Blog stage

車関連の記事を中心とする趣味趣向の情報ブログです。

スズキバレーノグレードの違いと比較!最新コンパクトカー買うならどっち?

   

スポンサーリンク

スズキ「バレーノ」グレードの違いは?

3月9日の発表から話題騒然となったスズキのハッチバックコンパクトカー「バレーノ」。

「スズキ バレーノ」の画像検索結果

今までのスズキ、そしてコンパクトカーのイメージを一新するようなボディサイズとデザインは、グローバル市場を捕らえたもの。

昨年2015年秋にはすでにインドでは生産、販売が始まっていることから、バレーノはどちらかと言えば海外向けに作られていると思われます。

ちなみに海外向けにはガソリン車とディーゼル車のバレーノが発売されていますが、日本国内向けにはガソリン車、しかもハイオク指定車のみの発売となっています。

また欧米車と国産車の違いの1つに、前後タイヤのサイズの違いがありますが、バレーノも欧米車式を採用し、前輪は15インチ、後輪に16インチのタイヤとなっています。タイヤ交換時には注意が必要かと。

欧米車向けの車であるものの、国産コンパクトカーの良さは損なわず、かつ1000kgを切る軽さは新たな魅力となりつつあります。

発売は「XG」が2016年3月9日。その上位グレードに当たる「XT」は5月13日に発売が予定されています。

この2つのグレードの違いは?

今からXGを契約?それとも5月まで待つべきでしょうか…?

バレーノXG

 

車体価格 141万4800円(消費税込み)

燃費 24.6km/L(JC08モード)

駆動方式 2WD FF

トランスミッション CVT

エンジン 冷水4サイクル直列4気筒 DOHCエンジン(K12C型)

総排気量 1.2L

XGに搭載されているエンジンは、イグニスやソリオと同じ自然吸気デュアルジェットエンジン。

スズキの低燃費技術、Sエネチャージはありませんが、このデュアルジェットエンジンで燃費効率を上げています。

装備・機能

衝撃吸収ボディ

歩行者障害軽減ボディ

頭部衝撃軽減構造インテリア

運転席助手席SRSエアバッグ

頸部衝撃緩和フロントシート

レーダーブレーキサポートⅡ

エマージェンシーストップシステム

ESP

ヒルホールドコントロール

4輪ABS

マルチリフレクターハロゲンフォグランプ

ハイマウントストップランプ(LED)

防眩式ルームミラー

フロントベンチレーテッドディスクブレーキ

アダプィブクルーズコントロール

運転席シートヒーター

ウレタンステアリングホイール

チルトステアリング(ハンドルの角度を調整できる機能)

テレスコピックステアリング(ハンドルの前後の位置を調整できる機能)

ファブリックシート

運転席シートリフター

6:4分割可倒式リヤシート

自発光式メーター

マルチインフォメーションディスプレイ

メッキ加飾フロントグリル

ルーフエンドスポイラー

メッキバックドアガーニッシュ

メッキドアハンドル

光輝ベルトラインモールディング

リアコンビネーションランプ

ピラーブラックアウト

衝撃軽減ボディなどは、スズキお馴染みの安全装備ですね。

スイフトやイグニスと違うところは、安全運転支援システムにデュアルカメラではなくミリ波レーダーを搭載しているところ。

また昨今日本国内でも注目されつつあるアクティブ・クルーズ・コントロール(ACC)もバレーノには搭載されています。

ACCがコンパクトカーの標準グレードに搭載されているのは珍しいのではないでしょうか。

高速道路を長時間運転する人には、不可欠な機能となっていますね。

インテリア、エクステリアともにシルバーやメッキが標準で加飾されています。

バレーノ(閃光)という名前の通り、装備もキラリと光るものとしたのでしょうか?

バレーノ XT

車体価格 161万7800円(消費税込み)

     172万8000円(セットオプション装着車)

燃費 20.0km/L(JC08モード)

駆動方式 2WD FF

トランスミッション 6AT

エンジン 冷水4サイクル直列3気筒 DOHCターボエンジン(K10C型)

総排気量 1.0L

装備・機能

XGに加えて

ディスチャージヘッドランプ(ハイ・ロー マニュアルレベリング機構付)

オートライトシステム

ハイマウントストップランプ

本革巻ステアリングホイール

6速マニュアルモード付オートシフト

マルチインフォメーションディスプレイのXGの物との違いは平均車速やモーション表示機能が付いています。

残念ながら、バレーノのマルチインフォメーションディスプレイには、「Apple Car Play」は対応していないとのこと。

セットオプション装着車は、XTの装備に以下の装備が加わります。

フロントマルチリフレクター/ハロゲンフォグランプ

カラー表示マルチインフォメーションディスプレイ

運転席、助手席バニティミラー

助手席シートヒーター

本革巻シート

センターコンソールトレー

センターコンソールボックス

と、特にインテリアに高級感や快適さをプラス。

およそ9万円追加で本革シートに助手席シートヒーターに収納力アップは、こだわり派には安いくらいではないでしょうか。

XTの売りは、新開発のブースタージェットエンジン。

排気量は1.0Lですが、1.6L並みのパワーを持っているとのこと。

標準グレードのXGでもかなりの機能を備えているのが分かります。

さらに力素強い走りと、快適な居住空間を求めるならXT、またはセットオプション装着車と言ったところでしょうか。

ゆとりある快適なドライブが期待できそうです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 - スズキ バレーノ, 車関連