Blog stage

車関連の記事を中心とする趣味趣向の情報ブログです。

【実話】ハリアー新車値引きでELEGANCEの予定がPREMIUMになった!

   

スポンサーリンク

こちらの記事では僕が実際にハリアーを購入した際の新車値引きについてノンフィクションでお伝え出来ればと思います。

僕もこれまで新車を何台か購入し、それなりに新車値引きの交渉をてきました。

今回は国産車の中でも人気の高いハリアーということもあり、金額もそれなりの価格の車となります。

正直商談には力が入りました。

最初の予算は「300万円~350万円+下取り価格」と考えており、ハイブリッドの選択は非常に難しいと考えておりました。

そして前知識として、インターネット上でハリアーの値引き価格の最高額を30万円~35万円と見ておりましたが、この値引き額は割とオプション等を付けたり、グレードも上位グレードのものを選択していた事も調査済みです。

そんなこんなで、僕の当時の予算ではガソリン車のELEGANCE以外に選択肢は無いのではないかと思っていましたが・・・。

まずは営業マンの方とのお話次第ということで、今回は新型ハリアーの新車値引き交渉を全て公開しておきたいと思います。

2013年モデルのハリアーは2017年春にビッグマイナーチェンジをします。

これによりマイナーチェンジ後のハリアー値引きは当面厳しくなりそうです。

まだ情報が多い訳ではありませんが、仮予約をした方の情報だと10万円〜15万円程度ということです。

→2017年6月8日にハリアーがマイナーチェンジ販売開始されました。

トヨペット営業マンのお話を聞かせてもらいましたが、やはり値引きは当面きつくなるそうです。

*2017年8月のマイナーチェンジ後のハリアーの値引き相場はおおよそ20万円前後になっています。

僕のハリアーはマイナーチェンジ前のものになりますが、やり方や考え方は基本的に同じになるはずですのでご参考にして頂ければと思います。

トヨタハリアーの値引き交渉!確実に損をしない方法を実体験を踏まえて公開

これからハリアーを新車で購入する方には覚えておいて頂きたい部分が「トヨタの営業の方って本当に営業が上手」であるということです。

僕も他分野ながら営業の経験があり、沢山の方と接してきました。

逆に色々なシーンで接客をされた時に良い部分、悪い部分をみたりする癖があります。

トヨタの営業マンはズバリ「特別だと思わせる会話術」を持っているのではないかと思います。

(僕の担当をしてくださった営業の方がたまたまそうだったのかもしれませんが・・・。)

「~さんだけに」というようなニュアンスの言葉を使い、上手に商談を進めてきます。

正直言われるがまま話が進んでいった場合、利益を出す為のお客さんにされてしまうことが想像できます。

ただ、僕も何度か新車の値引き交渉はしておりますので、その流れに乗ってしまってはならないというのは分かっておりました。

ハリアーは僕が購入を決めたタイミングでも、まだ3ヶ月待ちの人気車種。

未だに納期はグレードによって割と長く待たされるケースがあると聞いております。

(こちらのブログを書いている時には新型ハリアーの納期は大体3ヵ月位だとディーラーの方に聞きました。)

人気車種である新型ハリアーをあえて値引きしてもらい、出来る限り安く購入する方法というのは非常に難しい訳です。

何故ならハリアーは値引きをしなくても売れる車だからです。

特に「ハリアーの指名買い」の場合、営業マンはこの車がどうしても欲しいならそこまで大きな値引きは必要ないと考える場合が多いでしょう。

ディーラーとしては少しでも高い価格で販売出来ればその分利益が多くなる訳ですから。

ただ、「ハリアーの指名買い」だったとしても新車値引きをする方法は今も昔も大きくは変わりません。

ということで、僕がハリアーの新車値引きとして使った方法は2つです。

果たして値引きに成功したのか??

新型ハリアー新車値引き術!価格交渉で使った2つの方法は?

ハリアー値引き交渉①車両本体価格からの値引き

とりあえずハリアーの新車値引きの希望金額は自分の中で設定しておきました。

当初ネット上で見た限り最大の値引き額は35万円となっており、こちらが自分の中で引き出したい値引き金額となります。

この金額を引きだす為にしたことは「ハリアーの見積もりを何処かからもってくる事」です。

結論を言ってしまえば新型ハリアーをディーラー以外からネット見積もりを出して値引きの商談のネタとした訳です。

(交渉初日)

初日は営業マンの方からご挨拶を頂き、試乗、下取り、簡単な商談をしました。

商談の結果としては、一番最初の商談のとしてはそこそこの手応えで、車両本体価格から15万円の値引きでした。

それでも一番最初の商談で15万出せたのは割とよかったのかなと思います。

ハリアーの値引きの目標まであと20万円。

普通に交渉していたのではなかなか難しい金額になります。

ということで帰宅後に上で記載の通りネットで見積もりを出しました。

これはかなり多くの方がやっている方法になります。

インターネットの普及で、ネット経由で商談をしてそのまま車を購入する方も居る程です。

ただ、どうしても身近なディーラーで購入したいという方は多いのではないでしょうか?

