Blog stage

車関連の記事を中心とする趣味趣向の情報ブログです。

【比較】トヨタヴェルファイア・アルファードは一般的なミニバンとどっちがいい?

      2016/08/30

スポンサーリンク

アルファード、ヴェルファイアは国内ミニバンの最高峰!価格、燃費、使い勝手を比較?

トヨタから発売されているアルファード、ヴェルファイアはファミリー層にとにかく人気があります。

割とよくみかける車ではありますが、その車両本体価格は国内のミニバンの中では高額と言える金額です。

また、あの大きな車体を動かさなければならない為エンジンもそれなりに大きな排気量ものでなければ、大きいだけの鈍足車となってしまいます。

そうならないために排気量も2.5Lからとなっているので、燃費も良いとは言えません。

このように、割と維持をするのも購入するのも大変なアルファード、ヴェルファイアですが実際のところ「価格や燃費」はどうなのでしょうか?

その金額に見合う使い勝手の良さなのかというのを見ていきたいと思います。

他のミニバンと比較してみると・・・?

このサイズのミニバンは他社も含めてそう多くはありません。

今回比較したいのは、ワンサイズ小さなミニバンの中でも同じトヨタから発売されているヴォクシーと比較してみたいと思います。

アルファード、ベルファイアとヴォクシーを比較

まずは価格面から見ていきたいと思います。

*アルファードはグレードが非常に多い為今回はヴェルファイアと比較。

まずはヴォクシーの価格一覧。

ヴォクシー(グレード) 価格
X C Package 2,284,691円~
X 2,480,073円~
V 2,725,527円~
ZS 2,739,273円~
HYBRID X 2,996,509円~
HYBRID V 3,106,473円~
HYBRID ZS 3,229,200円~

次にヴェルファイアの価格一覧

ヴェルファイア(グレード) 価格
X 2.5L 3,197,782円~
VL(3.5L) V(2.5L) 4,842,327円~
ZA(3.5L)Z‘A EDITION‘(2.5L) Z(2.5L) 3,754,473円~
ZA ‘G EDITION‘(3.5L) Z`G EDEITON`(2.5L) 4,173,709円~
HYBRID X 4,155,055円~
HYBRID V`L EDITION`/HYBRID V 5,356,800円~
HYBRID ZR‘G EDITION‘ 5,501,127円~
HYBTID Executive Lounge 7,036,691円~

ヴェルファイアのグレードはかなり色々と用意されておりますが、アルファードはさらに細かい内容となっております。

さて、ヴォクシーとヴェルファイアの価格を比較してみると一番安いベースグレードの価格差は90万円程。最上位グレードを比較すると380万円もの開きがあります。

もっと言うとヴォクシーの最上位グレードHYBRID ZSとヴェルファイアのグレードXを比較してみてもヴェルファイアの方が高額であることが分かります。

トヨタのヴェルファイアはこの価格差を埋める程良い車なのかどうかについてはこの後に記載をしたいと思います。

燃費はどうなのか?

車体の大きさを見てヴォクシーとアルファード・ベルファイアを比較すればどちらが燃費が良いかはお分かりになるかもしれませんが、敢えてどれ位の燃費の差があるのかを見ていこうと思います。

ヴォクシーガソリン車の燃費は16.0km/リッター、一方ヴェルファイアのガソリン車の燃費は11.6km/リッター

ヴェルファイアはグレードによってはカタログ値9.5km/リッターというのもあります。

ガソリン車の燃費を比較するとカタログ値で4.4km/リッターの差があります。

そしてハイブリッド車。

ヴォクシーのハイブリッドは23.8km/リッター、ヴェルファイアは18.4km/リッターという数値。

ハイブリッド車を比較してみるとカタログ値で5.4km/リッターの差があります。

アルファード・ヴェルファイアに乗るメリット

さて、ここまで一般的に人気のあるヴォクシーとアルファード、ヴェルファイアを比較してみました。

価格、燃費と一般庶民の気になる部分に関してはヴォクシーの方が優勢だったのではないかと思います。

では、敢えてアルファードやヴェルファイアを購入する場合その価格や燃費に見合った内容になっているのかどうかを見ていこうと思います。

アル・ヴェルその最大の魅力は広さ!

