Blog stage

車関連の記事を中心とする趣味趣向の情報ブログです。

【新車値引き交渉】新型ヴェルファイアを一番安く買う全ての方法

   

スポンサーリンク

トヨタヴェルファイアの新車値引きを成功させる方法を全て公開

トヨタのミニバンの中でも最上位クラスのヴェルファイア。

主にファミリー層の購入が多く、同クラスのミニバンと比較してもその人気は非常に高いと言えます。

そんなヴェルファイアを新車値引きし、いかに安く購入するかについて記載していきます。

ヴェルファイアを安く購入するには大きく分けて2つの方法を実行する事で完結します。

1つは新車値引きをする事、そしてもう1つは今乗っている車を高く売る事。

この2つの事をすることでヴェルファイアを購入したいタイミングで一番安く購入することが出来ます。

この2つの方法について詳しく見ていきます。

①ヴェルファイアの新車値引きの交渉ポイント

「ヴェルファイア」の画像検索結果

先ずはディーラーでヴェルファイアを新車値引きしてもらう為に必要な交渉のポイントを抑えておきましょう。

①ディーラーの営業マンの方と上手に交渉する為に必要な事。

②競合車を1車種考えておく。

③新車値引きの目標金額を考えておく。

④判子をつく前に更にわがままを聞いてもらう。

①ディーラーの営業マンと上手に交渉する為に必要な事

新車を購入するにあたってはどうしても商談をする必要がでてきます。

その際に色々な事を教えてくれたりするのが営業マンの方になります。

最終的にはこの営業マンからヴェルファイアの値引きをしてもらえるように交渉していく訳ですが、この営業マンの方と上手に話しを進めていく必要があります。

昔は「お客様は神様」なんていう事を言っている方もいましたが、現在ではそんな古い考えはあまり通用しないと考えておいた方が無難かと思います。

出来る限り営業の方と仲良く、楽しく商談をしていく事が何よりも大事になります。

何故なら「このお客さんには出来る限りの値引きをしてあげたい」と思わせる必要があるからです。

考えてみるとわかると思いますが、自分が営業マンだった場合「態度が大きい」「表情が暗い」「上から目線」のようなお客さんに快く値引きしてあげたいと思いますか?

ということで、営業マンとの値引き交渉は出来る限り良好な関係を作ることに徹する事が一つの鍵となります。

しっかりと値引きをしてあげたいお客さんになれるようにしてみてください。

②競合車種を1車種考えておく

これも新車値引きの手段としては定番の方法となっております。

ヴェルファイアの新車を値引きしてもらうにあたって「どうしてもヴェルファイアでなければならない場合」はそこまでの値引きは必要なくなってしまいます。

ヴェルファイアの競合車種は限られておりますが、同クラスの車種であれば同じトヨタのアルファード、日産エルグランドが思い当たります。

特別色々な車種を検討する必要はありませんのでこの2車種辺りを競合車種として検討してみてください。

競合車種があることで、ヴェルファイア以外の車種を購入する可能性があるという事が営業の方にも伝わり「限界ギリギリの値引きが必要かもしれない」と思わせる事で、新車値引きのハードルを下げる効果もあります。

③ヴェルファイアの新車値引き目標金額

時期によって、またタイミングによって値引きしてもらえる金額は変化します。

ヴェルファイアの場合はまだ発売からそこまで時間が経過しておらずモデル末期のタイミングのような値引きはあまり期待できない可能性がありますが、元々の金額がそれなりの価格になりますのでどれ位の値引きをしてもらえたら良いのかという所は事前に知りたい情報となります。

ということで、2016年度のヴェルファイアの値引き金額の相場を調べてみました。

ヴェルファイアの新車値引き額はグレードによってだいぶ変わってきますが、おおよそ30万円~70万円という相場となっております。

車両本体価格も319万円から700万円とかなり広く設定されておりますが、購入者の大多数は400万円台のグレードを選択している模様です。

因みに、確認した限りでは700万円台のHYBRID Executive Lounge/Executive Lounge[3.5L]を購入している方は殆どおりませんでした。

そんな中でも70万円という値引きを引き出している方もおりますので、状況によっては非常にお得に購入することが出来そうです。

④判子をつく前にもう一声!

色々と商談をしてゆき、ある程度内容が決まってから契約となりますが、その最後の段階で判子をつく場面があるかと思います。

その場には見積書も恐らく用意されておりますが、このタイミングで「端数を切ってもらう」「あと数万円の値引きをしてもらえたら判子をつく」「最後にコーティングのサービスだけお願い出来れば契約する」というような最後の一声をかけてみてください。

このタイミングでの軽い内容であればある程度の事は了承してもらえる可能性が非常に高いです。

ただ、あまりにも無茶な内容を突き付けてしまうと話が白紙になってしまったりする場合もありますので無理のない内容でお願いしてみましょう。

ヴェルファイアの新車値引きの交渉ポイントまとめ

ヴェルファイアの値引き交渉に関して簡単に4つのポイントをまとめてみました。

上記の内容に加えて、購入のタイミングがしっかりと見計らえるようでしたら「決算月」「中間決算」「ボーネス月」「月半ば以降」の契約を意識してみてください。

②ヴェルファイアを安く購入するために必要な愛車の売却方法

「ヴェルファイア」の画像検索結果

①で値引きのポイントをまとめてきましたが、次は現在乗っている車がある場合は必ず高価格で愛車を買い取って貰う事がヴェルファイアを新車で安く購入する為のポイントとなります。

多くの方は、新車購入時に現在乗っている車を下取りとしてディーラーへ出してしまいます。

場合によってはそれでも良いのですが、大抵の場合この方法は非常に損をしているケースが多いんです。

簡単に言ってしまうとディーラーでの下取りはディーラーに中間マージンを渡している状況になります。

ディーラーから中古買取業者だったり、ディーラーからネットオークションだったりと結局ディーラーで中古販売をするというケースは殆どありません。

一方、中古買取業者の場合は中間マージンが無く、その分高く買取をする事が可能です。

買い取った車をそのまま中古市場に在庫として使いますので、買取業者としてはどうしても車を買い取らなければならないということになります。

この辺りに大きな差が生まれてきます。

つまり、基本的にはディーラーの下取りよりも、中古買取業者の買取価格の方が「中間マージン」が発生しない分高く買い取れるということになります。

この結果は買取業者の調査を確認したところ、平均して16万円も買取業者の方が高額で買い取ってるという事が分かっております。

現代ではインターネットが普及している為、買取業者で今乗っている車がどれ位高く買い取ってくれるのかという事を簡単に調べる事が出来ます。

これから新車でヴェルファイアを購入される予定の方がいらっしゃれば、車両本体価格がそれなりに高額なヴェルファイアであっても確実に大きな足しになりますので是非今乗っている車の市場価格を調べてみてください。

今乗っている車の金額を調べたい方はこちら

主に2点についてヴェルファイアを安く購入する為の方法について記載してきました。

車は車両本体価格が割と高額なので、少しでも安く購入する為に最善を尽くして頂きたいと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 - トヨタ アルファード・ヴェルファイア, ファミリーカー, 車関連