(ネットでの新車購入は安くなるケースが割と多いです。)

新車の購入ということもあり、アフターサービスも非常に気になり、ネットでの購入には少し踏み出せない方も居るのではないかと思います。

こういった場合は上手にネットで出した見積もりを使うのがベターです。

因みに僕の場合は毎月6万件以上の見積もり依頼、1分で見積もりが出るという所でハリアーの見積もりを入手しました。

ハリアーはディーラーの場合トヨペットでしか販売されておらず、一番近いディーラー以外からの購入の予定はしていなかったのでネット見積もりにしました。

(メンテナンスや点検の時に面倒なので・・・。)

*地域によっては販売店違いのトヨペットがあったりするので、その場合はトヨペット同士での競合をするのも非常によく使われる方法となります。

(交渉2日目)

ネットで取得した新型ハリアーの見積もりをディーラーに持って行き、その金額とディーラーから出してもらった価格の差額について交渉をしました。

「少し見積もりをお借り出来ますか?」という営業の方に見積もりをお渡ししてから数分後。

奥の部屋から帰ってきた営業マンの方が、「上司に確認したところ行けそうです」と言って頂き35万円の値引きを約束してくれました。

話によると、商談のタイミングが非常に良かったようでした。

(この値引き額が出た事でELEGANCEからPREMIUMにグレードを変更しました。)

新型ハリアーを2度の交渉でネット上で確認した値引き額を引き出せたのは、個人的には最短だったのではないかと思います。

ハリアーの新車値引きに関しては、これまでトヨペットで購入していたお付き合いから、ネット上で言われている値引きの最高額がネット見積もり無しでも取れるという方も居るのではないかと思います。

ただ、初めて行くディーラーの場合は念には念をという事でネット見積もりも検討してみてください。

②下取り価格が20万以上アップした!車両本体値引きよりも買い取り価格アップが鍵!

さて、実はハリアーを安く購入する為には、ある意味ここからが本番となります。

ネット上で確認した車両本体の値引き金額については、ある程度営業の方と商談をすれば可能な範囲になります。

つまり、ここまでは皆さん同じ条件にする事が可能であると言えます。

(ハリアーの値引きは時期によって販売店に対するインセンティブの金額が異なりますが、現状では35万円程度であれば難なくクリア出来る金額であると思います。)

新車を安く購入する為の一番の鍵は「今乗っている愛車」の金額をどこまで引き出せるかが鍵となります。

ということで、確実にハリアーを最安値まで限界値引きをする方法をここからお伝えします。

今回ハリアー購入までの経緯ですが、僕の場合商談の流れで下取り価格を一緒に出してもらっておりました。

そう。その流れは何の違和感も無いんです。

僕:新型ハリアーの購入を検討しているので、試乗させてください!

D営業マン:ありがとうございます。では試乗して頂いている間に今お乗りのお車をみさせていただいて下取り価格を確認させて頂いてよろしいでしょうか?

僕:はい。お願いします。

試乗後・・・

D営業マン:傷や、走行距離、車検証を確認しました。

D営業マン:割と走行距離は走っていますが、これなら~円で下取り出来ますよ!

だいぶざっくりですがこんな流れになります。

ここで注目してもらいたいのが赤字の部分です。

決して否定的な事は言わないんです。

普通に考えても

「コレだけ走っていて(10万キロ前後)、こんなに傷があれば大した金額にはならない」

とは言えませんが、肯定的な回答をすることで「割と高く下取り出来る」ということを思わせる、いわゆる会話術なんですね。

こう言っておけば、他に査定を出される可能性は格段に低くなります。

で、僕のケースの場合は先に車を見られている状態な訳です。

ハリアーの値引きについて目標額まで割とあっさり辿りつけたのは下取り価格で買い取った車の利益を見込んでいたと思われます

因みに一番最初にディーラーへ行った時に出された下取り価格は10万円でした。

ハリアー買取

恐らく何も知らない方にとってはこの金額が高いか安いかというのは明確には分からないハズです。

ただ、営業の方は「頑張って10万円という金額で!」という言い回しであたかも高額の下取りですよ~というように思わせます。

ただ、僕にとって今回の交渉は、割と自分の考えていた通りにいきました。

①まず先に新型ハリアー本体の新車値引きを先に商談する。

②ハリアーの値引き目標金額の約束を取り付ける。

この2点をやる前に、というか新車購入を検討した段階でやっておいた事があります。

それは下取り価格を知る前に買い取り価格をネットで調べておくことです。

実は、トヨペットへ新型ハリアーの商談をする前から買い取り額は調べてありました。ここで大きな差が生まれており、この部分が最重要な「新車値引きには必須と言える部分」となります。

①「下取り価格を確認し、その金額がネット上の金額と比較してどれ位差があるのかを知っておく」。

②ディーラーの営業の方からは「10万円で下取りする」と言われた上で商談を開始しました。

③平行してハリアーを購入するという意思を伝えた上で、ネット上で最高値引き額を先に約束しておく。(当時の認識していた最高値引き額35万円)

