Blog stage

車関連の記事を中心とする趣味趣向の情報ブログです。

【新車値引き】トヨタC-HRの新車値引きはいくらまで引き出せるのか?

      2016/12/20

スポンサーリンク

トヨタC-HRの発売日がだいぶ近くなってきました。

巷では既に仮予約を済ませたなんていう方も多く見受けられ、納車を待ちきれないでウズウズしている方も居るようです。

今回はそんなC-HRを新車で購入する際にいくら値引きしてくれるのか?という所を先取りで調べてみました。

個人的にお付き合いのあるトヨペットのディーラーの営業マンのかたからお話も聞けたのでそこら辺を中心に書いていきたいと思います。

C-HRの新車値引きはいくら引き出す事が出来るのか?

最近新車が出る度に値引きについて調べてみておりますが、発売直後の新車値引きは非常に渋く、どこに話を聞いても5万円~10万円がスタートラインとなっております。

場合によっては新車の値引きをしていない「0円」という状況もあるようなので、C-HRに関しても例外ではなさそうです。

特にこの車種の場合は、今年発売された車種の中でもコンパクトSUVという人気のカテゴリに燃費良し、デザインは好きな人は好きといったトヨタとしては力の入りまくった車種なので値引きは非常に難しくなりそうです。

とはいうものの、新車の購入で値引きなしというのは非常にきつい状況になります。

少しでも安く購入できる方法を発売前の現段階から調査しておきたいという事で調べてみました。

トヨタC-HR発売前から値引き商談を始めてみた!

先ずは、既にトヨタ車に乗られている方で「あんしんパック」に入っている方は3万円前後の優遇を受けられると聞いております。

これはディーラーによって違うのかもしれませんが、いわゆるメンテナンスパックで、オイル交換や点検の費用をある意味先払いしているような内容のものになります。

こちらは、確か3年間は色々やってくれるという内容だったと思います。

僕が1年程前に購入したハリアーにはこのあんしんパックが入っているので、もし乗り換えをするようであればこの3万円程の割引を追加で受けられますという説明を頂きました。

次に、ディーラーオプション等を付けた場合については何割かカットしてくれるということですが、このオプション品に関しては必要か否かという部分と金額や内容もまだ明確に分からないということなので、付けた場合はプラスアルファといった感じになりそうです。

更に、車庫証明の費用など雑費については、これまでのお付き合いもありますのである程度カットしてくださるとの事でした。

この費用もおおよそ3万円程度なのではないかと言われております。

なので現時点での値引き額は

・あんしんパック3万円

・オプション品購入の場合の+α

・雑費の3万円

となります。

で、肝心な車両本体値引きはどれ位なのかを確認したところいい所5万円程だそうです。

ファーストインプレッションなので5万円で完結させるつもりはありませんが、個人的な感覚でも2016年内のC-HRの値引きはいい所10万円。

どんなに最高の条件を整えて貰ったとしても15万円引き出せたら最高額なのではないかという印象を受けました。

このトータルが21万円+αとなります。

車両本体価格も明確に分からない状況の中この値引き金額が多いのか少ないのかというのは分かりませんが、まったくの0円ではないことに少し安心しました。

また僕の場合は購入してから1年ちょっとのハリアーがありますので、こちらの下取り価格と買取価格を確認してみました。

・ディーラーの下取り価格→200万円

・買取査定に出した相場金額→300万円

いや~100万円も差がついてしまうと、一般庶民の僕にとっては買取一択となってしまいます。

というか一般庶民でなくても100万円は大きな金額なのではないでしょうか。

一応買取価格はネット査定の相場金額を確認した際に出てきた金額ではありますが、ハリアーを購入した際にネット査定に出した時もこの相場価格に少し色を付けて買取して頂いた経緯があるので、個人的には信憑性は抜群です。

前回ハリアーを購入した際のように、この金額をディーラーにぶつけてみてもよいのですが、恐らく100万円の差は埋まらないであろうと予想しております。

いずれにしても、買取査定を早めにやっておいたことは少しよかったと感じております。

この金額を少し先の発売日まで引き延ばしてもらえるかの確認をしつつ、予約日前後に本商談をしてみたいと思います。

因みに、別途カローラ店やネッツ店にも伺いましたが下取り価格は同様の金額が提示されました。

どうせ買うならトータルの金額が安くなった方が良いのではないでしょうか?

車を購入する際に安く購入出来ている方の共通点は事前準備がしっかりと出来ているというという所にあります。

これだけの価格差が出るのであれば一度ネット査定を試してみるのも一つの手法ではないでしょうか。

やはり販売をメインとしているディーラーよりも、買取を専門としている業者では差が出てきます。

C-HRを含めた新しい車をご検討の方は先に今乗っている愛車がいくらで買い取って貰えるのかを確認してみてください。

商談まではまだ時間があると思いますが、殆どのケースで買取価格の方が高くなります。

相場が直ぐに表示されるサイトなので、自分の予想と照らし合わせてみて頂き、C-HRがどれ位の価格で購入出来そうか前もって予算を考える材料になるのではないかと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 - SUV, トヨタ C-HR, 車関連