やはりアルファード・ヴェルファイアの魅力といえばその車内の広さが一番となります。

遠出をする場合、子供達が出来るだけ窮屈にならないように、アウトドアで何処かに行く場合も荷物を沢山積みたい。

このような場合を考えると、ヴォクシーも狭い訳ではありませんがアルファード、ヴェルファイアは非常に広いという所が一番の長所であると考えられます。

HYBRID Executive Lounge内装色のフラクセンは設定色(ご注文時に指定が必要です。指定がない場合はブラックになります)。

3列目設定のある車種も最近では割とたくさんありますが、3列目の乗り心地は非常に悪く、遠出などは論外となります。

それと比較するとヴェルファイアやアルファードのサイズになると割としっかりしておりますので、遠出もなんとかなるレベルになります。

また、これだけ広い社内のスペースは車に乗り込んだ後の座り心地や気配りもしっかりされた作りとなっておりますので、家族以外の方を乗せる場合も心配無しです。

アルファード・ヴェルファイアの魅力は高級感

価格が高額なだけあって、ヴォクシーと比較すれば高級感も勿論上です。

割と芸能人の送迎や、政治家の方なんかが乗り込むような姿もテレビで目にすることもあります。

運転席8ウェイ+助手席4ウェイパワーシート

そういったVIPな方々を乗せるのも恥ずかしくないレベルの車種であるということは所有満足度もワンランク上といった感じでしょうか。

まさに寛ぎの空間を車の中に用意されており、ゆったりとドライブを楽しめる車となっています。

ヴェルファイア・アルファードの走行性能は?

設定が2.5Lと3.5Lが用意されています。

正直な所2.5Lの方は街乗りは問題無しといった所だですが、高速道路の走行に関しては重さを感じざる負えません。

一方3.5Lに関しては高速道路の走行も難なく、快適なドライブを楽しむ事すら出来そうです。

車は大きく、走行性能は良いものをという場合は3.5Lを選択すれば後悔することはないでしょう。

ヴェルファイアとアルファード比較まとめ

さて、最終的にこのサイズの車を選択するにあたっての優位点に関しては充分お分かり頂けたのではないでしょうか?

価格差、燃費差を見てそれでも広さと高級感をという場合は迷うことなくアルファード、ヴェルファイアを選択することをおすすめします。

そうでない場合は双方の車をよく見て、乗って、走ってみることである程度決める事ができるのではないでしょうか。

ヴェルファイア、アルファードの値引き

ヴェルファイアもアルファードも国産車の中では割と高額な車となります。

トヨタのホームページに記載されている車両本体価格そのままで購入するという方は基本的にいらっしゃらないとは思いますが、どうせ購入するのであれば出来る限り安く購入できた方が良いのではないでしょうか?

特にヴェルファイアもアルファードも新車で購入する場合は、値引き価格というのはその月のメーカー施策(トヨタから出されるインセンティブ的な物)や売れ行き等の状況で割引を多く出来たり、少なかったりします。

言ってしまうとヴェルファイアもアルファードも新車購入時の値引きというのは限界があります。

仮にその限界値引きが引き出せたとした場合は一般的にはその価格が最安値と思われがちですが、更に安く購入する方法もあります。

アルファードやヴェルファイアを購入する際に必ず話に出てくるのが、「下取り」です。

この下取り価格を営業マンの言われるがまま値引きに適用してしまうというのは本当にもったいない事です。

僕がハリアーを購入した際にも「下取り価格」と「買取価格」のどちらが高くなるかを確認しました。

結果的には買取価格の方が20万円高額だったので、買取を選択しました。

買取価格は下取りよりも高くなるケースが殆どで、試してみる価値は大いにあります。

何よりもお金が掛かる訳ではないので、僕のように興味本位で試してみるのも一つかと思います。

今の愛車の価格を知りたいという方も試してみてください。

1分で完了、簡単に出来るネット査定は非常に便利なツールです。

査定したから買取しなければならないという訳でもないので気軽にためしてみるといいのではないかと思います。

人気記事:【新車値引き交渉】新型ヴェルファイアを一番安く買う全ての方法

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 - トヨタ アルファード・ヴェルファイア, 車関連 ,