②~③の時点では言い方は悪いかもしれませんが、下取り金額は完全に騙されたフリをしています。

「この車(当時僕の愛車)の下取りの価格って10万円なんですねぇ~と・・・。」

ただ、今回は僕も買取査定で金額を知っていたのでおあいこというところでしょうか。

(買取価格と比較して10万円という下取り金額はあまりにも少なかったです。)

そして後日、事前に用意しておいた買取査定の見積もりを持ってディーラーへ行くと営業マンの方は非常に慌てていました。

それはそうですよね。

・既にハリアーの値引き額は約束済み。

・下取り金額は10万円でいくと思っていたようだ。

・それがなんと30万円の買取査定の金額をもってこられた訳です。

「その買取査定の見積もりお借りしてもよろしいでしょうか?」ときかれたので、お渡しするとそそくさと事務所の裏の方へ・・・。

出してもらったのがこちらです。

ハリアー

*少し見にくいかもしれませんが300,000円の買取金額の記載がされております。

10分程度すると、30万円の下取り+ラゲージトレイ(15,120円)をサービスで付けてくれるとの事。

(こんなに簡単に金額が出た事にも衝撃を受けましたが作戦は成功です!)

ラゲージトレイは必要か否か話のネタになっていたので、かなりラッキーでした。

ここで、おさらいしますと・・・。

ポイント①:商談一回目での値引き額15万円+下取り価格10万円で当時の値引き額は25万円に抑えられてしまう予定でしたが。

ポイント②:ハリアーの価格からの値引き35万円+下取り価格30万円+ラゲージトレイ。65万円の値引きと、ラゲージトレイをゲットできたわけです。

その差額は40万円です。

値引きの金額は恐らくディーラーで決まっている範囲があると思いますが、買取査定の金額は市場状況により左右します。

ディーラーの下取り価格はある意味「確実に儲けの出る金額」しか出しません。下取りで赤字が出てしまっては、せっかく売れた新車の粗利を削ることになりかねませんので。

買い取り価格は買取専門業者なのでディーラーの下取り金額を下回るということはほぼ皆無です。

ディーラーから買取業者へまわるケースもあるようです。つまりディーラーが仲介した形になります。

買取専門の業者が車を買い取れなければ利益にならなりません。下取りと買い取りでは20万も30万も差が出ることはよくある話だそうです。

ということで、上でも記載の通り当初の予算では「ELEGANCE」が限界と思っておりましたが「PREMIUM」へ変更をお願いし、無事新型ハリアーの納車に至りました。

Processed with Moldiv

納車されたその日に地元で評判の良いKeeperのコーティングをしてもらいました。新車なので当たり前ですがかなりピカピカです。

買取価格と下取り価格の差額は重要なポイント

*マイナーチェンジ後のハリアーは価格が上がっています!ハリアーの値引きが少ない分は買取と下取りの差額が重要になります。

ディーラーで出される下取り価格と買取業者で出される買取価格は差額が非常に大きくなる場合が多いようです。

ここまで見て頂いてお分かり頂けたのではないかと思いますが、僕のケースで20万円の差額が出ております。

今乗っている車次第でこの価格差というのは変わる部分ではありますが、確実に節約の効果もあり、新車値引きの原資として大きい部分を占めます。

そして僕と同様に先に査定を出しておくことで、ディーラーの下取りを上回れば確実に下取り価格を引き上げる事が出来ます。

恐らく、まだ僕のようなケースを使う方はあまりいらっしゃらないかもしれませんが非常に有効な手段です。

新車を購入する際に数万円程であれば車両本体価格に対してそこまで神経質にならなくてよいかもしれませんが、10万円や20万円ましてや30万円も違うとなるとどうでしょうか?

買取金額を確認してみる価値は充分にあると判断して頂けるのではないかと思います。

僕の使った買い取り査定業者は査定比較.comですがその理由はを以下にまとめてみました。

・時間がかからない。

・簡単である。

・利用者の方の買い取り価格と下取り価格の平均金額の差は16万円となっており、大半の方が得をする。そして利用者も多い。

・もちろん料金はかからない。

・もしかすると予想以上の買取価格が出るかもしれない。

・一番は無料だしやってみないことには始まらない。

こんな理由でネット査定してみました。

買取査定は評価の高い所を使うのがベターかと思いますので、僕と同様に査定比較を利用するのがお勧めです。

業界の中でも数少ない、簡単な情報入力のみで概算がすぐに出てきます。

マイナーチェンジ後はしばらく値引きも厳しくなりますので、一層下取りと買取の価格差での商談は重要になります。

事前に相場価格を確認して下取りとの差額を確認することで少しでもハリアーを安く購入出来るように準備しましょう。

簡単にネット査定が出来る公式サイトはこちらになります。即相場が分かるのは非常に良いです。

これだけの理由があればやらない理由を考える方が難しかったので、とりあえずやってみましたが正解でした。

また、買取をしてもらう場合は状況に応じて新車の納車までの期間台車を出してもらえたりするケースもあるそうです。

僕の場合は査定の入力時間1分かからない時間で、値引金額を含めて40万円も金額の差が出ましたのでご訪問頂いた皆さんも是非試してみて下さい。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 - SUV, トヨタハリアー, 新車値引き, 車関連