Blog stage

車関連の記事を中心とする趣味趣向の情報ブログです。

ゴルフ100切りで必須!為のグリーン周りアプローチの考え方

   

スポンサーリンク

今回もゴルフ100切りの為の考え方をテーマに記事を書いていこうと思います。

実は先日仲の良い仲間で1ラウンドしてきました。

今年のスコアは既に8連続100切りを達成しています。

今回はそんな僕と、100切りがなかなか達成出来ない2名の3バックでラウンドしてきました。その時に気が付いた事で、グリーン周りのお話を幾つか書いていこうと思います。

グリーン周りであっちこっち

PAR5のロングコースでは500ヤード前後の距離を3打、4打でもってきます。

これだけの距離を3~4打で持ってくるのに、グリーンに近づいて残り数十ヤードまでのカップインまでにさらに3~4打叩いてしまう。

友人のグリーン周りの行動を見ているとどうしてそうなるのかが一目瞭然でよく分かります。

角度の多いクラブを使うリスク

特に54度や58度の使用については、しっかり練習が必用です。

というのも、浮かせて乗せる感じでボールを打つのでどうしても振り幅が大きくなるんですよね。

この振り幅でトップした場合、大体がグリーンに乗らず、場合によってはOB等という悔やんでも悔やみきれない状況になります。

当然メンタルがた落ちで、入れられるハズのショートパットまで外してダブルパー等というスコアの大たたきをしてしまっているのを目撃しました。

例えばですが、この58度のウェッジを極端な所で7Ⅰで打ったらどうなったでしょうか。

58度のスイングは8割程度のテイクバックからフォローまでしっかりしないと届かない距離でした。

7Ⅰでその振り幅で振った場合は、誰がどう考えても隣のコースまで飛んでいきます。

つまり、余程考えて打っていない方でなければ、ハーフスイング以下の振り幅で届く訳です。

仮に、失敗したとしても、飛び過ぎてOBとなる確率はかなり低いのではないかと思います。

転がしてグリーンに乗せていくという所で安全策の手段の一つになるのではないかと思います。

 

ウェッジ何本使うの?

距離に分けてクラブを選択するというのは非常に大事です。

しかし、フルスイングだけがゴルフではないのではないかと思います。

残りの距離によってクラブを変えるのは良いのですが、全てフルスイングのヤード数しか覚えていないのでは話になりません。

また100ヤード以内で打つクラブを3本も用意していると、なかな性格なラインだしは難しいのではないかと思います。

ともいう僕の場合、100ヤード以内は基本的にPWのみ。

目の前にバンカーやハザードがあり、どうしても浮かせて乗せる必要のある場合のみ58度のウエッジを利用しています。

個々の考え方があるかもしれませんが、まずは一つのクラブを極めてみるのも楽にショートゲームをするコツなのではないかと思います。

一つのアイアンだけを練習していると、ある程度の振り幅で、どれ位の距離が出るというのをしっかり把握できます。

浮かせるだけがゴルフではなく、転がすのもゴルフを楽にする一つの要因かと思います。

ちなみの、僕の場合は転がしを始めてからグリーン周りは本当に楽になりました。

圧倒的に練習が足りない

グリーン周辺のカラーまでもうあとわずかという距離まで来ているのに、ラフの深い所に入って、どうしてもアプローチでなんとかしなければならない状況。

ここで出るのがザックリです。

これは、個人的にはただの練習不足なのではないかと思います。

練習場に行ったら少なくとも半分程度はアプローチの練習をするべきかと・・・。

僕がまだ120位のスコアでラウンドしていた時は、ドライバーの練習がメインでした。

(それでもスライスが治らず嫌になっていた時期です)

この頃のグリーン周りは酷かったです。

ただ、色々な方とご一緒させて頂く中で「スコアの良い人=グリーン周りが上手」ということに気が付いてからは徐々に練習量を増やしていきました。

ザックリという、殆どボールが前に出ないようなショットは今は打たなくなりました。

如何にピンに詰め寄るか?というのが、今の課題となっています。

この細かいショットは、どうしても数を打って、感覚を掴む必要があると思います。

綺麗にヒットさせることが出来れば、ザックリというのはなくなり、またトップしてしまったりすることも徐々に減ります。

とにかく、グリーン周りに関しては50ヤード以内の練習の数をこなす事が必用となるのではないかと感じます。

その日のラウンドで得た物

その日仲の良い友人とのラウンドは、やはり二人のスコアは100切り出来ずでした。

僕は反対に連続100切りスコアを更新。

友人を見ていて思った部分は、今回のテーマであるグリーン周りの精度の低さ、距離を求めるゴルフ、自分を知らないが故番手を間違えてのOB。

全てゴルフをするにあたって実力がスコアとなります。

アイアンで僕よりも20ヤードとんだとしても、スコアが20打差なんてなってしまえば、せっかく持っている飛距離という武器を使いこなせていない訳です。

ということで、まだ100切り達成出来ていないという方の参考になればと思います。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 - ゴルフ戦略