Blog stage

車関連の記事を中心とする趣味趣向の情報ブログです。

スズキ新型スイフトスポーツはどんな車?走りの特化したコンパクトカー

      2017/01/01

スポンサーリンク

スズキファンのみならず、コンパクトカー全体的に評価の高いスイフト。 

前回の記事では3代目スイフト(ノーマルスイフト)のグレード別の性能の紹介をしましたが、今回はスイフトスポーツの性能について調べてみました。

2017年発売の新型スイフトの記事はこちら:スズキ新型スイフトフルモデルチェンジで2017年1月発売!値引き/燃費/価格?

ノーマルスイフトのまとめ

スイフト(SWIFT)は無駄のない洗練されたエクステリアに、安定した走行性とパワーを持っています。

そしてスズキ独自の技術「デュアルジェットエンジン」で燃費効率を向上させ、最大26.4km/Lを実現させました。

それでいて車体価格は最上級グレードでも約165万円。

初代スイフトの79万円には及びませんが、コンパクトカーの中では低価格の部類に入ります。もちろんエコカー減税も対象です。

最上級グレードXS-DJEになると、カーテンエアバッグやフロントシートエアバック、横滑り防止装置などの最新の安全機能が標準装備です。

さらにはクルーズコントロールシステム、パドルシフトも標準装備となってこの価格。

スイフトが注目されるのも頷けます。

XS-DJEの目玉であるこれら装備は、下位グレードではオプションですら装着できません。

ちなみに、スイフトの後継車とも言われる(厳密に言えば初代スイフト)「新型イグニス」もありますが、あちらはオフロードも対応できるクロスオーバーSUV車。

スイフトはどちらかと言えば完全に整備されたオンロード向け、つまり街乗り向きの車です。

 

スイフトスポーツとはどんな車?

スイフトスポーツ(通称スイスポ)は、通常のスイフトよりもさらに走行性を重視したスポーツーカーです。

足回りは固めで伸びやかな加速、MTの操作感を気軽に楽しみたい層にスイフトスポーツは支持されています。

サスペンションは他のスポーツカー同様固めの設計。

しかし、長時間運転でも疲れることはありません。

CVTもあるのでAT限定の方でも大丈夫です。

CVTには、ハンドルにMTのようなギアチェンジができるボタンがある「パドルシフト」も搭載されています。

スポーツカーユーザーの裾野を広げているのにもスイフトスポーツは貢献しているのです。

通常のスイフトが1.2Lエンジンを搭載しているのに対し、スイフトスポーツは1.6L。

0.4Lの差は数値だけ見れば小さいですが、運転した時のその差は歴然と分かります。

加速時はコンパクトカーの域を超えたパワーを感じ、「運転の楽しさ」の意味が分かることでしょう。

それでいてエンジンの静粛性は従来のコンパクトカーとほぼ同等。

スポーティーでカッコイイ車イコール静粛性は二の次という認識ですが、スイフトスポーツは街中や深夜でも気にする必要なありません。

そして何よりスポーツカーファンの間で評価が高いのは、コーナリング性能。

安定したコーナリングは、運転をさらに楽しくしてくれます。

ミッションは6MT。

スムーズな加速と高速の快適さはコンパクトカーだということを忘れさせてくれるでしょう。

6速のギアの場合は、バックする時にちょっとコツがいるそうですね。

他にも注意点はクラッチに結構癖があり、試乗してからの購入は必須だとか。

スイフトスポーツの車体価格と燃費

2WD 6MT 172万8000円 14.8km/L

2WD CVT 179万8200円 15.6km/L

ノーマルスイフトと比べてかなり燃費が落ちますが、それでも国産スポーツカーでは上位に入る燃費の良さ。

スイフトスポーツを本格的なスポーツカーとするのは賛否両論分かれるところですが、スポーツカーを体験したい、できるだけ安価でスポーツカーが欲しいという人向きではないでしょうか。

ノーマルスイフトとスイフトスポーツの違いは?

ノーマルスイフトとスイフトスポーツは別の車と考えた方が良いでしょう。

一言で言えばノーマルスイフトは街乗りをする中で燃費、安全を第一に考えた車、スイフトスポーツは走行性と運転の楽しさを第一に考えた車です。

スイフトスポーツでももちろん街乗りはOKです。

一般道で常識的な範囲内で加速やコーナリングを楽しむ分にはまったく問題ありません。

もちろん、サーキットで楽しむこともできます。

燃費や価格を重視する層には断然ノーマルスイフトをおすすめします。

燃料もレギュラーガソリンではなくハイオク仕様車ですので、ガソリンが安くなっている現代の時勢でもハイオクしか入れられないのは厳しいでしょう。

税金等はそれほど差はありませんが、最も大きく維持費で差がつくのは保険料。

もちろん年式やオーナーの年齢、今までの加入状況によって違いが出てきますが、ノーマルスイフトに比べて高めとなると考えた方が良いでしょう。

他にもタイヤやオイル交換と言った定期的なメンテナンスの場合も、スイフトスポーツの方がよりコストがかかります。

スイフトスポーツそのものはスポーツカーの中では安価とは言え、維持費はそれなりにかかりますので、車が趣味、運転性能を求める人ではないとおすすめできません。

逆に車が趣味、スポーツカーが欲しい、という人ならスイフトスポーツはおすすめです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 - スズキ スイフト, 車関連