Blog stage

車関連の記事を中心とする趣味趣向の情報ブログです。

ゴルフの練習を切る!目標を持って練習する事が上達への近道

      2015/12/10

スポンサーリンク

皆さんはゴルフの練習にどれ位行かれるでしょうか?

僕は今年はゴルフ年度と言っても良い程練習をしてきました。

そのきっかけは一度の100切りです。

今年の始めの方で偶然100を切るスコアを出しました。

この日は非常にボールによく当たるスイングが出来ており、集中力も非常に高かったのではないかと思います。

ただ、その次のゴルフコースで113という大叩きをしてしまいました。その数値というのは2年程前叩いていたスコアでした。

この日は非常に悔しい思いをし、本当に納得のできないスコアでした。ただ、この当時の僕は、このスコアをいつ出してもおかしくない状態だったのだと。

今考えてみれば仕方の無いスコアであり、出すべくして出たスコアだったのだと反省思います。

そこから練習に熱が入りました。

毎日のようにゴルフ練習場へ

勿論当時の目標は100切りです。

出来れば常に100というスコアを出さないようなゴルフをしたいと思い、練習に取り組みました。

何故ゴルフで大叩きしてしまうのかを考えると、必然的にやることは一つでした。

「ボールを真っ直ぐ飛ばす」これだけを目標に練習していました。

そして練習を繰り返す中で、ある日ふと気が付いた事がありました。

「どうしたらボールは真っ直ぐ飛んでいくんだろう?」

休みの日は何も無ければ毎日練習場へ通い、ただただ出てくるボールを打つこと1カ月。ボールを打つことには慣れたかもしれないけれど、相変わらずミスの量はそこまで変化しない訳です。

それだけやっていて、気が付くのが遅かったといえばそうなのですが、気が付いて本当に良かったと思います。

ゴルフ練習場以外で上達する必要性「良書が必須」

「どうしたらボールが真っ直ぐと飛ぶのか?」という疑問を持った時に、一番最初に行った事は「良書を探す事」でした。

ゴルフの書籍というのは、雑誌も含めて非常に多く出版されています。

どの本を読んんで、どんな理論を基に練習をするのかでまったく成長のスピードは変わるハズです。

そこで、しっかりと自分に合う物を探す事が最短の道のりと考え、ゴルフ関連の書籍をネットで探しました。

まずはこの本。

 

この本は本当に僕のゴルフに関する感覚を飛躍させてくれた一冊です。

関連書籍:月一ゴルファーが、1年でシングルを目指す方法

書籍ではかなりの評価があり、読んだ方の多くが実践をして結果をだしている。

そこに惹かれて読んでみると、なるほどと思わされる部分が多々ある。

僕はこの本を電子書籍で、いつでもスマートフォンで読めるようにしている。

スマートフォンで読めるので、ゴルフ場に着いてからでも、練習場に居る時も環境を選ばない。

初心者が陥りがちな、ゴルフというゲームを勘違いしない為の情報が非常に多く盛り込まれており、スコアを本当に縮めたいという方にはうってつけの本である。

この本に関しては、100というスコアを切るだけではなく、次の90という壁すら超えられるのではなかという感覚にさせてくれる本であり、実際僕はシングルプレイヤーを目指している。

この本が無ければ、恐らく万年アベレージ止まりで、常にエンジョイゴルフ。

シングルプレイヤーを目指すという、人生の中の目標を貰えなかったかもしれない。

それ位影響力のある本なので、是非読んでみてもらいたいと思います。

練習場で絶対にやった方が良いこと

上でご紹介させて頂いた本に加えて、色々な本を読んだり、DVDをみたりしてきた。

また、武者修行ということで1人で予約して、知らない方とラウンドすることもしてきました。

そんな中で気が付いた事が一つ。

それは「アプローチの上手な人はスコアが良い」。

一見当たり前のように思う方も居るかもしれませんが、これは非常に重要です。

そう。

ハーフスイングで上手くボールを操れないのに、フルスイングが上手くいくわけがないわけです。

これが分かってからは、練習上で50ヤードのアプローチをかなり練習しました。

そうすると、芯でボールを捉えるという感覚が非常に養われました。まずはハーフスイング以内のアプローチショットを完成させてからでも、フルスイングのショットの練習は遅くは無いのではないかと思います。

これこそが、急がばまわれなのではないかと思います。

なので、100切りが出来ない方はアプローチショットの練習を中心にすることで芯を捉える感覚を非常に養うことが出来るはずです。

是非取り入れてみて下さい。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 - ゴルフ100切り最短の道