Blog stage

車関連の記事を中心とする趣味趣向の情報ブログです。

スズキハスラーの特別仕様車「J STYLEⅡ」の詳細を徹底解明!

      2015/12/26

スポンサーリンク

2013年に発売されてから爆発的に人気を呼んだスズキハスラー。

発売直後は、軽自動車税増税前だったのもあり、納車に2ヶ月から3ヶ月待ちになったほど。

今では多くのツートンカラーの可愛いボディが街を走っていますね。

人気の軽自動車ハスラー特別仕様車はどう?

そのスズキハスラーが2015年12月7日に、特別仕様車「J STYLEⅡ」を販売しました。

従来のハスラーとの違いは、カッコ良さ、シックな仕上がりにあります。

J STYLEⅡだけの特別カラー「フェニックスレッドパール」

フェニックスレッドパールは、従来のハスラーにはありません。

フェニックスレッドパールは、ダーク系のレッドで、従来のハスラーにあるビビッドなピンクとは対局にあるカラーです。

ハスラーカラーバリエーションは豊富ですが、現在はかなり多く出回っています。

ハスラーにしたいけど、他と似たような車じゃ嫌!という人はJ STYLEⅡがおすすめです。 

ただ、J STYLEⅡは従来のハスラーに比べてカラーは「クールカーキパールメタリック」「ブルーイッシュブラックパール」「アクティブイエロー」そして「フェニックスレッドパール」の4種しかありません。

ブルーイッシュブラックパールやクールカーキパールメタリックはハスラーの中でもクールさが人気のカラーですね。 

ルーフをブラックにすればかかなりシックな仕上がりにあります。

他との違いにこだわるならフェニックスレッドパール1択ですね。

バンパーガーニッシュ、リアガーニッシュはグレーに

ハスラーと言えば、パッと明るい色にホワイトを組み合わせた可愛さでも人気ですね。

外装も内装も至るところにホワイトを取り入れています。

J STYLEⅡはバンパーガーニッシュとリアガーニッシュ部分かグレーになっています。 

ホワイトはオプションで。

他にもシルバーメタリックなバンパーガーニッシュもオプションであります。

HUSLERのエンブレムも全面に

通常のハスラーのエンブレムはバッグドアにだけでしたが、J STYLEⅡは全面にドーンとHUSLERのエンブレムが。

バッグドアには「J STYLEⅡ」もさり気なく光っています。

他にも

・フォグランプはハロゲンではなくLED

・プレミアムUV&IRカットガラス(紫外線を99%カット)

・カラフルなリモコンカバー

など、ちょっとした遊び心と機能性もかなり上がっています。

内装もおしゃれ&シックに

J STYLEⅡの内装は基本的にブラック。

プラスしてボディと同色のパイピングがとても可愛いです。

ドアの内側の取っ手は白いのがハスラーっぽさを出していますね。

助手席にもシートヒーター

従来のハスラーは運転席だけにヒートシーターが実装されていましたが、J STYLEⅡは助手席にもヒートシーターがあります。

冬でも同乗者は寒い思いをしなくて済むでしょう。

後部座席は広々

軽自動車は小さくて小回りが効く反面、車内は狭くて窮屈というデメリットがあります。

しかし、ハスラーは運転席も後部座席も広々。

成人男性が乗っても窮屈さはそれほど感じません。

J STYLEⅡもその広さは健在です。

車内の収納もたくさん

運転席、助手席だけではなく後部座席にもドリンクホルダーはあります。

また、助手席を倒すと後部座席のテーブルになります。

車内でお行儀良く食事もできちゃいますね。

さらに助手席に全面の収納ポケットも、蓋を開くとテーブルになります。

助手席に下の荷物入れも健在です。

しかし、ハスラーのラゲッジルームはかなり狭いです。

これはJ STYLEⅡも代わりません。

遊べるジープのモットーで売り出されていますが、アウドドアへ出かける場合は2人がギリギリではないでしょうか。

Sエネチャージ搭載

加速時の発電をさらに効率よくした機能「Sエネチャージ」をJ STYLEⅡは搭載しています。 

減速エネルギーを使って発電し、Sエネチャージ専用のリチウム電池に充電し、加速時のアシストに使います。

このSエネチャージによって、低燃費、アイドリングストップ時の静音化を可能にしました。

J STYLEⅡの気になる燃費は?

J STYLEⅡ 32.0km/L

J STYLEⅡ ターボ 27.8km/L

スズキのカタログ燃費ですので、この燃費を鵜呑みにせず、渋滞やエアコン使用を考慮してこの6割程度、およそ19km/L程度と考えた方が懸命でしょう。

J STYLEⅡの値段は?

J STYLEⅡ 2WD 151万7400円〜

      4WD 164万3760円〜

 

J STYLEⅡターボ 2WD 161万1360円〜

         4WD 173万7720円〜

軽自動車としてはちょっとお高めですが、軽自動車以上の性能がJ STYLEⅡには詰まっています。

J STYLEⅡは免税にはなりますし、普通乗用車に比べれば自動車税や車検代、その他維持費も安くなる軽自動車の良い面もあります。

ハスラーの値引き額はどれ位?

さて、ハスラーの購入を検討しているという方の中にはどれ位の値引き額が出してもらえるのかというのは非常に気になる部分になるのではないかと思います。

基本的に軽自動車であれば10万円~15万円の値引きがあれば頑張った方かと思います。

しかし、もっと賢く購入することが可能であります。

現在の車の下取りの金額と、新車を購入する際には競合の見積もりを持って行く事で各社ディーラーの出せる最大の値引き額を引きだす事が可能になります。

今ではネットでそういった情報や資料を引きだす事が簡単に出来るので是非お試し頂きたい部分になります。

 

①まずは高価買取!
買取価格が高くなればその分を新しい車の資金にする事が出来ます。
今やネットで現在の買取価格を知るというのは常識!使わない事程損なことはありません。
その中でもとにかく簡単なのが一括.comです。



現在の状況を入力するだけで、沢山の買取センターからの情報を得る事が出来ます。
要するにその中から一番高い所を選ぶだけということで完結します。

②新車の見積もり
競合車の見積もりは一つお持ち下さい。
新車の値引きに関してはどうしても必要になります。
この場合もまるで時間はいりません。1分あればネットで新車のお見積りを出す事が出来ます。

今どんな車がいくらで購入出来るかという興味がある方も是非調べてみましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 - スズキ ハスラー, 車関連