,000円

X-BREAKは2.0i-L Eyesightの特別仕様車となっており、アウトドア派の方向けの仕様となっているモデルとなっております。

X-BREAKの主な特徴

2.0i-Lの装備に加えて以下の内容が特別仕様として含まれています。

撥水ファブリックシート 撥水カーゴフロアボード
インパネ加飾パネル シルバールーフレール

2.0i-Lとの差額がおおよそ7万円となりますが、スキーやスノーボード、釣りやサーフィン等の水と戯れる遊びをするような方には良い装備内容になるのではないかと思います。

スバルフォレスター S-Limitedの特徴

スバルフォレスターS-Limited 2,894,400円

こちらも2.0i-L Eyesightの特別仕様車となっておりますが、内容としてはどちらかというとスポーツ系の装備を充実させた内容となっております。

走る事を楽しみたい方や、車にラグジュアリーを求める方はこちらを選択するとよいかもしれません。

フォレスターS-Limitedの主な装備

18インチアルミホイール キーレスアクセス&プッシュスタート
運転席&助手席パワーシート フロントグリル
アルミパッド付きスポーツペダル  

S-Limitedは2.0i-Lとの差額が20万円程となっておりますが、内容として非常に上質な車に仕上がる事は間違いないと思います。

またアルミホイールが標準で18インチとなっておりますので、見た目もグッと変わってきます。

スバルフォレスター2.0XT EyeSightの特徴

2.0XT Eyesight 3,128,760円

最上位グレードの2.0XTは他のグレードと根本的に違う部分があります。

エンジンがターボとなっており、燃料もハイオクを入れる必要があります。

スバルフォレスター2.0XTEyeSightの主な装備

18インチアルミホイール アドバンスドセーフティーパッケージ
LEDハイ&ロービームランプ X-MODE
マルチインフォメーションディスプレイ 左右独立温度調節付きフルオートエアコン
シートヒーター キーレスアクセス&プッシュスタート
運転席、助手席8ウェイパワーシート アルミ付きスポーツペダル
アクティブトルクベクタリング マルチファンクションディスプレイ

こちらのグレードに関してはまさに全部載せという程の標準装備となります。

ただ、やはりネックは車両本体の価格と維持費といった所でしょうか。

スバルフォレスターを選ぶならどのグレードがおすすめ?

ここまで6つのグレードについて簡単にまとめてきましたが、一番バランスの良いグレードは一般的に2.0i-LEyesight辺りではないかと思います。

せっかくスバルの車に乗るのであれば、安全性能で高い評価を得ているEyesightは体感して良さを知りつくしていただきたいと思います。

また、プラスアルファの部分で、フォレスターの利用用途を考えて特別仕様車にするのは有りでしょう。

ただ、最上位グレードの2.0XTに関しては他と比較しても非常に良い内容ではあるものの、ハイオクを入れなければならないという維持費と、他のグレードと比較しても本体の金額が高額であることからなかなかおすすめしずらいグレードであり、フォレスターでありながらあきらかな違いのある車となっております。

スバルフォレスターオーナーの評価、口コミは?

車を購入したオーナーが自分の車を悪く言うケースは殆どありません。スバルフォレスターのオーナーも例外ではなく、口コミを見てみるとほぼ満足という評価で埋め尽くされております。

その中で敢えて酷評をされている方のは

「知名度が薄く車の所有満足度があまり大きくない」

「インテリアのデザインが残念」

等の内容を見つけました。

ただ、これは本当に氷山の一角となっております。

逆に購入して良かったという意見の中には以下のような内容のものがあります。

「雪道でも車高の高さと4WDでかなり運転が楽である」

「特別仕様車X-BRAKEにしてアウトドアが楽しくなった」

「インテリアもシンプルイズベスト」

という評価がありました。

これから検討される方には車の色んな部分を加味して頂き、選択して頂くにあたってご参考になればと思います。

スバルフォレスターの新車値引き

フォレスターは発売当初よりも大きく内容を変えてゆき、今では国産のSUVを購入されたい方の中では検討されている方も多いのではないかと思います。

そんなフォレスターを新車で購入する場合、どれ位値引きを引き出し、如何にして安く購入するかという所にも触れておきたいと思います。

現状フォレスターは割と値引き額も多めに出る車種となっております。

時期等を問わずとも最低でも30万円程、多い方の情報だと60万円の値引きを引き出したという方も居るようです。

現行のフォレスターであれば、競合車種に日産のエクストレイル辺りをぶつけて普通に商談を進めていけば最低ラインの30万円程の値引きはそこまで難しくはないでしょう。

時期的にボーナス商戦の7月、12月と決算時期である9月と3月辺りはタイミングによっては更に大きな値引きを引き出す事が出来るのではないかと思います。

ポイントとしては

・競合車種の見積りを貰い、フォレスターともう一車種で検討している。

・営業の方と良好な関係構築をしていく。

・契約手前の最終段階で更にもう少しだけ値引きしてもらえたら契約をすることを伝える。

といった、基本的には値引き商談の際によく使われる方法で充分事足りるのではないかと思います。

また、本当の意味で最安値でフォレスターを購入したいのであれば、今乗っている車の買取価格と下取り価格の差額をしっかりと把握しておくことが有効です。

下取りと買取では平均して16万円買取りの方が高額で買い取って貰えるという調査結果があり、やった方とやらない方では大きな金額差が生まれてきます。

今ではネットで簡単に自分の愛車の買取価格を知る事が出来ます。

そのまま買取をしてもらうという方法と、その買取価格をもって下取り価格の交渉をするにしても金額が分からない状況ではどうにもなりません。

先ずは買取価格を調べてみましょう。

僕の場合は当時ホンダのミニバンを下取り、買取価格で比較した所30万円も差があったので調べておいて本当に良かったと思います。

これ位差が出てくるとグレードを引き上げる事も視野に入ってきます。

市場価格も日々変化しており、勿論早く調べる事で値段が落ちる寸前の金額で買取の見積りが出せる可能性が高くなります。

車の購入を検討されている方は是非試してみてください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 - SUV, スバル フォレスター, 車関連